真・恋姫無双 乙女大乱 の評価詳細 [P17]

カテゴリ : 作品名 : さ行

真・恋姫無双 乙女大乱 [基本情報]

  • [作品名] 真・恋姫無双 乙女大乱 (2作目2期、通算3作目)
  • [公式] http://www.marv.jp/special/shinkoihime/
  • [制作] 動画工房
  • [監督] 中西伸彰
  • [販売] ポニーキャニオン

関連


真・恋姫無双 乙女大乱 (2作目、2期) の評価

ランキング一覧
獲得ポイント(17)+17(10位/25作品)
視聴者平均(17)+0.5313(9位/24作品)
最終評価平均(17)+0.7667(12位/22作品)
視聴数(17)32(15位/26作品)
評価数(17)30(13位/26作品)
継続率(17)93.75%(5位/23作品)
見切り数(17)2(18位/26作品)
項目内訳[◆:25, ☆:5, o:1]
S+3とても良い1o
A+2良い10☆☆
B+1まあ良い6☆o
C0普通8☆ooo
D-1やや悪い4oooo
E-2悪い1o
F-3見切り2oo
x0視聴なし29◆oooo
z0視聴不可4oooo

真・恋姫無双 乙女大乱 (2作目、2期) に対する評価、コメント
引用は各サイト管理者にお問い合わせ下さい

評価 / 投票・コメント
  • [S] 鈴々@西沢広香さんに癒されます。
    {第27連合野}
  • [A] 50人以上のキャラをしっかり描き分けて構成してたのが凄いですなあ。
    キャラ被りをネタにしてたり(笑) まさに「乙女大乱」でなかなか。
    {やっぱり「やまなこ」が大好き!}
  • [A] 山ほどキャラがいるのに全員に見せ場あるとか、なんともパネェ。
    期をまたいでの宝剣の伏線回収とかスタッフの凄さを感じた
    {∈ (・ω・)∋日記}
  • [A] 主従関係にスポットを当てた登場人物たちの絆の描写が、現代における組織論にも繋がっていて思いのほか奥が深かった。
    「義理と人情」をここまでストレートに表現できる作品は現代ではそうそうお目にかかれない。
    シリーズを追うごとにスケールアップしていくラストバトルも王道。
    {flower in my head}
  • [A] 毎回面白かったが、最終回の大量出演でもキャラを上手く活かせたのが素晴らしい。
    {本放送アニメ感想記}
  • [A] 魏延と馬岱とか、原作ゲームよりもサブキャラが作り込まれていて好感が持てました。
    つか、前作でメガネの名無しだったヒトが「陳琳さん」と呼ばれていたのが最も驚いた。
    確かに袁紹配下でイベント司会をやってから曹操配下でマネージャーやってるんだよね。
    芸が細かいなぁ。
    あとはファイナル・ゴットヴェイドゥが炸裂しなかったコトだけが悔やまれます。
    あと、メンマの材料は割り箸じゃねーぞ。
    {ブリッジ歩行はもうできない}
  • [A] 前作に引き続いてテーマがはっきりしており、非常に見やすかったです。
    明らかに途中という感じで終わった前作と違い、今回はちゃんと締め括ってくれたので、その点も良かったです。
    ただ、薬の素材集めの際、馬超&趙雲組の扱いが軽かった点がちょっと気になりました。
    キャラクターに関してはさすがに増え過ぎですよねぇ (笑)
    ですが、ラスト付近ではどのキャラにも出番があった分、前作よりはマシでした。
    ただ、今作において劉備達に付いてきた南蛮軍は最終決戦にも参加せず、ちょっと存在意義に疑問が生じましたね。
    その他の面でも平均以上。
    今作においても大いに楽しませてもらいました。
    個人的には「孔明の縄か!」という趙雲のセリフと、再会時に涙する関羽・張飛両名、最後の張角の変装作戦が特に印象に残っています。
    {アニメ日和}
  • [A]{のらりんクロッキー}
  • [A]{桜詩~SAKURAUTA~}
  • [A]{ゴン太の毎日アニメ日和}
  • [A]{桜の下の百鬼夜行}
  • [B] 1期、2期、3期と順調に面白さが増してきたと思います。
    3期は特に戦闘部分を大いに割愛してくれたので、楽しかったなぁ。
    仮にも三国志ものとしてアレな評価ですが、そういう作品なんだからしょうがない。
    {アニメ与太話}
  • [B] 1期は全然見てなくて、前のシリーズから見るようになったのですが、そのせいか前シリーズではキャラがつかめないまま見ていた分ちょっと入り込めないカンジだったのですが、今回のシリーズではほとんどのキャラを把握して見ていたので、以前のシリーズより楽しく見られましたね。
    話としては正直大したものはありませんが、とにかくキャラの可愛さとノリの良さで、いつも見ていて楽しかったというのが一番のポイントですね。
    そういう意味ではA評価でもいいかなって思うくらい。
    {アニオタとカープファンの湯}
  • [B] まさか無印から3期も続く作品になろうとは1期の頃は想像もつきませんでしたw
    作品の雰囲気も前2作から変わらず、ギャグあり下ネタありちょっとシリアスあり、2期では物足りなかったバトル分あって楽しませてくれました!
    {全て遠き理想郷?なブログ}
  • [B] 終盤のほとんど無駄なキャラがいない数十人の群像劇は面白かったです。
    {頼逞byMETHIE}
  • [B]{七色の虹と変化球}
  • [B]{PCとタイピングとアニメの旅人}
  • [C] こちらはまあ、普通程度の気持ちで見ておりました。
    キャラがやっぱ多すぎですね。
    未だ名前が覚えられていないキャラもいるくらい多すぎです。
    ストーリーとしては1期等もそうでしたが単調すぎる気もしますが…。
    {生徒会の放課後 こーひーたいむ}
  • [C] 最終回のキャストがものすごいことに (笑)
    それくらいキャラが多いですが、いちおう各キャラフォローできたのはGJかな。
    もうちょっと長い尺で作らせると面白いものを作れそうなんですがね。
    {SERA@らくblog}
  • [C] 内容の方は相変わらずなんだけど、他のアニメと比べて突出した登場人物の多さを考えると、それぞれに活躍の場を与えそれなりの見せ場を作ったストーリー構成は意外と凄いんじゃないのかなと。
    キャラクターも立っていたしね。
    安定した面白さがあったので、新展開期待したいですね。
    {よう来なさった!}
  • [C] 美少女三国志2つはすっかりポジションを確立したという感じがします。
    頑張ってますね。
    粘り勝ちという感じです。
    一騎当千のおかげで恋姫は随分助かっているんじゃないかと感じます。
    {Kazu'Sの戯言Blog(新館)}
  • [C]{お疲れモードmk2}
  • [C]{Mc-LINERS}
  • [C]{全部抱きしめて 全部つれてく}
  • [C]{SnowMousse}
  • [D] いつも通りのどうでもいいゆるゆるの内容。
    個人的には好きですけども、評価するとなるとD評価位でしょう。
    {てけと~な日記}
  • [D]{木下クラブlog}
  • [D]{れぶろ}
  • [D]{マンガとアニメの感想録とか}
  • [E]{休日は月火}
  • [F]{主にライトノベルを読むよ^0^/}
  • [F]{ローリング廻し蹴り}

この記事へのトラックバック

  • トラックバックはありません。