2008年10月05日

To LOVE る -とらぶる- の評価詳細 [R10]

To LOVEる とらぶる [基本情報]

  • [作品名] To LOVEる とらぶる
  • [公式] http://www.j-toloveru.com/
  • [制作] xebec
  • [監督] 加戸誉夫
  • [販売] エイベックス、ジェネオン

関連


To LOVEる とらぶる の評価

ランキング一覧
獲得ポイント(10)-59(43位/43作品)
視聴者平均(10)-1.3409(37位/43作品)
最終評価平均(10)-0.2963(40位/40作品)
視聴数(10)44(8位/43作品)
評価数(10)27(17位/43作品)
継続率(10)61.36%(33位/43作品)
見切り数(10)17(2位/43作品)
項目内訳[◆:25, ☆:5, o:1]
S+3とても良い0.
A+2良い1o
B+1まあ良い6☆o
C0普通9☆oooo
D-1やや悪い6☆o
E-2悪い5
F-3見切り17☆☆☆oo
x0視聴なし25
z0視聴不可0.

To LOVEる とらぶる に対する評価、コメント
引用は各サイト管理者にお問い合わせ下さい

評価 / 投票・コメント
  • [A] アニメなりに良かったですが、原作の良さが出し切れませんでしたなあ。
    TBS深夜では無理ならOVAでえろさを再現して下さい(ぉ
    {やっぱり「やまなこ」が大好き!}
  • [B] マジカルキョーコ炎(フレイム)噴いた。
    ブラックキャットと同じ作者だったのね。
    {ブリッジ歩行はもうできない}
  • [B] 回ごとに出来不出来の差が激しかったのですが、総じて見れば難しいことを考えずに楽しむことが出来る佳作。
    最終回の地球を賭けた鉄人レースはおそらく「うる星やつら」へのオマージュですね。
    B+評価
    {JUNのBLOG the 3rd trial}
  • [B] 何も考えずに見れるのがよかった。
    後半の超展開にはびびりました。
    {最後まで伝える「出張版」}
  • [B]{奇想館}
  • [B]{れぶろ}
  • [B]{The 23rd Legion Daily Report/第23軍日常報告}
  • [C] アニメ版To LOVEるはキャラ萌えのみに特化した作品でした。
    シナリオはgdgdでしたし (特に中盤〜後半) 、音楽も正直ワタシの好みではありませんでした。
    作画レベルが一定値を保っていたのがせめてもの救いと言いますか。
    このアニメ最大の功績は「ワタシに原作『To LOVEる−とらぶる−』と出逢わせた」事に尽きます。
    原作は萌え漫画としてはワタシの中で久々のスマッシュヒットとなっています (『I”s』以来かな) 。
    {Mc-LINERS}
  • [C] まぁこんなものじゃね?と思ってみていました。
    {頼逞byMETHIE}
  • [C] 第1話はさすがに引いたが、こちらもアホになって見れば楽しいアニメだった。
    {}
  • [C]{地方在住オタの徒然記 (仮) }
  • [C]{お疲れモードmk2}
  • [C]{とりのしとの不定期雑記帳}
  • [C]{てきとーにれびゅう}
  • [C]{SnowMousse}
  • [C]{七色の虹と変化球}
  • [D] エロアニメ、そんだけ。
    強いて言うなら、戸松遥の演技力の向上に役立った事が唯一の評価ポイントか。
    {"モンド of the World"}
  • [D] 原作レイプとかいう以前にアニメとして成立してない気がするというか。
    こういうみえみえの作品でスタッフが作りたいものと視聴者が見たいものとなんでこんなにずれるのかなあ。
    猿山メインの話期待してる人潜在視聴者の中にも1%もいないと思うんだけどな。
    オリジナルで作ろうという意気込みだけは買うけど。
    エロ分も完全にストパンとセキレイにもってかれて無意味どころか原作ファン的には有害でしかないアニメ化になっちゃった。
    それでも結構DVD売れてるのが謎。
    {みまつや@生きてるぶろぐ}
  • [D] 作品の方向性を間違えた作りだったと思う。
    『ロザバン』とは対照的だった。
    {本放送アニメ感想記}
  • [D]{ふみっつブログ}
  • [D]{Adequate Distance}
  • [D]{アニメ・漫画記録}
  • [E] 1クール目は多少マシだったものの2クール目の酷さは尋常じゃないレベル。
    まさに「酷い」の一言に尽きる作品。
    あの脚本はプロとして失格ですよ。
    {全て遠き理想郷?なブログ}
  • [E] よくもまぁここまでキャラクターの魅力を消してくれたものです。
    キャラクターが命なのだから、もうその時点で何をしたって面白くなるわけがない。
    別に馬鹿やっても何をやってもいいのだけど、それはキャラの魅力を生かす事を前提でなければ駄目なわけで、スタッフはToLOVEるのなにが面白い要素になるのかをもう少し勉強し理解するべきでしたね。
    {よう来なさった!}
  • [E] 原作エピソード以外はほぼゴミです。
    制作のやる気を感じれません。
    脚本や監督の人材不足は深刻ってことでしょうか?
    原作人気あれば安つくりでも売れるとか思ってるのかと。
    {SERA@らくblog 3.0}
  • [E] 原作が好きなだけに本当に残念な作品。
    トラブルからパンチラを抜いたら何も残らないというのは予想通り。
    でも、ストーリー自体が90%オリジナルとは流石に予想以下。
    原作忠実にやってお色気部分だけ修正すれば普通の萌えアニメにはなったろうに、キモイオリジナル宇宙人を大量に出すとかスタッフは頭がおかしいとしか思えない (素直に悪い意味で) 。
    OVAで「原作版」とかでるのが決まっていて原作を温存するため、わざとつまらなく作ったのかと思うぐらい本当に酷かった。
    酷い酷い。
    {∈ (・ω・) ∋日記}
  • [E] 落ちモノ&お色気アニメで、すぐに裸になったりする駄エロ満載ですが、前半は刺客が来るだけとか、総じて低調な物語に期待してはならない。
    天然ヒロインのララは明るいキャラでそれなりに良いのだが、影の薄い対抗ヒロインの春菜は地味で魅力が乏しかった。
    個人的に「エッチぃのは嫌いです」なサブヒロインのヤミちゃんやリト妹:美柑は結構好きでした 。
    (※私はロリ好きというワケではないです) 。
    他のサブキャラは使いこなせずに空気だったり、イマイチなのが多かったなー。
    ララパパにダメ出しされて中途半端にトレーニングしてるけどあまり効果の上がらない優柔不断ヘタレ主人公リトが好きになれなかった。
    {ローリング廻し蹴り}
  • [F] 2話ぐらいで見るのを辞めちゃいました〜。
    ブラックキャットはものすご〜く好きなのにな〜です。
    {ミニスカ少女のやられな日記}
  • [F] 原作からしてあんまり楽しめてなかった作品なので、最初だけは見たけどやっぱり見切り。
    流石に、中身が薄すぎるんじゃないかと。
    {ドンキーの平凡なブログ}
  • [F] 原作然り、数回見ればもう十分。
    {星火燎原の夢(旧:.rest//)}
  • [F] 私の求めるものとは違った、つまり『方向性の違い』による。
    残念である。
    {サトシアキラの湾岸爆走日記 (自転車でね♪) 改}
  • [F] 半分位までは見た。
    主要キャラの紹介話が終わった辺りで興味が失せ、その後は惰性。
    xxxHOLiC継が終了と同時に視聴オチ。
    {読一のオタク生活25年+}
  • [F] 良くあるストーリーですね。
    絵が好きな方でしたら、「BLACK CAT」の方をオススメします。
    {所詮、すべては戯言なんだよ}
  • [F]{月の魔法(移転)}
  • [F]{木下クラブlog}
  • [F]{てけと〜な日記}
  • [F]{春夏秋冬}
  • [F]{BLA伝説}
  • [F]{ルルドルフ春眠日記}
  • [F]{ゆーずー無碍たる日記}
  • [F]{Orange Parfait}
  • [F]{PCとタイピングとアニメの旅人}
  • [F]{K@Blog−更新のフリをした日記2}
  • [F]{BLOG@NO/ON(避難所) }
posted by quasiquail at 00:16 | 作品名 : た行

ページ情報

  • ブログ名 : アニメ調査室(仮)
  • 記事名 : To LOVE る -とらぶる- の評価詳細 [R10]
  • アドレス : http://anime-research.seesaa.net/article/108580275.html

はてなブックマーク - To LOVE る -とらぶる- の評価詳細 [R10] B! はてなブックマーク | | ページ先頭△