鉄腕バーディー DECODE の評価詳細 [R10]

鉄腕バーディー decode [基本情報]

  • [作品名] 鉄腕バーディー decode (1期)
  • [公式] http://www.birdy-tv.com/
  • [制作] A-1 Pictures
  • [監督] 赤根和樹
  • [販売] アニプレックス

関連: 鉄腕バーディー DECODE:02 の評価詳細 (2期)

鉄腕バーディー DECODE の評価

ランキング一覧
獲得ポイント(10)+15(7位/43作品)
視聴者平均(10)+0.3750(11位/43作品)
最終評価平均(10)+0.7500(17位/40作品)
視聴数(10)40(16位/43作品)
評価数(10)36(10位/43作品)
継続率(10)90.00%(8位/43作品)
見切り数(10)4(31位/43作品)
項目内訳[◆:25, ☆:5, o:1]
S+3とても良い0.
A+2良い7☆oo
B+1まあ良い15☆☆☆
C0普通12☆☆oo
D-1やや悪い2oo
E-2悪い0.
F-3見切り4oooo
x0視聴なし28◆ooo
z0視聴不可1o

鉄腕バーディー DECODE に対する評価、コメント
引用は各サイト管理者にお問い合わせ下さい

評価 / 投票・コメント
  • [A] ベテランが監督&脚本を担当し、若手の新しい映像とのコラボ。
    キャラデは好みじゃないのですが、動きでとても魅せられました。
    {SERA@らくblog 3.0}
  • [A] リュンカ編としてきれいに閉めたと思う。
    有田しおんの口調ははじめはウザかったけど、CMとか次回予告で聞いてるうちにアレはアレで味があると思えるように。
    {ぶろーくん・こんぱす}
  • [A] 室戸さんが鍋で食べてるラーメンがおいしそうでした。
    OP・ED曲とそのアニメーションもよい。
    {第27連合野}
  • [A] アクションシーンは殺陣にも工夫があり動画も気合い入っててよかった。
    7話のホラー調とかラストの直前12話の盛り上げとか演出もキレがあったと思う。
    ただゆうきまさみの原作は細かいエピソードを丹念に積み上げてくとこが好きなんで、1クールにまとめたオリジナルはなかなか素直に見れないところ。
    {ねこまくら}
  • [A]{The 23rd Legion Daily Report/第23軍日常報告}
  • [A]{ZIPPER}
  • [A]{七色の虹と変化球}
  • [B] ストーリーがしっかりしていたので、リュンカの話が本格的になってきてからはかなり面白かった。
    切ないラストも結構好きですし。
    1月から?第二期もあるらしいので楽しみですw
    {全て遠き理想郷?なブログ}
  • [B] やはりこのアニメの見所は作画でしょう。
    戦闘シーンのかっこよさは半端ないです。
    ちゃんと終われないという原作付きの悪さも発揮することなく、ちゃんと終わったことは評価したい。
    まぁ2期はあるけどね。
    松本憲生さんも降臨したし。
    2期が楽しみ。
    {流蒼のページ}
  • [B] ゆうきまさみ氏のライフワーク作品のアニメ化。
    シナリオをワンクールで終わらせるために、最終回がでっかい事件の解決で終わるようにしていたが、本来の作品の持ち味はもっと日常の小さな事件に対するドタバタに有ると思われるので、そこがちょっと残念。
    たとえば、バーディーの地球上での芸能活動絡みのドタバタや、怪しいフリージャーナリストの先輩との絡み、などなどが観たかったですね。
    そう言う意味で評価はちょっと低めのBでした。
    {「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋}
  • [B] りょーちものキャラデザインとここまではずれのないA-1Picturesということでバリバリ動くバーディーに期待してて、実際戦闘シーンはかなり迫力があったんだけど、バーディーがあんまり活躍してなかったのがちょっともったいない。
    話自体は完全オリジナルらしくジュベナイル恋愛モノとして綺麗にまとまっててよかった。
    坂本真綾の清純ヒロインはギャップもあっていい。
    {みまつや@生きてるぶろぐ}
  • [B] 原作はあまり読んでませんが、アニメオリジナルの話として上手く1クールにまとめたなという印象ですね。
    B+評価
    {JUNのBLOG the 3rd trial}
  • [B] 古典に入りかけている作品を現代風にリファインした良作、一見役に立たない普通の少年であるつとむが最後の最後で事件の収集を図るというシナリオの高さには関心。
    {頼逞byMETHIE}
  • [B] 第2期の放送が決定しているところ、この時点で総評を書いても微妙かもしれませんが、この1期だけでもストーリーが充分盛り上がった後オチがついて終わっていて好印象でした。
    第2期も楽しませてもらいたいと思っています。
    {Orange Parfait}
  • [B] 肉体が柔らかく、重い。
    なかなかすごいなって思ったよ。
    {整理整頓}
  • [B] 有田しおんであります~、宇宙捜査官バーディとつとむの二心一体生活。
    最初は我侭言ってたつとむが、テュートの死から相棒として関係を築いていく様子が上手く描かれていて、バーディーが火花を散らして走って跳んで拳を振るうバトルシーンも中々迫力があったと思う。
    早宮とは友達のままで、ラスボスになる中杉と恋仲になったり、シャマランがあっさり退場する展開も意外性があった。
    バーディがグラビアタレントしてる必然性が感じられず、しおんがあまり物語上で必要なかったので、もうちょっと使いこなして欲しい設定だったかなー。
    一応、決着は付いたが、カペラとかゴメスと黒幕については先送り。
    {ローリング廻し蹴り}
  • [B] 有田しおんの次回予告が猛烈に腹立たしかったのですが、今は快感になってます。
    今期のアタマのおかしい喋りではセキレイの松と双璧ではないでしょおかあああ。
    {ブリッジ歩行はもうできない}
  • [B] 都市型大災害を描きながらなぜかこぢんまりと収まってしまっているが、日常と非日常の隣り合いを描こうとするゆうきまさみテイストと捉えるべきなのかも。
    現代的にアレンジしたキャラクターデザインが秀逸ながら時折作画崩れが激しかったのが難点。
    {BLOG@NO/ON(避難所) }
  • [B]{奇想館}
  • [B]{てきとーにれびゅう}
  • [B]{"モンド of the World"}
  • [B]{PCとタイピングとアニメの旅人}
  • [C] いい終わり方だった。
    第二期があるらしいが…。
    作画もなかなか綺麗だし。
    ずば抜けて面白いわけでもないが安定していた。
    {ルルドルフ春眠日記}
  • [C] 個人的に求めていた“バーディー”アニメじゃなかった。
    OVA版信者の聖域だけは守っていたので、他は眼を瞑りましょう。
    続編化。
    {読一のオタク生活25年+}
  • [C] 特に良くもなく悪くもなく。
    {本放送アニメ感想記}
  • [C] 面白かったけど人物描写や心理描写がイマイチで、感情移入を思っていたほど出来なかったかな。
    その辺り残念。
    {よう来なさった!}
  • [C] テュートや有田しおんなど、気に入ったキャラクターの出番が少なくて泣いた。
    {}
  • [C] 期待していた分、がっかり感が強い。
    {最後まで伝える「出張版」}
  • [C]{地方在住オタの徒然記 (仮) }
  • [C]{星火燎原の夢(旧:.rest//)}
  • [C]{お疲れモードmk2}
  • [C]{とりのしとの不定期雑記帳}
  • [C]{アニメ・漫画記録}
  • [C]{月下之茶宴}
  • [D]{ふみっつブログ}
  • [D]{れぶろ}
  • [F]{木下クラブlog}
  • [F]{ゆーずー無碍たる日記}
  • [F]{【眠くなりました。】(∪。∪)zzz}
  • [F]{MB}