革命機ヴァルヴレイヴ の評価詳細 [P29]

革命機ヴァルヴレイヴ [基本情報]

  • [作品名] 革命機ヴァルヴレイヴ
  • [公式] http://www.valvrave.com/
  • [制作] サンライズ
  • [監督] 松尾衛
  • [販売] アニプレックス

関連 : 革命機ヴァルヴレイヴ 2ndシーズン の評価詳細


革命機ヴァルヴレイヴ の評価

ランキング一覧
獲得ポイント(29)-13(21位/33作品)
視聴者平均(29)-0.2766(18位/33作品)
最終評価平均(29)+0.2000(22位/32作品)
視聴数(29)47(4位/33作品)
評価数(29)40(6位/33作品)
継続率(29)85.11%(14位/32作品)
見切り数(29)7(13位/33作品)
項目内訳[◆:25, ☆:5, o:1]
S+3とても良い2oo
A+2良い4oooo
B+1まあ良い11☆☆o
C0普通10☆☆
D-1やや悪い9☆oooo
E-2悪い4oooo
F-3見切り7☆oo
x.視聴なし13☆☆ooo
z.視聴不可0.

革命機ヴァルヴレイヴ に対する評価、コメント
引用は各サイト管理者にお問い合わせ下さい

評価 / 投票・コメント
  • [S] 最初から分割2クールと分かっていたので、前半の展開として面白かったです。
    ほっちゃんの癒しと、各ロボが段々と増えて行く流れが良かったですな。
    {やっぱり「やまなこ」が大好き!}
  • [S]{流蒼のページ}
  • [A] サンライズのロボットと期待していたものの、ギャグが多すぎたのがちょっと残念だったと思いました。
    ロボットの所はとてもかっこよかったんですが…
    秋からの後半に期待します。
    {あや⌒Y⌒RoGu☆彡}
  • [A] タイトル通り、ロボアニメに革命をもたらした異色作と化けましたね。
    脚本のむちゃくちゃぶりにはネットで賛否両論がありましたが、斬新さから見れば惡の華同様に素晴らしかったです。
    しかも本作は二期が秋に放送されることが確定している分、期待を兼ねてA評価に。
    また各キャラの心理描写がよく表れていて、特にハルト・ショーコ・サキの三つ巴が泥沼に描かれ、まさかのショーコ演説シーンとの並行してハルトのサキへの性描写にかかるところは鳥肌ものでした。
    この斬新なキャラ描写は二期も注目したいところです。
    {ぽんこつによる『たわごと日記』}
  • [A] ラストとんでもないところで終わらせてきたので分割2期が楽しみです。
    {木下クラブlog}
  • [A] ストーリーの超展開といい、ロボットものとして普通に面白かった。
    {ルルドルフ春眠日記}
  • [B] これは作品の問題というより、寧ろ作品の外側の問題なのですが「遺影でイエーイ」などネットでネタにする方向に疑問点が、また作品のテーマが人外になってどう生きるかというテーマすら理解していないのではないかという感じすらある、ただこれを突き詰めると「視聴者はバカ」議論になるのでここらへんでやめておく。
    {頼逞byMETHIE}
  • [B] なんかガンダムっぽいなあと思ったら (特にSEEDあたり)、サンライズ作品ってことで納得。
    もうこれガンダム○○でいいんぢゃ (笑)
    分割2クールってことですが、ちゃんと区切りはつけて欲しい。
    終わり方が中途半端すぎるんだよなあ。
    これなら最初っから2クールでやればいいのに。
    {しあわせ通信}
  • [B] ビビパンの記録をあっさり更新した最低脚本賞VVV、それゆえ目が離せなかった。
    {アニメガネ}
  • [B] 宇宙間の政争の間で孤立し、自立を余儀なくされたある学校の学生たちの群像劇。
    分割2クールのため、話半分でまだ謎が多い。
    ロボットものと吸血鬼が合体。
    丁寧に作られているし、少し新しさは感じる。
    2クール目を観ないとなんとも。
    {Negative Heart}
  • [B] 大河内さんが脚本してきた中では、おもしろい部類に入るんじゃないでしょうか?
    核心部分をまだ放送していないけどw
    個人的には、おもちゃ箱のおもちゃらしいアニメだと思いますよ^^
    {明善的な見方}
  • [B] 評価の別れる作品だと感じつつ、高評価。
    もちろん、いろいろツッコミどころはあったよ?
    <信じられないほど、たくさん!
    でも、割と設定厨なトコロがあるオレなのです。
    なんだかんだで (ツッコみながらも)楽しめたからなぁ…。
    これは、ハードなSFの外面をしているのがイカンのですよ。
    『サイエンス・フィクション』じゃなく、『スペースファンタジー』と考えれば良いんだと気づいたのさw
    {オレが面白いと思っているアニメやマンガは、本当に面白いのか?}
  • [B]{ローリング廻し蹴り}
  • [B]{始終に終始}
  • [B]{Mc-LINERS}
  • [B]{PCとタイピングとアニメの旅人}
  • [B]{SnowMousse}
  • [B]{Orange Parfait オレンジパフェ}
  • [C] あれもこれもと要素を取り込んでいるが、却って落ち着かない印象。
    色々と腑に落ちない展開もあったことだし…
    {サトシアキラの湾岸爆走日記 (自転車でね♪)改}
  • [C] ショッキングな描写で転がすパターンに後半に行くにしたがって慣れてきた。
    {flower in my head}
  • [C] 脚本が明らかに狙って笑わせに来てるし、真面目に見るのはアホらしい類の作品だと、視聴者は二話で気付くべきである。
    ギャグアニメとして割り切って見ればそれなりに質の高いアニメだと思う。
    {ダンツァ・マカブラ}
  • [C] 分割2クールにするなら、せめて大雑把にでも全体像を把握できるところで切ってほしかった。
    学園漂流ものなのに群像劇としての掘り下げも甘い。
    {星火燎原}
  • [C] 鳴り物入りで始まった割には普通、というのが率直な感想。
    最終1話に全部詰め込んだ感がある。
    分割2クールと思われる後半戦に期待。
    {K@Blog-更新のフリをした日記2}
  • [C] 面白いと言うか、斬新的な終わり方はヴァルヴレイヴだと思う。
    分割2期なので、謎を撒き散らかして終わった。
    もう何も回収せず、謎で期待させる手法が画期的。
    {ぬる~くまったりと}
  • [C]{誤・真夜中日記ミッドナイトモノローグ}
  • [C]{Kazu'Sの戯言blog(第二新館)}
  • [C]{お疲れモードmk2}
  • [C]{日影補完計画}
  • [D] 意味のないジェットコースター展開は高度なギャグかと思う部分もあるが、やはり作品としては単に纏まりがなくて空中分解しているだけかと。
    {本放送アニメ感想記}
  • [D] 本当は”E”を付けたいけれども、映像のクオリティや音楽は好きだから…
    {~Fantasy Earth Blog~}
  • [D] 幼稚園児でももっとマシな話考えるんじゃね?
    そんな錯覚を覚えてしまうレベルだった。
    {向かう場所は何処だろう}
  • [D]{アニヲタ、ゲーヲタの徒然草 (仮)}
  • [D]{駄文垂れ流し}
  • [D]{曳尾塗中}
  • [D]{アニオタとカープファンの湯}
  • [D]{刹那的虹色世界}
  • [D]{月下之茶宴}
  • [E] オリジナルで期待された「革命機ヴァルヴレイヴ」は… 2期での挽回に期待しましょうかね (^^;
    {空 と 夏 の 間 ...}
  • [E] ロボ物かと思いきやネタ作品でした。
    放送前の持ち上げっぷりからダメな予感がしていたのですが、実際は予想の斜め下を行くツッコミどころ満載の作品。
    戦闘シーンもそんなに動かないし、サンライズの作ったロボット物とは思えないほど。
    {ひえんきゃく}
  • [E] 売れる要素を片っ端から乗せてみたというだけの出来損ない。
    {真実悪路}
  • [E]{悠遊自適}
  • [F] 最後2話位詰んだので見切り作品。
    なんというか「これじゃない」感が爆発してしまい最後まで見れませんでした。
    まぁ事前に思っていた作品と違っただけで面白いかどうかは是非ご視聴してご判断下さい。
    {往く先は風に訊け}
  • [F]{桜詩~SAKURAUTA~}
  • [F]{三行書付}
  • [F]{BLOG@NO/ON (避難所)}
  • [F]{くろくろDictionary}
  • [F]{日記…かも}
  • [F]{wendyの旅路}

この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

  • トラックバックはありません。