心霊探偵 八雲 の評価詳細 [P19]

心霊探偵 八雲 [基本情報]

心霊探偵 八雲 の評価

ランキング一覧
獲得ポイント(19)-23(23位/28作品)
視聴者平均(19)-1.0455(25位/28作品)
最終評価平均(19)-0.3125(24位/27作品)
視聴数(19)22(24位/29作品)
評価数(19)16(23位/29作品)
継続率(19)72.73%(21位/27作品)
見切り数(19)6(11位/29作品)
項目内訳[◆:25, ☆:5, o:1]
S+3とても良い0.
A+2良い1o
B+1まあ良い3ooo
C0普通4oooo
D-1やや悪い6☆o
E-2悪い2oo
F-3見切り6☆o
x.視聴なし47◆☆☆☆☆oo
z.視聴不可2oo

心霊探偵 八雲 に対する評価、コメント
引用は各サイト管理者にお問い合わせ下さい

評価 / 投票・コメント
  • [A]{七色の虹と変化球}
  • [B] 霊を取り扱ったものという事で、それだけでも個性的でありました。
    クオリティも上々で、かなり楽しめる作品だったと思います。
    キャラクターも、主人公の八雲がいいキャラしてました。
    過去に闇を抱えつつ、最後には父親と対決する構成はお決まりではありましたけど、だからこその良さがありました。
    他には懐を持つ一心も素晴らしいキャラでした。
    逆に、ヒロイン格の晴香は少々影が薄かったかもしれません。
    シナリオに関しては、放送開始当初から相当変わった印象があります。
    最初は一話完結方式で霊絡みの事件を解決していく方式だったのが、いつの間にか八雲が心の闇と向き合う形になっていました。
    それはそれで良いのですが、少し視聴開始直後の期待から逸れてしまった感じもします。
    {アニメ日和}
  • [B]{BLOG@NO/ON (避難所)}
  • [B]{全部抱きしめて 全部つれてく}
  • [C] 過剰な萌え表現に辟易することなく見ることができる、今時では珍しい良作。
    地味ながらしっかりした作りで安心して見られた。
    {「五月一番亭」超タトイ云}
  • [C]{星火燎原}
  • [C]{アニメ・漫画記録}
  • [C]{月下之茶宴}
  • [D] エピソード毎の盛り上がりに欠けるアニメでした。
    探偵ものとしてやるにはツッコミ所も多かったですが、それ以上に心理描写や画面の作り方、展開が地味すぎましたねえ。
    あの人はこう思ってんたんでしょうって、第三者が気持ちを冷静に代弁するシーンが目立ったなあ。
    直接語らせろと。
    お話は全く破綻していないし、最終回で八雲が涙を流すシーンは結構よかったんですがなんだろう、小さくまとまりすぎていたって印象ですね。
    {アニメ与太話}
  • [D] ストーリーが とにかく薄味すぎですね。
    1話完結になってる話では、感情移入も何もあったものじゃないです。
    もっと話数をかければ良かったかもしれませんね。
    {SERA@らくblog}
  • [D] 期待を裏切った事ではトップクラス。
    少女漫画ベースの絵と、小野大輔以下の安定した声優陣は良かったものの、お話がサッパリ。
    原作が悪いのかアニメ化で失敗したのか不明ですが、「心霊物」としてもイマイチ、「探偵物」としてもイマイチ。
    「ゴーストハント」の再来を期待していたので、あまりといえばあまりの内容に不満たらたらでした。
    ただし、最終回だけは非常に上手く体裁を整えていたのには感心しました。
    おかげでなんとなく結構面白いアニメを見ていたような錯覚に襲われてしまいましたよ。
    {セントラル・ステーション分室}
  • [D] 主人公の成長物語という筋書き自体は一貫していたものの、演出に迫力を欠いていたせいで求心力に乏しかった印象。
    もう少し良い意味での“ハッタリ”があって良かったかもしれない。
    {flower in my head}
  • [D]{マンガとアニメの感想録とか}
  • [D]{生徒会の放課後 こーひーたいむ}
  • [E] 幽霊が実体化して悪さをするので、探偵というより出来の悪いオカルトアニメ。
    犯人に刺されたり、あっさり逃げられたりする警察がへっぽこすぎる。
    イマイチ解決しないまま終わったけど、あの親父は何だったのだろう?
    {ローリング廻し蹴り}
  • [E]{大人サブカルな日々~♪}
  • [F] HDD残量に負けた。
    小野D好きなのにー。
    {ブリッジ歩行はもうできない}
  • [F]{桜詩~SAKURAUTA~}
  • [F]{ルルドルフ春眠日記}
  • [F]{AniMaki}
  • [F]{PCとタイピングとアニメの旅人}
  • [F]{よう来なさった!}

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183056905
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

  • トラックバックはありません。