閃光のナイトレイド の評価詳細 [P17]

閃光のナイトレイド [基本情報]

  • [作品名] 閃光のナイトレイド
  • [公式] http://www.1931.tv/
  • [制作] A-1 Pictures
  • [監督] 松本淳
  • [販売] アニプレックス

閃光のナイトレイド の評価

ランキング一覧
獲得ポイント(17)-44(25位/25作品)
視聴者平均(17)-0.9362(20位/24作品)
最終評価平均(17)-0.1471(18位/22作品)
視聴数(17)47(5位/26作品)
評価数(17)34(12位/26作品)
継続率(17)72.34%(16位/23作品)
見切り数(17)13(2位/26作品)
項目内訳[◆:25, ☆:5, o:1]
S+3とても良い1o
A+2良い0.
B+1まあ良い7☆oo
C0普通14☆☆oooo
D-1やや悪い9☆oooo
E-2悪い3ooo
F-3見切り13☆☆ooo
x0視聴なし17☆☆☆oo
z0視聴不可1o

閃光のナイトレイド に対する評価、コメント
引用は各サイト管理者にお問い合わせ下さい

評価 / 投票・コメント
  • [S] このアニメは風蘭@藤田咲さんがいるからこそすばらしいのです。
    {第27連合野}
  • [B] アニメオリジナル作品、『アニメのチカラ』第二作目作品。
    時代背景的に微妙な30年代の中国大陸を舞台に超能力者を集めた日本の特務機関のお話と言う非常にきな臭いものだったのがマイナスだったのじゃないかと憶測。
    確かにお話の設定的には面白い時代なのですが…。
    とは言え、声優さんが言語特訓をして挑んだとか、記録がありそうで意外と無い時代の危うい領域の舞台設定での良く練りこんだシナリオとか評価すべきところはたくさんあるのでB評価です。
    {「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋}
  • [B] 一番期待していたけど、これも何も残さなかったw
    {アニメ・漫画記録}
  • [B] 総合レベルは高いはずなのに突出した個性が無いせいで微妙なまま終わった。
    {星火燎原}
  • [B] 地味だけどこういう陰謀劇は好き。
    地味だけど。
    物理学者が登場した時点でオチは核兵器と読めたし、桜井が実は黒幕の一員だというのも予想の範囲内だったが、王道的なストーリー展開だけに安心して観られた。
    {「五月一番亭」超タトイ云}
  • [B] 第一次世界大戦と第二次世界大戦の間の朝鮮という舞台設定はなかなか新鮮でした。
    クオリティ、特に音楽に関しては、CMで使われるあの葉加瀬太郎氏の音楽とオープニングテーマが印象に残りました。
    ただ、全体的に見て各キャラの掘り下げが少し足りなかったかなぁという気がしました。
    もう少しドラマティックに描いてくれても良かったと思います。
    あと、イマイチこの作品は肌に合わなかった部分がありますね。
    {アニメ日和}
  • [B]{七色の虹と変化球}
  • [B]{Orange Parfait}
  • [C] 2期連続、アニメノチカラ枠がビリなんだけど…。
    最近、意欲的なオリジナルがあまりないので頑張って欲しいのだけど! 色んな人が色んなところで頑張ってるのは感じなんだけど、結果が付いてきてないみたいなイメージ。
    何が足りなかったんだろう。
    {流蒼のページ}
  • [C] あまりこの手のアニメは肌に合わないのだが…可もなく不可もないといったところ。
    {本放送アニメ感想記}
  • [C] どちらかというと、D寄りなCという感じ。
    最後まで、面白そうなんだけどな~という印象で終わってしまいました。
    キラリと光る魅力は感じたんですけどね~。
    いろいろと物足りない部分が。
    {モノクロ雑記}
  • [C] 結局超能力物としても歴史物としても中途半端でした。
    {頼逞byMETHIE}
  • [C] 志の高さは分かるけれど、1クールの限られた尺の中で、超能力、スパイ活動、軍事、政治、人間ドラマと全方位に色気を出しすぎて全方位に薄味になってしまった失敗作。
    キャラクターは魅力的になりうる素材だったし、作画や劇伴も良かったので勿体無かった。
    {flower in my head}
  • [C] 歴史フィクションだけど、超能力があるので緊張感に欠ける昭和初期の大陸スパイアクション。
    高千穂組との直接対決が始まってから後手が多くテンポが悪いし、1話未放送になってケチもついた。
    あと、集合写真はフラグあるネ。
    {ローリング廻し蹴り}
  • [C] 企画の詰め不足を感じる。
    惜しい作品。
    {BLOG@NO/ON (避難所)}
  • [C]{のらりんクロッキー}
  • [C]{ミルクレゥプのカルボナーラの逆襲2112 その時、納豆にネギも付いてほくほく}
  • [C]{休日は月火}
  • [C]{桜詩~SAKURAUTA~}
  • [C]{ゴン太の毎日アニメ日和}
  • [C]{空色きゃんでぃ}
  • [C]{トゥリンバロ}
  • [D] 何がしたかった作品か分からない。
    ラスボスの記憶操作したの誰だっけ
    {∈ (・ω・)∋日記}
  • [D] 勲は確固たる信念の下に行動していたが、葵たちにどんな信念があったかというと、なにがあったんだが。
    軍が勲を追うことを抑止するのが桜井が機関に求めた真の目的。
    桜井としては勲の邪魔をしてもらっては困るわけで、そこそこ頑張ってますとアピールできれば良かった、と考えると葵たちが優秀すぎては困るわけで。
    この体たらくも納得という物か。
    {ぶろーくん・こんぱす}
  • [D] 全体的に抑揚がなく地味な印象。
    絵、音楽ともレベルが高かっただけに勿体ないです。
    {モンド of the World}
  • [D] 題材の扱い方に失敗しましたね。
    突っ込んだ描写ができずに常に持て余したカンジで失敗してたように思います。
    あと、アニメで外国語をしゃべらせる必要はない、見づらいし聞きづらいだけ。
    OPはかっこよかった。
    {アニオタとカープファンの湯}
  • [D]{Adequate Distance}
  • [D]{とりなん (旧名 : とりあえず、なんとかなる)}
  • [D]{駄文垂れ流し}
  • [D]{Kazu'Sの戯言Blog(新館)}
  • [D]{れぶろ}
  • [E] あまり見ない時代と舞台に期待したのですが…。
    なによりも作劇が出来てませんでした。
    せっかくの主人公たちの能力も巧く見せれず。
    作りたかったものは立派でも、それを描ける力が足りてません。
    もっともっと練り込まないと、アイディア出しだけでアニメは作れませんよ。
    {SERA@らくblog}
  • [E] やっつけでした。
    近代の史実と超能力を絡めて、国の動向を左右するーってコンセプトはいいんだけど、超能力を駆使した能力ものバトルアニメでもなし、時代のうねりに飲み込まれて報われなかったむなしさを出そうにも独り相撲で勝手にダメになったとしか見えないしで、結局何がしたかったんだ?と疑問符が残る作品となりました。
    無駄にリアル路線のためかフィクションとして十分に羽が伸ばせなかったのかな。
    {アニメ与太話}
  • [E]{マンガとアニメの感想録とか}
  • [F] アクション物としても中途半端だったので止めました。
    いろいろ物足りなかったとしか。
    近々上海にいく予定があるので、見続ければ勉強になったかも知れませんがっ(ぇ
    {やっぱり「やまなこ」が大好き!}
  • [F] 現時点では全話見終わってないのでF評価。
    一応観る予定ではあるけどまぁC評価ってとこかなぁ。
    こう言っちゃなんだけど、雪菜役の声優さんの演技力で物語がしらけちゃった感は否めない。
    {眠くなんかないんだからねっ!}
  • [F]{マリアの憂鬱}
  • [F]{木下クラブlog}
  • [F]{てけと~な日記}
  • [F]{よう来なさった!}
  • [F]{桜の下の百鬼夜行}
  • [F]{最高の夢を~頭の中は24時間アニメ狂~}
  • [F]{主にライトノベルを読むよ^0^/}
  • [F]{ルルドルフ春眠日記}
  • [F]{お疲れモードmk2}
  • [F]{全部抱きしめて 全部つれてく}
  • [F]{PCとタイピングとアニメの旅人}

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/158112003
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

トラックバックはありません。