BTOOOM! の評価詳細 [P27]

カテゴリ : 作品名 : は行

BTOOOM! [基本情報]

  • [作品名] BTOOOM! (ブトゥーム)
  • [公式] http://www.btooom.com/
  • [制作] マッドハウス
  • [監督] 渡邉こと乃
  • [販売] フライングドッグ

BTOOOM! (ブトゥーム) の評価

ランキング一覧
獲得ポイント(27)+14(10位/34作品)
視聴者平均(27)+0.3590(15位/34作品)
最終評価平均(27)+0.6389(18位/32作品)
視聴数(27)39(6位/34作品)
評価数(27)36(4位/34作品)
継続率(27)92.31%(11位/30作品)
見切り数(27)3(12位/34作品)
項目内訳[◆:25, ☆:5, o:1]
S+3とても良い1o
A+2良い4oooo
B+1まあ良い14☆☆oooo
C0普通15☆☆☆
D-1やや悪い2oo
E-2悪い0.
F-3見切り3ooo
x.視聴なし16☆☆☆o
z.視聴不可0.

BTOOOM! (ブトゥーム) に対する評価、コメント
引用は各サイト管理者にお問い合わせ下さい

評価 / 投票・コメント
  • [S] OP曲がよいですね。
    何度も聞いてしまいます。
    「ソードアート・オンライン」が現実世界から仮想世界へならば、こちらは仮想世界から現実世界へっていう感じですね。
    ソードアート・オンラインは今どきだなぁと思ったのですが、こちらのほうがぼくの時代にはあっている気がします。
    主人公はあの状況下で、もっと嫌な奴というか嫌な思考をするのではないかと思ったのですが、最後まで良い奴で、王道だなぁと思いました。
    できれば続きが見たいですね。
    高橋名人もよかったです。
    {第27連合野}
  • [A] 予期せぬ面白い作品でした。
    続編があればぜひ見てみたいですね。
    {空 と 夏 の 間 ...}
  • [A]{桜詩~SAKURAUTA~}
  • [A]{れぶろ}
  • [A]{PCとタイピングとアニメの旅人}
  • [B] いわゆる「シリアスなギャグ」要素のあるアクションとして、アクを適度に抜きつつも着地点においては爽やかにビルドゥングスロマンの香りすら加えられていた。
    これは事前の期待値を上回った作品。
    {BLOG@NO/ON (避難所)}
  • [B] よくある強制バトルロワイヤルもの。
    とりあえず展開が気になる程度にはよくできてた。
    表のゲーム会社が堂々と企画としてやってるという設定は驚きだが、そこは割とどうでもいい要素なので、気にしない。
    {星火燎原}
  • [B] 俺たちの戦いはこれからだエンド。
    ながらかなり面白かった。
    爆弾を使用しての駆け引きとか、是非とも2期をやってほしい。
    {ルルドルフ春眠日記}
  • [B] 凄惨なデスゲーム。
    グロは苦手だと思いつつ、毎回食い入るように見ていました。
    {晒な日記}
  • [B] 良くも悪くも原作に忠実で手堅い作りだったと思う。
    原作ストックがオケラになった上、月刊連載なので、仮に二期があるとしても数年先の話になるだろう。
    ジュンヤーが声の出演しなかったのだけが心残りではある (ぇー
    {ダンツァ・マカブラ}
  • [B] ボンバーマンなサバイバルゲームという大前提は面白かったのだけども、キャラクターがどうしても馴染めなかったのでマイナス。
    {ろにくいごのサブカルブログ}
  • [B]{木下クラブlog}
  • [B]{~Fantasy Earth Blog~}
  • [B]{アニメ・ラノベ満喫ライフ}
  • [B]{tea_cupの日記}
  • [B]{かめラスカルのアニメ&趣味の戯言}
  • [B]{Mc-LINERS}
  • [B]{流蒼のページ}
  • [B]{Orange Parfait オレンジパフェ}
  • [C] B級作品を地で行くストーリーで、面白くなれそうな要素もあったと思います。
    魅力のあるキャラクターがいないのが残念。
    {アニオタとカープファンの湯}
  • [C] ストーリーを途中で終わらせないでもらいたいですね(汗)
    バトル自体は面白かったです。
    {キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記}
  • [C] リアルボンバーマンという残酷なルールの下、熾烈な頭脳戦が繰り広げられる…と思ったら意外にザルで拍子抜けした。
    特に爆弾の効果範囲がいい加減でちょっと萎える…が、そこそこ迫力はあったのは意外。
    ただし終わり方が中途半端で、俺たちの斗いはこれからだ過ぎるのはいかがなもんかと…。
    ヒロインと打ち解けるという、まとめの一つはクリアされたのでそこらへんは良かった。
    {サトシアキラの湾岸爆走日記 (自転車でね♪)改}
  • [C] 主役の声優さんが違っていたら、評価が変わっていたかも。
    それから、何も高橋名人をそのまま使わなくても…。
    {Negative Heart}
  • [C] 週刊時代の原作を知っていたが、巻き気味な展開でありながら『俺たちの戦いはこれからだ』ENDなのと、メイン2人の叫び声が残念だった。
    {本放送アニメ感想記}
  • [C] 聖人すぎる主人公の造形は引っ掛かったが、デスゲームの緊張感は生々しく表現されていたかと。
    平のおっさんのヒロインぶりと哀れな顛末が頭から離れない。
    {flower in my head}
  • [C] 対戦型オンラインゲームのプレイヤーたちが、いきなりゲームとほぼ同じルールでリアルの殺し合い。
    と、いう内容はいいのですが、原作が連載途中だからか、結局プロローグで終わっているという印象。
    問題が何も解決していないのでもどかしさだけが残った。
    {「五月一番亭」超タトイ云}
  • [C] 面白かったけど終わり方が中途半端すぎw
    {空色きゃんでぃ}
  • [C]{Kazu'Sの戯言blog(第二新館)}
  • [C]{駄文垂れ流し}
  • [C]{頼逞byMETHIE}
  • [C]{ローリング廻し蹴り}
  • [C]{お疲れモードmk2}
  • [C]{曳尾塗中}
  • [C]{ぬる~くまったりと}
  • [D] ゲームの世界を現実で再現するって設定は面白いけど、話の内容はステレオタイプな感じ。
    高橋名人が声優してたのが (割と出番あり)、印象に残ったくらい。
    最後が中途半端すぎる。
    {しあわせ通信}
  • [D] 今期の作品中、世界観を受け入れ難かった作品の一つ。
    ほかに観る番組がなかったから惰性で見ていただけ。
    {「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋}
  • [F] 放送時間をいつも忘れていたので止めました。
    ネット配信を確認する気も起こらず。
    視聴習慣が無い時間に放送されても、無理にでも「見よう」って気になりませんなあ。
    {やっぱり「やまなこ」が大好き!}
  • [F]{MBlog (エムブログ)}
  • [F]{真実悪路}

この記事へのトラックバック

  • トラックバックはありません。