乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ の評価詳細 [P15]

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ [基本情報]

  • [作品名] 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ (2期)
  • [公式] http://www.nogizaka-haruka.com/
  • [制作] ディオメディア
  • [監督] 名和宗則
  • [販売] ジェネオン

関連: 乃木坂春香の秘密 の評価詳細

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ (2期) の評価

ランキング一覧
獲得ポイント(15)-4(19位/26作品)
視聴者平均(15)-0.1143(19位/26作品)
最終評価平均(15)+0.0606(21位/26作品)
視聴数(15)35(13位/27作品)
評価数(15)33(12位/27作品)
継続率(15)94.29%(5位/24作品)
見切り数(15)2(19位/27作品)
項目内訳[◆:25, ☆:5, o:1]
S+3とても良い1o
A+2良い1o
B+1まあ良い10☆☆
C0普通12☆☆oo
D-1やや悪い5
E-2悪い4oooo
F-3見切り2oo
x0視聴なし32◆☆oo
z0視聴不可4oooo

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ に対する評価、コメント
引用は各サイト管理者にお問い合わせ下さい

評価 / 投票・コメント
  • [S]{桜詩~SAKURAUTA~}
  • [A]{七色の虹と変化球}
  • [B] 「みっかみかにしてあげるんだから」は破壊力あったなぁ。
    つか、誰か椎菜さんを助けてやってくれ。
    {ブリッジ歩行はもうできない}
  • [B] 1期と同じような感じでまぁ安心して見れた作品。
    2期はまわりのキャラがよく動いてて面白かった。
    個人的には椎菜とみらんがよかったなぁ。
    お話に関しては利奈さんのアドリブだったという6話の次回予告の椎菜のセリフにすべてが(笑)
    {眠くなんかないんだからねっ! (移転)}
  • [B] えろネタもえろセリフも全て寸止めで、昨今のえろ急増の中では中途半端だった感じ。
    春香と美夏のえろ増量サービスはなかなかでしたが、まあこんな所かと。
    {やっぱり「やまなこ」が大好き!}
  • [B] 一期に比べると、シナリオに希薄感が漂うのがちょっと残念。
    魅力的なキャラだと思ってもゲストキャラなのがミエミエなのがなおさらその残念感を募らせる。
    と言うわけで、今回はちょっと低めです。
    {「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋}
  • [B] 恋愛でもラブコメでもなく、裕人と春香の相互理解こそがこの作品の本当のテーマであるというのが私の持論です。
    だから本来なら各エピソードは裕人と春香の絆を確かめ合うものにすべきなのでしょうが、そこは原作でも作者自身が意識していないのか、ただのドタバタコメディになってしまっています。
    原作に忠実につくられているだけに残念ですが、 B評価どまりということで。
    {JUNのBLOG the 3rd trial}
  • [B] スタッフが萌えアニメのサザエさんと言っておりましたが、確かにこのいい意味でも悪い意味でも安定性があるという点では。
    星三つ。
    {頼逞byMETHIE}
  • [B] 全体的に見てそこそこといった感じでした。
    相変わらずメインは裕人と春香の関係。
    しかし、今回は椎菜も (前作より)は積極的に介入して来ましたし、2人の関係に危機が訪れるエピソードがあったりして、少しはメリハリがありましたね。
    その一方で、登場した新キャラ達がほぼゲストキャラに近い状態だったのが残念。
    天王寺冬華とか、もうちょっと旋風を巻き起こせるキャラだと思うのですが。
    葉月・那波・アリス以外のメイド達も脇キャラだったしなぁ……。
    というわけで、個人的には微妙な印象でした。
    いずれ第3期もやる可能性が高いでしょうが、正直第3期もこんな調子だともうお腹一杯という感じで厳しいと思われます。
    {アニオタ限定。}
  • [B]{ふみっつブログ}
  • [B]{れぶろ}
  • [B]{PCとタイピングとアニメの旅人}
  • [C] 2期になって、春香の秘密も何もあったものじゃないですね (笑)
    ただ二人のにやにや展開を楽しむだけです。
    春香以外のヒロインにあまりスポット当たらないのも物足りない原因かな。
    {SERA@らくblog 3.0}
  • [C] 一期同様、ベタな先の読みやすい展開ではあるけどそれだけに安心して見れますね。
    まぁ個人的には春香と裕人の関係が進展するかよりもなぜか二期になって大幅増量のエロ分と、みっかみかにされたいがために見てたわけですがw (ぉ
    {全て遠き理想郷?なブログ}
  • [C] 露骨すぎるエロ描写が激しく萎える。
    第1期のほうが面白かった。
    {ルルドルフ春眠日記}
  • [C]{木下クラブlog}
  • [C]{ゴン太の毎日アニメ日和}
  • [C]{星火燎原}
  • [C]{Kazu'Sの戯言Blog(新館)}
  • [C]{Mc-LINERS}
  • [C]{全部抱きしめて 全部つれてく}
  • [C]{SnowMousse}
  • [C]{ぶろーくん・こんぱす}
  • [C]{アニメは声優 Kirara}
  • [D] 最終話は撮っておいてあるが観てない……内容があまりに出来レースでどうしようもなかった。
    まあ露出的にはいいんだろうけど。
    {サトシアキラの湾岸爆走日記 (自転車でね♪)改}
  • [D] 春香と裕人のカップルに感情移入できず、報われない椎菜さん一点突破で観ていた。
    どっちつかずの総花的な作品が多い昨今にあって、割り切ったコンセプトはむしろ潔いかも。
    {flower in my head}
  • [D] 読売テレビなので真っ白でした。
    アイドル編はやりすぎでムカツク段階まで行ってしまった
    {∈ (・ω・)∋日記}
  • [D]{休日は月火}
  • [D]{真面目に働くアニオタ日記}
  • [E] もはやセレブでもオタクでもないリア充の寸止めお色気アニメ。
    椎菜が対抗ヒロインとして弱すぎ&春香ルートが揺るがないので、緩くて緊張感もなく、終盤のWHITE ALBUM展開もベタだ。
    {ローリング廻し蹴り}
  • [E] 一期を見たときは期待していなかったんですよ。
    だけど、二期はもしかしたら、という願望も打ち砕かれました。
    なんていうのか、春香の秘密からは大きくそれてしまって、王道ラブコメの道を進み、メイド隊なるものが出てからはキャラ萌えだけアニメというか、キャラを覚えるだけで大変だよアニメになってました。
    そして、ラブコメのラブの部分はそれほど練られた人間関係でもなく、今までの延長線上に位置する恋愛となり、見所はエロシチュエーションだけと。
    {所詮、すべては戯言なんだよ}
  • [E]{アニメ与太話}
  • [E]{あらふぉーオヤジがラノベとかアニメとか適当に書き散らすチラ裏ブログ}
  • [F] 第1話だけ見たが、この作品に関してだけは (第1期も含め)原作の方が好み。
    {「五月一番亭」超タトイ云}
  • [F]{みまつや@生きてるぶろぐ}
  • [x] 1期から見ていないので
    {本放送アニメ感想記}
  • [x] 録画して積んであります。
    {とりのしとの不定期雑記帳}
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139774335
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

  • トラックバックはありません。