パンティ&ストッキングwithガーターベルト の評価詳細 [P19]

カテゴリ : 作品名 : は行

パンティ&ストッキングwithガーターベルト [基本情報]

パンティ&ストッキングwithガーターベルト の評価

ランキング一覧
獲得ポイント(19)-1(16位/28作品)
視聴者平均(19)-0.0270(16位/28作品)
最終評価平均(19)+0.9286(14位/27作品)
視聴数(19)37(17位/29作品)
評価数(19)28(19位/29作品)
継続率(19)75.68%(18位/27作品)
見切り数(19)9(6位/29作品)
項目内訳[◆:25, ☆:5, o:1]
S+3とても良い4oooo
A+2良い5
B+1まあ良い10☆☆
C0普通5
D-1やや悪い2oo
E-2悪い2oo
F-3見切り9☆oooo
x.視聴なし34◆☆oooo
z.視聴不可0.

パンティ&ストッキングwithガーターベルト に対する評価、コメント
引用は各サイト管理者にお問い合わせ下さい

評価 / 投票・コメント
  • [S] 時期的に都条例の話題があったかと思いますが、放送局的に、このアニメが通って、「ヨスガノソラ」が通らないのはなぜなのかと考えさせられました。
    それはさておき、こういうアニメを作るのはさすがガイナックスって感じでしょうか。
    いろんなアニメがあることはよいことです。
    {第27連合野}
  • [S]{主にライトノベルを読むよ^0^/}
  • [S]{七色の虹と変化球}
  • [S]{PCとタイピングとアニメの旅人}
  • [A] 1話で切ろうと思いましたが、以外なほどおもしろかったのがよかったです。
    “トランスホーム”は神回です、異論は認めません(キリッ
    {キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記}
  • [A] 小中学生が喜びそうな下ネタ話を、圧倒的な技術&センスで作ることの、なんと馬鹿馬鹿しい&素晴らしい事かww!!
    ヌルヌル動く作画は圧倒的で素晴らしく、実写を使ったり、映画や他の作品パロッたりなどetc…
    演出もセンスありまくりなんですが、内容はくだらない下ネタ満載だったりして、キャラデザは元より、ネーミングセンスにキャラ設定から舐めた感じで、いきなり世界観全く違う鬱話をしたり、最後はまさかの超展開でしたしw
    「技術持ってる人達が本気で悪ノリしたら怖いよねー」って作品でしたねw
    `凄い`作品なのは間違いないのですが、同時に凄くカオスでもあり、実に斬新でユニークな型に嵌らない作品でした。
    自分の年齢が年齢ですし、内容があの下ネタ満載の内容だけに、評価が難しいですがw
    ここまでやられると評価せざるを得ないという事で、A評価にしました。
    {ミルクレゥプのカルボナーラの逆襲2112 その時、納豆にネギも付いてほくほく}
  • [A] 内容的にはすごく下品だったりしたけど、下品さを感じさせないつくりが良かったと思う。
    最後のどんでん返し的なところもよかった。
    2期を匂わせる終わり方だったけど、個人的にはこのまま終わりにした方がいいなと思った。
    {眠くなんかないんだからねっ!}
  • [A] ファッキンシットなオナニーアニメ。
    その個性の強さは2010年度のアニメでは随一か?個性が強すぎるだけに拒絶反応を示す人が多く出そうな大変にリスク のある内容。
    それでもアニメのカラーを最後まで失うことなく我が道を貫いたパンティ&ストッキング。
    そのスタッフのフリーダムな冒険心と遊び心には賞賛を送りたいですね。
    {よう来なさった!}
  • [A]{サボテンロボット}
  • [B] ひとことで言うとエロ&下品。
    だが、その突き抜け方がかえって清々しい。
    カートゥーン風のキャラクターデザインも作品にマッチしていたと思う。
    ラストが「To be continued」という投げっぱなしジャーマンな終わり方でなければ、もっと高い評価を付けたのですが……
    {「五月一番亭」超タトイ云}
  • [B] 劇薬みたいな作風なので、好きと嫌いがはっきり分かれそうなもんですが私はこんなのもありかなーってわりと気に入ってます。
    汚いものは汚い、気持ち良いことは気持ち良いと快活に表現するものがあってもいいんじゃないかと。
    若干ストレートすぎますがね (笑
    ただ、FUCKFUCKと文字が飛び交う作品がこのご時勢によくぞ東京で放送できたもんです。
    もうなんか相当ギリギリな気がします。
    続きはネクストシーズンなんて引きでしたけど、東京MXやってくれんのかな…
    {アニメ与太話}
  • [B] 今期一番の怪作。
    最初は私には合わないかもと思っていたのですが、観続けることによってキャラや毎週のパターンに慣れてくるし、参加スタッフから事前に予想できたようにスタッフの力量も確かでレベルも高いので、楽しんで観ることが出来ました。
    個人的には平松禎史氏と小林治氏の回が非常に楽しめました。
    {Orange Parfait}
  • [B] 最終回がポカーンでした。
    この実験アニメっぷりがガイナックスらしさなんですかね。
    ストッキングは可愛いかった、黒髪ロング萌え。
    天使ちゃんマジビッチ。
    {∈ (・ω・)∋日記}
  • [B] 清々しい下ネタが気持ちよかった。
    アメリカンと日本流の良い所をミックスしたセンスある構成に脱帽。
    {アニメは声優 Kirara}
  • [B] 全力でやりたいことをやりたい放題やりましたという作品。
    三大汚物を制覇とか二人のビッチぶりとか、放送の限界にチャレンジし続けたチャレンジャースピリッツを賞賛すべきかどうかはちょっと迷うが。
    「あたしらはいつだってマジよ」。
    「大マジにふざけてるの!」って答えがそのままスタッフの言いたいことなんだろうなぁ。
    {ぶろーくん・こんぱす}
  • [B]{木下クラブlog}
  • [B]{BLOG@NO/ON (避難所)}
  • [B]{月下之茶宴}
  • [B]{MB}
  • [C] いろんな意味で破天荒なアニメだった。
    面白い時とそうでないときの落差が激しかった。
    {本放送アニメ感想記}
  • [C] カートゥーン調でパロディ、場面固定、ミュージックビデオなども取り入れた変化球作品でバトルシーンも見ものですが内容は下品。
    「続く」で終わったのはマイナス要素。
    天地の狭間に迷えし子らより生まれし邪悪な精霊よ、聖なる処女の柔肌に纏いし衣の雷で、穢れも濁りも澱みもしこりも微塵に砕いて天地に還す、悔い改めよ!
    {ローリング廻し蹴り}
  • [C] 人を選ぶ作品で真面目に観ていなかったので。
    {頼逞byMETHIE}
  • [C] 熟考の末、Bに近いC、という結論に落ち着いた。
    好き嫌いで言えば、好きだし、この冒険心 (特にビジュアル)は評価したいものの、ラストのあの引きは、一体なんだったんだろう…いや、個人的には「アリ」だとは思うものの。
    トータルで性描写がビシバシ挿入されたが、それをダイレクトに見せずに「大人の」隠し味としてきちんと処理した演出が見事。
    {あんりみてっど・くっきんぐ・わーくす}
  • [C]{桜詩~SAKURAUTA~}
  • [D]{れぶろ}
  • [D]{マンガとアニメの感想録とか}
  • [E] 逆方向に印象深かったのが「パンティ&ストッキング」あぁガイナックスってこういうものを作って喜ぶ会社になったのか。
    と、がっかりした半面納得という感じもします。
    終わってるということが確定しました。
    質以前に内容が幼稚園児を相手にするかのようなネタてんこ盛りで、最も下品な形の下ネタを使ってます。
    周りには見るに堪えないという人間も結構いました。
    {Kazu'Sの戯言Blog(新館)}
  • [E] 結局ガイナックスは何がしたかったのか…
    実験失敗?
    {nintendonのブログ}
  • [F] どぎつい設定と演出とは裏腹な退屈さを禁じ得なかったので、4話で切り。
    {flower in my head}
  • [F] 一回目しか観ていません。
    絵が好きになれなかったので打ち切りました。
    {曳尾塗中}
  • [F]{藍麦のああなんだかなぁ}
  • [F]{サトシアキラの湾岸爆走日記 (自転車でね♪)改}
  • [F]{駄文垂れ流し}
  • [F]{進歩したい日記}
  • [F]{AniMaki}
  • [F]{生徒会の放課後 こーひーたいむ}
  • [F]{もっと最高の夢を~アニメ感想ブログ・新館~}

この記事へのトラックバック

  • トラックバックはありません。