お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! の評価詳細 [P20]

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! [基本情報]

  • [作品名] お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!
  • [公式] http://king-cr.jp/special/oniichan/
  • [制作] ZEXCS
  • [監督] 元永慶太郎
  • [販売] キングレコード

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! の評価

ランキング一覧
獲得ポイント(20)+17(10位/38作品)
視聴者平均(20)+0.3269(12位/37作品)
最終評価平均(20)+0.8444(13位/33作品)
視聴数(20)52(6位/39作品)
評価数(20)45(6位/39作品)
継続率(20)86.54%(12位/37作品)
見切り数(20)7(8位/39作品)
項目内訳[◆:25, ☆:5, o:1]
S+3とても良い2oo
A+2良い10☆☆
B+1まあ良い17☆☆☆oo
C0普通11☆☆o
D-1やや悪い5
E-2悪い0.
F-3見切り7☆oo
x.視聴なし13☆☆ooo
z.視聴不可0.

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! に対する評価、コメント
引用は各サイト管理者にお問い合わせ下さい

評価 / 投票・コメント
  • [S] 兄好きはキャラの絵が評価悪いですが、3話ぐらいから全く気にならなくなりました。
    あれはああいうデザインと割り切ってしまえば、全然気になりません。
    道中シモネタに近い内容も多かったですが、ギャグとしてはノリがよかったし、女性陣も可愛く表現できていたと思います。
    {キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記}
  • [S] 作品途上で原作を使い切りアニメオリジナル展開を相当数入れるという荒業を見せたにも関わらず作品の世界観を壊さずに突き進めたと言う怪作。
    ただのツンデレ妹作品と思わせて実は変態たちの変態たちによる変態たちのための作品だったと言う流れが非常に面白かったです。
    {「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋}
  • [A] 「兄の性態観察日記」が素敵すぐる。
    キタエリ最高。
    {ブリッジ歩行はもうできない}
  • [A] キャラデザ故なのか、皆病んでいる (疲れている)ように見えてなりません。
    {第27連合野}
  • [A] この作品も、マイナスを付けるほどの欠点はありません。
    原作をよく読んで、その上でアニメの文法に嵌め込んでいったアニメ化作品の見本のようなできばえです。
    もう少し上に評価しても良いのですが、やはり上に「まどか」がいる以上このあたりに収まります。
    {JUNのBLOG the 3rd trial}
  • [A] 今期のダークホースの名にふさわしい作品。
    飛びぬけた変態ネタが面白すぎるwww
    ただ、原作ストックが途中で尽きた為、ネタの使い回し、後半のオリジナル回がどうも…
    {遊乙日記GO NEXT}
  • [A] 病んだタイトルに負けない病んだハイテンションなギャグ。
    「ちょっと様子がおかしいわね」
    「お兄ちゃん、いつもあんな感じだよ?」
    「だからちょっとって言ってるでしょ!」
    「なんだ、いつものエロ本交換会か」
    「妹はおれと違ってエロいものに全然免疫がないんだ!」
    「あなたたちはいつものようにストーキングをしていてください」
    など、名言も数多く記憶に残っています。
    登場人物全員、目の下にクマのような線が入っている絵には、最後まで違和感がありました。
    {晒な日記}
  • [A]{桜詩~SAKURAUTA~}
  • [A]{れぶろ}
  • [A]{ぶろーくん・こんぱす}
  • [A]{流し斬りが完全に入ったのに}
  • [A]{ぬる~くまったりと}
  • [B] お兄ちゃん(略)は話の内容がアレだが、馬鹿話+エロ枠としては十分だろう。
    ただまぁ10話放送されなかったのと、そのせいか11話の登場人物(新キャラ)が意味不明なのと、最終話ではその新キャラも出番一瞬なのは残念。
    {お疲れモードmk2}
  • [B] タイトルがまずミスリードを誘うけど、ドタバタ系ギャグエロとしてはなかなかのテンションとテンポを維持した作品だった。
    しかしキャラデザがあまりにも原作に忠実だったために損をしてしまった印象が否めない。
    原作者的には痛し痒しかも……また、某10話はあまりにタイミングが悪すぎて、気の毒になるやら哀しくなるやら。
    かく言う自分も、該当シーンでは『どうしてこの時期にこのネタ・演出が来ちまうかな』と頭を抱えざるを得なかった……
    {サトシアキラの湾岸爆走日記 (自転車でね♪)改}
  • [B] よくもここまでド変態キャラばかり並べられますな…B級作品として面白い(笑)
    普通の作品なら活躍出来たであろう彩葉の影が薄くなってしまうのがどうにも(^^;
    {やっぱり「やまなこ」が大好き!}
  • [B] 下系、エロ系は不快感が出るようなものではいけないし、作品世界に入り込む必要からヒロインの演技力のさじ加減が難しいものだ。
    お兄ちゃん(ryでは喜多村英梨が押し付けがましくなく、引き気味でもなくと絶妙だった。
    スタッフの悪乗りによるカオスな回もあって全体的に見ていて飽きない作品だった。
    {アニメは声優 SP}
  • [B] 何が良かったか全く説明できない。
    もはや、洗脳アニメ。
    洗脳されないうちに回避していて助かった。
    今の自分は変態ではないですよね。
    一人で確認しても意味がない。
    だけど、周りに確認してもらうために、この作品を薦めることだけはしたくないくらいの黒歴史。
    {所詮、すべては戯言なんだよ}
  • [B] 最初は『俺妹』的な感じになるのかと思ったが、全然違って『そらのおとしもの』級の変態アニメだった (笑)
    10話が津波の影響で放送できなかったのが残念。
    {本放送アニメ感想記}
  • [B] 出てくる女キャラがみんなレベル高すぎるww
    声優さんの演技は良かったし、作画は気にならないかと言われれば気にはなりますけど、原作通りなので、個人的には許容範囲でしたし、序盤はテンポも良くて勢いあって、エロくてお馬鹿で実に良かったのですが、オリジナルの話になってからは、勢いやテンポが悪くなり、話の完成度自体も落ち、あの中途半端な最後だと、甘めに評価しても、どうしても評価はBかな…
    {ミルクレゥプのカルボナーラの逆襲2112 その時、納豆にネギも付いてほくほく}
  • [B] 凄まじいハイテンションエロコメ。
    教育的には良くなかったり、作画が良くなかったり (※作画が良いとギャグ具合が減ってしまう)したのでA評価は出来ないですが、個人的にはA評価作品のように楽しませてもらいました。
    エロコメとしての脚本も演出も良かったし、そして喜多村英梨女史を中心に、声優陣のアドリブや言い方が面白いという、ギャグアニメとしての1つの理想の形になっていたところも好印象。
    面白さのピークは1~2話で出オチ作品かと思われましたが、後半はキャラが立ってきたし、新たなネタ (新キャラ投入)も繰り出してきたしで、最後まで飽きることなく楽しめました。
    {Orange Parfait}
  • [B] 癖はあるもののテンポよく、笑えるギャグアニメでした。
    {空色きゃんでぃ}
  • [B] 放送されなかったとかはともかくあのアニメオリジナルキャラが要らなかった気がする。
    あの前後篇さえなければ少なくともAくらいは余裕で行ってたんだがなあ…。
    {進歩したい日記}
  • [B] 妄想妹の奈緒と、踊らされている兄の関係がハイテンションに描かれたエロコメ展開が楽しい。
    猫&鳥修正やキワドイ台詞も多いけれど、明るい作風なのでギャグになっているのが好印象です。
    ストーカー彩葉、BL委員長も良いキャラしていました。
    {ローリング廻し蹴り}
  • [B] 変態の日常を描いたアニメ?w
    全く期待していなかったんですが、面白かったですね。
    最後までブレずに突き抜けた潔い内容は、気持ちいくらいに爽快で、変態達の楽しい掛け合いもテンポがよく、最後まで飽きることなく楽しむ事ができました。
    {よう来なさった!}
  • [B]{木下クラブlog}
  • [B]{頼逞byMETHIE}
  • [B]{全部抱きしめて 全部つれてく}
  • [B]{PCとタイピングとアニメの旅人}
  • [B]{∈ (・ω・)∋日記}
  • [C] AG探検隊が意外に笑えて良かった。
    途中からこのアニメの本題がかなりどうでもよくなってきた。
    {ルルドルフ春眠日記}
  • [C] tvk視聴ゆえ10話もチェック済み。
    だが10~11話のあたりは意味不明もいいトコであった。
    ここ最近復権傾向が見られる「妹モノ」だが、前期の「俺の妹」「ヨスガノソラ」には遠く及ばぬレベル。
    キタエリちゃんに始まりキタエリちゃんに終わる、と結論づけたい。
    {K@Blog-更新のフリをした日記2}
  • [C] あの原作をよくここまで見れるアニメにできたものだと思う。
    {ダンツァ・マカブラ}
  • [C] いろいろ酷くて面白い作品でした (笑)
    これもありえない設定も「お話」として楽しめる人向け。
    ところで、放送なしになった回はどうするんでしょうね (^^;
    {SERA@らくblog}
  • [C] 頭のネジが弛んでいるとしか思えない女の子たちが、一人の男の子にそれぞれエロいアプローチで迫るという、ただそれだけのお話。
    何も考えずに見る分にはよし。
    {「五月一番亭」超タトイ云}
  • [C]{大人サブカルな日々~♪}
  • [C]{あらふぉーオヤジがラノベとかアニメとか適当に書き散らすチラ裏ブログ}
  • [C]{Kazu'Sの戯言blog(第二新館)}
  • [C]{星火燎原}
  • [C]{Mc-LINERS}
  • [C]{SnowMousse}
  • [D] おちんこはまぁ、終盤のgdgdがなければCでもよかったけど、可愛いようで可愛くないキャラに異常性癖ばっかりでさすがにきつかった。
    {アニオタとカープファンの湯}
  • [D]{アニメ与太話}
  • [D]{七色の虹と変化球}
  • [D]{アニメ・漫画記録}
  • [D]{ゴン太の毎日アニメ日和}
  • [F] エキセントリックなキャラクター造形が肌に合わなかった。
    {flower in my head}
  • [F] 変態なのはいいとして、ストーリーがいいかげんすぎてついていけません。
    また、キャラクターデザインはデフォルメしすぎていて、エロっぽくなく、この作品世界に合っていないと思います。
    {曳尾塗中}
  • [F]{あんりみてっど・くっきんぐ・わーくす}
  • [F]{駄文垂れ流し}
  • [F]{生徒会の放課後 こーひーたいむ}
  • [F]{MB}
  • [F]{月下之茶宴}

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/198735833
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

トラックバックはありません。