ROBOTICS;NOTES ロボティクス・ノーツ の評価詳細 [P28]

ROBOTICS;NOTES ロボティクス・ノーツ [基本情報]

  • [作品名] ROBOTICS;NOTES ロボティクス・ノーツ
  • [公式] http://www.roboticsnotes.tv/
  • [制作] Production I.G
  • [監督] 野村和也
  • [販売] アニプレックス

ROBOTICS;NOTES ロボティクス・ノーツ の評価

ランキング一覧
獲得ポイント(28)-14(46位/55作品)
視聴者平均(28)-0.3889(39位/55作品)
最終評価平均(28)+0.0323(44位/51作品)
視聴数(28)36(12位/57作品)
評価数(28)31(13位/57作品)
継続率(28)86.11%(23位/54作品)
見切り数(28)5(19位/57作品)
項目内訳[◆:25, ☆:5, o:1]
S+3とても良い0.
A+2良い1o
B+1まあ良い7☆oo
C0普通15☆☆☆
D-1やや悪い8☆ooo
E-2悪い0.
F-3見切り5
x.視聴なし16☆☆☆o
z.視聴不可0.

ROBOTICS;NOTES ロボティクス・ノーツ に対する評価、コメント
引用は各サイト管理者にお問い合わせ下さい

評価 / 投票・コメント
  • [A] アニメ単体での評価だとBですが、原作プレイし尽くしたので補正付き評価でAにしました。
    当然アニメはかなり端折られているわけですが、その分キャラの魅力が増大。
    原作はその逆っていう、両方あってやはりはじめて完成する感じですね。
    まあ、シュタゲが原作もアニメもかな?り良かったので、それと比べられてしまうかわいそうな作品なのかも知れません。
    自分もやっぱりシュタゲクオリティをどっかで期待してしまってましたしw
    {NEO煩悩-アニメ本店-}
  • [B] いかにしてロボットアニメになったという話、
    {頼逞byMETHIE}
  • [B] 基本的に、この○○科学シリーズ特有の、『少年少女達がいつのまにか世界を揺るがす大きな陰謀に巻き込まれてしまっていた』感がきちんと描かれては居たが、22話という話数のペース配分が少々おぼつかなかった印象……シュタゲもそうだが、後半で盛り上げようという意図は分かるんだが、もう少し最初の方から話を温めてもよかったんではないかと……それでもロボノの方は割と序盤から楽しめたとは思うが。
    また、原作既プレイ組からの主人公へのダメ出しが、アニメ版ではあまりみられなかったのは良改変だったと思う。
    {サトシアキラの湾岸爆走日記 (自転車でね♪)改}
  • [B] 近未来の種子島で、高校のロボット研究部を中心に展開する科学アドベンチャー。
    5pb.とニトロプラスの「科学アドベンチャーシリーズ」の前2作『CHAOS;HEAD』・『STEINS;GATE』がよかったので、3作目の今作では期待が大きくなってしまったのがいけなかったか。
    太陽嵐やエレファントマウス症候群など興味を引く話題が出つつも、あまり盛り上がらないままに終わってしまった感じ。
    {Negative Heart}
  • [B] 原作のゲームだともっと見ごたえがあるのかな?いろんなルートを端折って繋げた感じで駆け足展開は否めなかったですが、少年少女のジュブナイルものという爽やかさ、友情や淡い恋という甘酸っぱい雰囲気がよかったです。
    {空色きゃんでぃ}
  • [B]{れぶろ}
  • [B]{流蒼のページ}
  • [B]{MBlog (エムブログ)}
  • [C] シュタゲからロボノというハードルは相当高かったんだろうから、どうにかこねくり回して別の土俵で盛り上げようとして盛り上げきらなかった…とかそんな感じ。
    ハマったキャラが居なかったのとロボ推しの割に結末がショボかったのがアレかなぁ。
    {SnowMousse}
  • [C] シュタゲと同レベルを期待していたが、期待外れだった。
    {星火燎原}
  • [C] 期待していたのだけど、なんというか長すぎて本題始まるまでにダレてしまった。
    {お疲れモードmk2}
  • [C] 原作もいまいちだからアニメもいまいちになった?
    {ルルドルフ春眠日記}
  • [C] 途中 (16話くらい)まではゲームでプレイ済み。
    情報量の多い作品ってのは、アニメにはあんまり向かない気が…
    内容を自分なりに咀嚼する間もなく次の展開が始まっちゃうんだよね。
    やっぱりゲームの方が合ってると思った。
    {しあわせ通信}
  • [C] 謎の展開は良かったが、回収に失敗して終わった残念な作品だった。
    {ぬる~くまったりと}
  • [C]{Kazu'Sの戯言blog(第二新館)}
  • [C]{~Fantasy Earth Blog~}
  • [C]{アニオタとカープファンの湯}
  • [C]{ひえんきゃく}
  • [C]{かめラスカルのアニメ&趣味の戯言}
  • [C]{月下之茶宴}
  • [C]{PCとタイピングとアニメの旅人}
  • [C]{トゥリンバロ}
  • [C]{K@Blog-更新のフリをした日記2}
  • [D] ただただ残念なアニメでした。
    話の進み方に無理を感じる物語で、結末はハッピーエンドでしたが無理やり感がある分陳腐でしたね。
    やはりBADエンドとともにゲームとして楽しみたいですね。
    ただキャラクターは魅力的でした。
    {ぽんこつによる『たわごと日記』}
  • [D] 近未来とロボをテーマとした作品。
    一部「シュタインズ・ゲート」と設定を共有しているようですが、そちらとはまた印象の違った作品でした。
    これまでのロボット作品とは違う、手作り感のようなものが前面に押し出されていたのは新鮮。
    しかし、シナリオ面では如何せん、少しエンジンがかかるのが遅過ぎた印象がありました。
    キャラに関しては、海翔がやや冷めた性格であったため、感情移入しにくく。
    友情や絆といった描写が少ないため、海翔達の連帯感も希薄。
    特に、昴に関しては父親との確執の理由など、説明不足が目立った気がします。
    さらに、ロボットモノとしては定番である熱血要素や派手さもなく、盛り上がりが不足気味。
    総じて、どうにも方向性が不明瞭で、要領や見所が掴めない作品だったという印象でした。
    {私の半分はアニメで出来ています。}
  • [D]{向かう場所は何処だろう}
  • [D]{駄文垂れ流し}
  • [D]{ローリング廻し蹴り}
  • [D]{flower in my head}
  • [D]{Mc-LINERS}
  • [D]{空 と 夏 の 間 ...}
  • [F] 前半のゆったり展開で見続ける気がなくなりました。
    見続けたら面白かったのかも。
    木曜深夜はフジとTBSで裏番組が重なりますし、たまに両方とも選べなくなりますなあ。
    {やっぱり「やまなこ」が大好き!}
  • [F] なにに期待して見ればいいのかよくわかりませんでした。
    {ねこまくら}
  • [F]{BLOG@NO/ON (避難所)}
  • [F]{キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記}
  • [F]{真実悪路}
  • [x] ほんとは視聴継続したかったが時間の制約でやむなく切った作品。
    {ダンツァ・マカブラ}

この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

  • トラックバックはありません。