初恋限定。 の評価詳細 [R13]

カテゴリ : 作品名 : は行

初恋限定。 [基本情報]

  • [作品名] 初恋限定。 (ハツコイリミテッド)
  • [公式] http://www.bs11.jp/anime/468/
    http://www.j-hatsukoi.com/
  • [制作] j.c.staff
  • [監督] 山川吉樹
  • [販売] ジェネオン

初恋限定。 (ハツコイリミテッド) の評価

ランキング一覧
獲得ポイント(13)+29(4位/19作品)
視聴者平均(13)+0.8788(3位/19作品)
最終評価平均(13)+1.4138(5位/19作品)
視聴数(13)33(11位/19作品)
評価数(13)29(10位/19作品)
継続率(13)87.88%(4位/18作品)
見切り数(13)4(12位/19作品)
項目内訳[◆:25, ☆:5, o:1]
S+3とても良い0.
A+2良い14☆☆oooo
B+1まあ良い13☆☆ooo
C0普通2oo
D-1やや悪い0.
E-2悪い0.
F-3見切り4oooo
x0視聴なし31◆☆o
z0視聴不可5

初恋限定。 (ハツコイリミテッド) に対する評価、コメント
引用は各サイト管理者にお問い合わせ下さい

評価 / 投票・コメント
  • [A] うまく纏まってましたし、各初恋が結構楽しめたのは予想外の収穫だったかと。
    メインキャラ達の中で一人だけ何も無かったので、ぜひ初恋を見てみたい限り。
    {やっぱり「やまなこ」が大好き!}
  • [A] オムニバス形式ながら捨て回なしの充実した1クールもの。
    キャラクターの細やかな心理描写が素晴しく、それを下支えする脚本、作画スタッフ、キャスト陣の仕事ぶりも然り。
    江ノ本慧役 伊藤静さんの表現力に脱帽。
    オッサンにはこっ恥ずかしいシーンの連発だったが (笑)、文句なしに今期の№1。
    {flower in my head}
  • [A] ストーリー展開が秀逸でした。
    オンエアBSだけだったのが惜しい!
    {のらりんクロッキー}
  • [A] ラブコメと青春小説系とのバランスが絶妙。
    原作から時に大胆にアレンジした脚本、上品かつオーソドックスさという一線を引いた演出、動かしにくい元絵の繊細さを十全に活かした作画と三拍子揃った佳作。
    {BLOG@NO/ON (避難所)}
  • [A] 原作と殆ど流れは同じなんですが、演出の妙とでもいうのでしょうか、アニメだからこそ出来る手法で原作以上のリアリティーある青臭い初恋が描かれていたと思います。
    それだけに青春を思い起こさせ酷く憂鬱な気持ちにもさせてくれましたがw
    同じくらいスカッとする気持ち良さもあった素晴らしいアニメでした。
    {よう来なさった!}
  • [A] 原作は1話切りしており期待していなかったが、予想外に良くまとまっており毎話安定した内容だった。
    オムニバス形式も見事にハマっており、全話通して見ると気持ち良い。
    主人公は楠田でした。
    {クオリティタカスwwwww}
  • [A] 真っ直ぐな青春。
    キャラの見分けが付かなかったのはご愛敬か、それでも青春恋愛モノとして、お話の展開にイライラせずに観ることが出来た。
    どのカッポーにも声援を送りたくなる。
    {サトシアキラの湾岸爆走日記 (自転車でね♪)改}
  • [A] 登場人物多いのに、みんなに見せ場が合って完成度高いなーと思った
    {∈ (・ω・)∋日記}
  • [A] 恋愛ものはおもしろいw
    スローで停滞するような進行はなく、全体的な進行もテンポが良かったと思う。
    それぞれの初恋って感じが表現されていてなかなかおもしろかった。
    {アニメ・コミックだーいすき♪}
  • [A] このアニメの特徴は、何といってもオムニバス形式で色々な恋を描いた点にあるでしょう。
    中高生の恋愛というのはありふれたテーマでしたが、よくたくさんの恋愛を描いた事により、内容的には1クールだったのにも関わらずに凄いボリュームに感じられました。
    その恋についても悲恋や片想いなど形は様々で、見ていて飽きさせない作りになっていたと言えるでしょう。
    事実上1話で描かれたエピソードもあれば、長期に渡って描かれたものもあり、ワンパターンにはならなかったのもポイントですね。
    さて、そんな物語を紡ぐ事となるキャラ達ですが、これまた個性的で面白かった。
    ただ、個人的に慧の夕、ほぼゲストキャラ状態だった久間菜の花と不動宮すみれの恋愛が見られなかった事が残念ですが……。
    クオリティ面も高く、主観的な面白さも併せ、総じて非常に出来の良い作品だったと思います。
    1クールで終わってしまうのは残念ですが、話も上手くまとまっていましたし、これで良かったのでしょう。
    {アニオタ限定。 (旧名:泡沫のユメ)}
  • [A]{桜詩~SAKURAUTA~}
  • [A]{マンガとアニメの感想録とか}
  • [A]{ワルキューレBlog}
  • [A]{PCとタイピングとアニメの旅人}
  • [B] あなたは恋をしたことがありますか? ただのお色気アニメだと思っていたけれど、登場人物の心情も丁寧に描かれており、中々青春ドラマしてました。
    ただし、慧の姉とか活躍のなかったキャラもいます。
    {ローリング廻し蹴り}
  • [B] そこまで期待度は高くはなかったんですが、終わってみればかなりの良作にwちゃんとパンツも出ていたし (ぇ
    なんでジャンプはこれを打ち切ってしまったのやら…。
    {全て遠き理想郷?なブログ}
  • [B] 何気に良かったから困るww
    {ディアーナのへこたれ日記3}
  • [B] 何気に良かったから困るww
    {休日は月火}
  • [B] 見終わってみると、意外なほどできが良かったのにびっくりです (笑)
    今期隠れた力作だったかも?
    {SERA@らくblog 3.0}
  • [B] 原作に忠実で、声も脚本もよくできてた。
    {星火燎原の夢}
  • [B] 実写パートが無かったら評価落ちたかもしれない (えー
    {SnowMousse}
  • [B] 初恋というテーマをそれなりに巧く処理したんじゃないかなって気がします。
    女の子達はそれぞれに可愛かったです。
    オムニパスになるのかなと思ったらキャラの相関関係が出来上がっていてちょっとビックリしましたが、綺麗に纏めたんじゃないでしょうか。
    {Kazu'Sの戯言Blog(新館)}
  • [B] 男性向け要素が強い恋愛モノであり、事前に知っていたキービジュアルやOP映像の初見の際もあまり好みそうではない予感はしていたのですが、実際に本編を見始めると若干男性向けが緩和される要素や、淡い色使い、そして映像のクオリティが結構高いことによって、ワリと好印象で観られた番組でした。
    最終回の「放課後初恋トーク」で言っていたのですが"あゆみ@伊瀬茉莉也と小宵@豊崎愛生はかなりのところで監督からアドリブが許された"そうで、その演技・アドリブが面白かったです。
    があゆみに関してはメイン主人公にしてはちょっと走りすぎてしまい (最後には主人公らしい〆方をしたのだけど)ちょっとキワモノキャラ (笑)になりつつあるのは若干作品のバランスを悪くしたような気もします。
    あと、忘れてられないのはお色気で (笑)、いまどきパンチラを普通に放送できるBS11の懐の深さを思い知った番組になりました。
    今後のBS11のANIME+枠にも期待していきたいです。
    {Orange Parfait}
  • [B] 女子中学生をめぐる冒険話でオムニバス形式。
    でも、時間軸はちゃんと進んでいると言う。
    ヒロインたちの他に、ヒロインや取り巻きの男子の兄や姉などの話も絡めて描いた青春ラブコメディーでした。
    それらしい淡い色使いの作画、背景でそれがとっても綺麗でした。
    でもそれ以上の何かがあると言うわけでも無く…評価としてはB評価っでした。
    {「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋}
  • [B]{ふみっつブログ}
  • [B]{七色の虹と変化球}
  • [B]{アニメ・漫画記録}
  • [C]{Mc-LINERS}
  • [C]{全部抱きしめて 全部つれてく}
  • [F] ネット配信で 1 話だけ見て即切りました。
    1 話みて切るあたり、自分には合わなかったということで…。
    {圭佑の気まぐれ日記}
  • [F]{所詮、すべては戯言なんだよ}
  • [F]{主にライトノベルを読むよ^0^/}
  • [F]{ルルドルフ春眠日記}
  • [x] 全話録画してあるぜ。
    {ブリッジ歩行はもうできない}

この記事へのトラックバック

  • トラックバックはありません。