続・2クールモノが増えたって本当か?

「続」と書いてはいますが、内容は前回記事の焼き直しです。
でも、導き出された結論は少し違うかも。
データは、2006年、2007年の比較。

疑問 :
作品数は減っているのか?
それとも、1作あたりの放送期間が延びただけなのか?

結論 :
作品数は、減った。
しかし、2クール作品は増えた。

詳しくは、本文をお読み下さい。

注意
本記事の内容は、独自調査のため正確ではありません。
かなり高い確率で、実際の数値とは異なります。
あくまで参考程度にとどめて下さい。

参考: 2クールモノが増えたって本当か? (前回の記事)

放送開始時期別、放送期間一覧表

作品数
期間1クール2クール2クール超
'06/01172322
'06/0421271058
'06/07156223
'06/1021191050
2006年745425153
'07/01164323
'07/041028846
'07/07184123
'07/101520439
2007年595616131
比率
期間1クール2クール2クール超
'06/0177.3%9.1%13.6%
'06/0436.2%46.6%17.2%
'06/0765.2%26.1%8.7%
'06/1042.0%38.0%20.0%
2006年48.4%35.3%16.3%
'07/0169.6%17.4%13.0%
'07/0421.7%60.9%17.4%
'07/0778.3%17.4%4.3%
'07/1038.5%51.3%10.3%
2007年45.0%42.7%12.2%

[2クール超には、放送中の作品を含む]

<寸評>

  • 1、7月は小改編、4、10月は、大改編の傾向は変わらない。
    ただし、大改編の規模は縮小傾向。
    (58→50→46→39)
    [参考までに、表にはないが2008/4月は、45本。減少は一応ストップ]
  • 2007年は、2006年より作品数が減少。
    ただし、2クール作品のみ微増。
    比率で見ると、明らかに2クールの比率が増加。

<私見>

良くも悪くも、2クールが主流になりつつあるのかもしれません。

ただ、いわゆるシーズン制(分割放送)は考慮していないので、
「4クールを、2クール×2本に分ける」
ような作品もあります。

もしかすると、
「1クール分の内容を薄く延ばして、2クールにする」
なんてモノもあるかもしれませんが…

1クール作品も、「あわよくば2期を…」 と狙っているように思えるモノもあります。
「とりあえず、1クールやってみて、DVDの売り上げが良ければ…」 みたいな

いずれにせよ、原作不足と言われる昨今、 ネタを短期間で浪費しないようにしているのではないか?
と思わないではありません。

この記事へのコメント

  • コメントはありません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100494328
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

トラックバックはありません。