猫物語 (黒) の評価詳細 [P27]

猫物語 (黒) [基本情報]


関連


(特番) 猫物語 (黒) の評価

ランキング一覧
獲得ポイント(27)+67(1位/34作品)
視聴者平均(27)+1.8611(1位/34作品)
最終評価平均(27)+1.8611(1位/32作品)
視聴数(27)36(9位/34作品)
評価数(27)36(4位/34作品)
継続率(27)100.00%(-位/30作品)
見切り数(27)0(26位/34作品)
項目内訳[◆:25, ☆:5, o:1]
S+3とても良い7☆oo
A+2良い19☆☆☆oooo
B+1まあ良い8☆ooo
C0普通2oo
D-1やや悪い0.
E-2悪い0.
F-3見切り0.
x.視聴なし18☆☆☆ooo
z.視聴不可1o

(特番) 猫物語 (黒) に対する評価、コメント
引用は各サイト管理者にお問い合わせ下さい

評価 / 投票・コメント
  • [S] これまでのシリーズ(特に「化物語」)で見た画というかカットが多く見られた気がして、だから比較的制作が楽だったにちがいないとか思ってしまったのですが、きっとそんなこともないんでしょうね。
    これからのTVシリーズも劇場版も楽しみで仕方がありません。
    {第27連合野}
  • [S] ほっちゃんを含め、声優陣達の見事な熱演に引き込まれましたなあ…。
    今までの締めとして、今後の序章として次のシリーズ展開が楽しみになるばかり。
    {やっぱり「やまなこ」が大好き!}
  • [S] 久しぶりに物語シリーズを見るとおもしろい!
    今回はひたぎクラブの前のお話っていうことで、暦とバサ姉の絆の強さを知る上で重要なエピソードだったように感じました。
    これを見ちゃうと、真のヒロインは羽川翼だと思えてしまいますよ。
    これは、ひたぎクラブを見直してガハラ成分を補充せねばw
    それにしても、一気に放送しすぎ!
    見る分にはこれで良かったのですが、感想を書くとなるとけっこうきつかったですw
    ただでさえ、物語シリーズは内容が重厚なので拾う量が多杉内w
    {明善的な見方}
  • [S] 特異で圧倒的でした。
    {Kazu'Sの戯言blog(第二新館)}
  • [S] 評価しにくい面もあるのですが、概ね原作通りの展開でそれまでの化物語テイストな作風で期待通りの出来上がりでしたのでS評価です。
    いずれ、物語シリーズをテレビ展開するとの事なので本放送が今からたのしみです。
    {「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋}
  • [S]{アニメ・ラノベ満喫ライフ}
  • [S]{JUNのBLOG the 3rd trial}
  • [A] クオリティ面は安心のシャフトクオリティ。
    主人公の暦を始めとしたキャラの掛け合いも相変わらず面白く、キャラの魅力を引き出した声優さんの演技も素晴らしかったです。
    難点を上げれば、これまで登場したメインキャラの一部が登場しなかった点。
    時間軸の関係上で仕方がないとはいえ、やはり寂しかったです。
    逆に、時間軸の関係で登場したメメの存在の大きさを実感しましたが。
    さらに、翼のいた環境や彼女自身の性格、犯行動機も賛否両論ありそう。
    私は翼に対して否定的な、どちらかといえばメメ寄りの立場上、少々嫌な気持ちになる部分もありました。
    {私の半分はアニメで出来ています。}
  • [A] このおっぱいをヒロインから外すなんてとんでもない、と思わせる良おっぱいアニメ。
    キャラクターの掛け合いの楽しさを阻害しない演出は盤石の安定感なので新シリーズも大丈夫だなと思わせる仕上がり。
    {真実悪路}
  • [A] さすがに安定してますね。
    羽川さん押しなので個人的には結構おもしろかったです。
    {どっかの大学生の読書&ロッテ日記}
  • [A] シャフト臭全開
    {ルルドルフ春眠日記}
  • [A] 安定の (ry
    まぁ、それでもなんと言おうと西尾作品は確実に原作読んだ方が楽しめます。
    正確に言うと、文字で読んだ方が楽しめると言うべきか。
    {SnowMousse}
  • [A] 化本編の前日譚だったのね。
    若干ホラー寄りというかコゼット臭が強かったが、安定の出来。
    {ダンツァ・マカブラ}
  • [A] 新房昭之を中心にしたシャフト作品は基本的に好きなので、この評価。
    でも、好き嫌いありますよね。
    {Negative Heart}
  • [A] 西尾維新「物語シリーズ」のアニメ最新作。
    ED曲が流れる直前のBGMがものすごく素晴らしかった上に、最後「アノ曲」に繋がってく感じで終わるところが鳥肌モノ。
    さすが神前暁!って感じでした。
    そこの印象がインパクトありすぎて、内容はあんまり覚えてません (笑)
    {しあわせ通信}
  • [A] 羽川さん可愛すぎ。
    切ないお話がよかったです。
    {空色きゃんでぃ}
  • [A]{~Fantasy Earth Blog~}
  • [A]{桜詩~SAKURAUTA~}
  • [A]{MBlog (エムブログ)}
  • [A]{駄文垂れ流し}
  • [A]{tea_cupの日記}
  • [A]{曳尾塗中}
  • [A]{ひえんきゃく}
  • [A]{空 と 夏 の 間 ...}
  • [A]{こいさんの放送中アニメの感想}
  • [A]{ぬる~くまったりと}
  • [B] なんかつばさキャットとかぶるような。
    結局羽川はなんか言いたいことがあると、そのたんびに化け猫になるのか。
    {ねこまくら}
  • [B] まあ安定した作り…ではあったのかな。
    『つばさキャット』を観た後だからこそ、羽川さんの色々な苦悩というか報われなさそうな感じがグッと…。
    しかし正直に申し上げて、その後の物語シリーズアニメ展開の方が衝撃的だった…。
    そして遠のく傷物語…。
    このエピソードが原点なのだから、まずこれを先に作っておいた方が良かったような気がしないでもない…。
    時系列を崩すのは悪くないと思うが、それはその崩した効果があってこそだと思っているので…。
    原作はまず先に『化』があったのだから仕方が無いが、『化』が製作されている時点で『傷』もあったのだから、せめて『化』のすぐ次に『傷』をやっておいて欲しかった…。
    {サトシアキラの湾岸爆走日記 (自転車でね♪)改}
  • [B] 序盤の月火や火憐のシーンが長かった感はあるがひと映画見ているような感覚だった。
    それにしても枠の関係とはいえ1シー ンでCMに変わるとか笑った。
    {本放送アニメ感想記}
  • [B]{木下クラブlog}
  • [B]{ローリング廻し蹴り}
  • [B]{キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記}
  • [B]{Mc-LINERS}
  • [B]{「五月一番亭」超タトイ云}
  • [C]{ゴン太の毎日アニメ日和}
  • [C]{れぶろ}
  • [x] BS11で見れたけど、すっかり忘れていました。
    {あや⌒Y⌒RoGu☆彡}

この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

  • トラックバックはありません。