武装神姫 の評価詳細 [P27]

武装神姫 [基本情報]


武装神姫 の評価

ランキング一覧
獲得ポイント(27)+10(13位/34作品)
視聴者平均(27)+0.2500(17位/34作品)
最終評価平均(27)+0.9394(14位/32作品)
視聴数(27)40(3位/34作品)
評価数(27)33(7位/34作品)
継続率(27)82.50%(20位/30作品)
見切り数(27)7(6位/34作品)
項目内訳[◆:25, ☆:5, o:1]
S+3とても良い5
A+2良い2oo
B+1まあ良い13☆☆ooo
C0普通12☆☆oo
D-1やや悪い1o
E-2悪い0.
F-3見切り7☆oo
x.視聴なし15☆☆☆
z.視聴不可0.

武装神姫 に対する評価、コメント
引用は各サイト管理者にお問い合わせ下さい

評価 / 投票・コメント
  • [S] こういった小型ロボの作品は、戦闘がメインで、大会に勝ち進むのが目的だったりします。
    だけど、この神姫たちはあまり戦闘を好まず、ほのぼのと平和な日常を過ごしているのが個人的に高評価でした。
    話も一話で終わるものが多いので、見逃しても、途中から入っても安心。
    駆動部分が少し気になるが、神姫のボディにはエロさを感じましたwww
    {遊乙日記GO NEXT}
  • [S] 見ていて「エンジェリックレイヤー」を思い出しましたが、というよりは武装した「ひだまりスケッチ」かと思いました。
    各話いろんな話があって、工夫が感じられるっていうか単調にならずおもしろかったです。
    「ちょびっツ」を見た当時、ああこういうものができたら人間終わりだなと思ったのですが、時代は進化し、ちょびっツがPCなら武装神姫はスマートフォンかって感じで、あらためてこういうものができたら人間終わりだな(もうしあわせいっぱいという意味で)と思いました。
    EDアニメーションが好きです。
    特にアンが空を見上げるところがよいです。
    {第27連合野}
  • [S] 遂にアニメ化され、ちゃんとやまなこコンビも出演してくれました。
    ゲームと同じくバトルな内容も見たかった気もしつつ、日常物として楽しめました。
    {やっぱり「やまなこ」が大好き!}
  • [S] 萌えアニメの皮をかぶった非常に良質なコメディ。
    イッツアスモールワールド的な視点をベースに、あらゆる領域の古典的展開を網羅しようと意気込んでいた節があり、かなり意欲的な物語作りを実現していた。
    見てくれだけで食わず嫌いするのはとてももったいない名作。
    {ダンツァ・マカブラ}
  • [S]{かめラスカルのアニメ&趣味の戯言}
  • [A]{桜詩~SAKURAUTA~}
  • [A]{キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記}
  • [B] “武装”神姫というからにはさぞかし派手なバトルものになると思いきや、ふたを開けてみると、大好きなマスターのために頑張るミニマムメカ少女たちのほのぼの話がメインでちょっと拍子抜け。
    神姫たちの健気なラブラブっぷりが微笑ましかったので、これはこれで良し。
    {「五月一番亭」超タトイ云}
  • [B] おかしな世界観を開き直ってバカをやってるときは楽しかった。
    バトルシーンの作画が頑張っていただけに、戦いそのものにあんまり意味が生じなかったのは残念なところだと思う。
    {真実悪路}
  • [B] タイトルは武装だけれど戦闘よりも日常を描いた作品。
    小さな神姫目線はトムとジュリ―を思い出させる。
    {ぬる~くまったりと}
  • [B] ちっちゃくないよ。
    いや、ちっちゃいよ。
    「武装」とついてるけど、あまり戦わないほのぼのストーリー。
    意外と和んだ。
    ただし、声優さんが『ひだまりスケッチ』と丸かぶりなのはどうなの?放送枠つながってるし。
    {Negative Heart}
  • [B] またーり楽しめました。
    {頼逞byMETHIE}
  • [B] 可愛い神姫達を色々な角度から魅せた作品。
    予想外の展開や結末も多くメインの4人以外にも面白い神姫が多く楽しめました。
    見せ方の巧みな作品だと思いました。
    {往く先は風に訊け}
  • [B] 武装神姫なのに試合で戦わないとか、所有物なのに勝手に通販で購入するとか、あれだけ人型なのに球体関節だとかいろいろ突っ込みたい箇所はいっぱいあったけど、それらをすべて「武装神姫はかわいい」というキャラアニメにして押し通してしまった作品。
    ここまで開き直れば逆に面白く感じました。
    [B-評価]
    {JUNのBLOG the 3rd trial}
  • [B] 癒しアニメとしては2012年私的ベストだったかも。
    神姫目線での小さな冒険というコンセプトが良かった。
    1クールという尺を考えればマスターを蚊帳の外にしたのは大正解。
    {flower in my head}
  • [B]{トゥリンバロ}
  • [B]{「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋}
  • [B]{ひえんきゃく}
  • [B]{空 と 夏 の 間 ...}
  • [B]{PCとタイピングとアニメの旅人}
  • [C] この作品のポイントは、やはり「神姫」視点で描かれる形式だった事でしょう。
    人間の描写をなるべく排除した事で、他のアニメとは違った視点や世界を感じさせる内容になっていたと思います。
    他には、個人的にオープニング曲が爽快感もあって良かったです。
    反面、作画面では少し物足りなかったですね。
    特に、理人の作画は何だか妙だった印象です。
    シナリオ面でも、何故かアイネスメインの回がなかった事が引っ掛かりました。
    オープニングはアイネスのソロバージョンだったのに、本編ではアンがメインだったりとか……。
    また、戦闘シーンもあったりしましたが、戦闘ならもうちょっとガッツリしたものが見たかった気がします。
    やや中途半端になりがちだった印象もありました。
    {私の半分はアニメで出来ています。}
  • [C] タイトルとは裏腹にほのぼのしたまま波乱なく終わった印象
    {本放送アニメ感想記}
  • [C] なんというか、今時のツボを絶妙に外していた。
    まさしく可もなく不可もなく。
    {K@Blog-更新のフリをした日記2}
  • [C] 神姫たちとのハートフルな話を描いてる感じで悪くはなかったんですけれども、もうちょっと作品のどこかにインパクトが欲しかった。
    {アニオタとカープファンの湯}
  • [C] 名前とは裏腹に、バトルなんてほとんどしない単なる生き人形萌えアニメだった。
    {星火燎原}
  • [C] リアルタイムでなく、録画したものを後に数回に分けて連続してエピソードを見たりしているので、リアルタイムとはまた違う見え方だったのではないかと思いますが、メカ描写は面白いのに少女を模したホビーがそれをまとっているというのがマイナスポイントだったかもしれない。
    そのあたりの相反した要素のぶつかり具合から、評価も結果的にちょうど半分になったといったところである。
    {ろにくいごのサブカルブログ}
  • [C]{Kazu'Sの戯言blog(第二新館)}
  • [C]{木下クラブlog}
  • [C]{ゴン太の毎日アニメ日和}
  • [C]{ローリング廻し蹴り}
  • [C]{お疲れモードmk2}
  • [C]{れぶろ}
  • [D]{Mc-LINERS}
  • [F] 1か2話見てギブアップ。
    ひだまりがあるから尚更別にいいや感。
    {SnowMousse}
  • [F] マスターの顔が…全てでございます。
    あとやはり私は生身の女の子の方が好きです。
    たとえどんなに人間に近くても。
    {サトシアキラの湾岸爆走日記 (自転車でね♪)改}
  • [F]{~Fantasy Earth Blog~}
  • [F]{MBlog (エムブログ)}
  • [F]{ルルドルフ春眠日記}
  • [F]{しあわせ通信}
  • [F]{月下之茶宴}

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/316525286
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

  • トラックバックはありません。