2クールモノが増えたって本当か? (6)

TVアニメ新作数と放送期間の集計結果。
データは、2006年~2009年。
参考として、2010年前半の数値も載せています。


疑問 :

年間作品数は、減っているのか?
それとも、1作あたりの放送期間が、延びただけなのか?


結論 :

作品数の減少は、継続。
2010年は、新作数100本割れの可能性も?


詳しくは、続きをお読み下さい。


注意

本記事の内容は、独自調査のため正確ではありません。
かなり高い確率で、実際の数値とは異なります。
あくまで参考程度にとどめて下さい。


放送開始時期別、放送期間一覧表

年別データ

作品数 (年別)
期間 1クール 2クール 2クール超
合計 264 185 90 539
2006年 74 54 27 155
2007年 59 58 19 136
2008年 71 36 21 128
2009年 60 37 23 120
比率 (年別)
期間 1クール 2クール 2クール超
合計 49.0% 34.3% 16.7%
2006年 47.7% 34.8% 17.4%
2007年 43.4% 42.6% 14.0%
2008年 55.5% 28.1% 16.4%
2009年 50.0% 30.8% 19.2%


四半期別データ

作品数 (四半期別)
期間 1クール 2クール 2クール超
合計 264 185 90 539
'06/01 17 2 3 22
'06/04 21 27 12 60
'06/07 15 6 2 23
'06/10 21 19 10 50
'07/01 16 4 4 24
'07/04 10 28 9 47
'07/07 18 4 1 23
'07/10 15 22 5 42
'08/01 17 3 5 25
'08/04 14 16 11 41
'08/07 19 2 - 21
'08/10 21 15 5 41
'09/01 17 5 2 24
'09/04 10 19 11 40
'09/07 14 2 1 17
'09/10 19 11 9 39
比率 (四半期別)
期間 1クール 2クール 2クール超
合計 49.0% 34.3% 16.7%
'06/01 77.3% 9.1% 13.6%
'06/04 35.0% 45.0% 20.0%
'06/07 65.2% 26.1% 8.7%
'06/10 42.0% 38.0% 20.0%
'07/01 66.7% 16.7% 16.7%
'07/04 21.3% 59.6% 19.1%
'07/07 78.3% 17.4% 4.3%
'07/10 35.7% 52.4% 11.9%
'08/01 68.0% 12.0% 20.0%
'08/04 34.1% 39.0% 26.8%
'08/07 90.5% 9.5% -
'08/10 51.2% 36.6% 12.2%
'09/01 70.8% 20.8% 8.3%
'09/04 25.0% 47.5% 27.5%
'09/07 82.4% 11.8% 5.9%
'09/10 48.7% 28.2% 23.1%


<説明>

  • クール数 [1クールは、期間 : 3ヶ月、話数 : 13話前後]
    1. 1クール作品は、1クール : 10~14話。
    2. 2クール以上の作品は、1クール : 11話~14話
    で換算。
  • 2クール超には、放送中の作品を含む
  • 空欄 ( - )は、本数 0、該当作品なし。
  • 空欄 ( . )は、本数未定、値なし。

換算例

彩雲国物語(1期)は、2006/4~2007/2までと約1年間の放送。
しかし、話数が39話なので、4クールではなく 3クール作品として集計します。




<寸評>

一応今回は、2009年確報版。
前回記事から、数値が変わっています。

今まで、大改編の時期は、 放送期間の長い作品が増えると思っていました。
しかし、 2007年を除いて、10月期は、 1クール作品の比率が一番高くなっています。
データを見る限り、 10月期は大改編であっても、 1クール作品の比率が高くなるようです。
(基本的に 4月期、10月期は大改編。1月期、7月期は小改編)


<作品数>

  • 2006年 155本
  • 2007年 136本 (前年比 19本減、△-12.3%)
  • 2008年 128本 (前年比 _8本減、△-_5.9%)
  • 2009年 120本 (前年比 _8本減、△-_6.3%)

作品数は、減少傾向。
2009年の減少数は、2008年と同数でした。


<放送枠数>

放送枠数 (1クールと 2クールの合計枠数)

  • 2006年 (作品数 / 128) : 74+54×2=182
  • 2007年 (作品数 / 117) : 59+58×2=175
  • 2008年 (作品数 / 107) : 71+36×2=143
  • 2009年 (作品数 / _97) : 60+37×2=134

換算法

  • 1クール作品 : 作品数×1枠
  • 2クール作品 : 作品数×2枠

: 枠数の比較は、 年をまたぐ作品があるので、 正確な比較にはなりません。


前回の記事では、2009年の値は未確定でしたが、 結果は上記の通り、134と 9枠減でした。
しかし、作品数の減少 (10減) を考慮すると、 放送枠の減少は、最小限に押さえられたようです。




改めてまとめると、


疑問 :

年間作品数は減っているのか?
それとも、1作あたりの放送期間が延びただけなのか?


結論 :

2007年は、作品数減だが、2クール作品は微増。
相対的に、2クール作品の比率は増えました。

2008年は、作品数減に加え、 2クール作品の減少で、放送枠数も大幅に減少しました。

2009年も、引き続き作品数が減少。
しかし、 作品数が減少したのは、1クール作品のみ となっています。
(他は、ほぼ横ばい)




参考 : 放送開始時期別、放送期間一覧表 (2010年)

作品数 (2010年)
期間 1クール 2クール 2クール超
2010年 25 3 2 64
'10/01 12 3 2 17
'10/04 13 . . 30
'10/07 . . . 17
'10/10 . . . .
比率 (2010年)
期間 1クール 2クール 2クール超
2010年 39.1% 4.7% 3.1%
'10/01 70.6% 17.6% 11.8%
'10/04 43.3% . .
'10/07 . . .
'10/10 . . .


2010年の数値について

2010年の作品は、その多くが現在放送中または、放送前のため、 数値は未確定です。
各項目の合計と作品数の合計は、 一致しません。
また、比率の合計も100%になりません。


10月期の新作数が、例年と同規模(40本程度)であれば、 年間の作品数は、ギリギリ100を上回ります。
しかし、2009年と比較すると、 10月期に前年と同規模の新作を期待するのは、 難しいかもしれません。


2010年四半期別新作数、2009年との比較

  • 2010/1月期、17 (前年同期比、_7本減)
  • 2010/4月期、30 (前年同期比、10本減)
  • 2010/7月期、17 (前年同期比、増減なし)

関連 : 過去記事


この記事へのコメント

  • コメントはありません。
この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

  • トラックバックはありません。