日常系アニメ、第10話のふしぎ

カテゴリ : 日記

最終更新 : 2015/11/29

突然ですが、 みなさんは、以下の 3作品の第10話の共通点が分かるでしょうか?

  • ゆゆ式
    「楽しいから」
  • きんいろモザイク
    「すてきな五にんぐみ」
  • 恋愛ラボ
    「よりぬき生徒会 (撮り下ろし)」

日常系アニメ、第10話はオムニバス回?

答えは、いずれもバラバラのエピソードを並べた 「オムニバス回」だった、 ということです。


これは、ただの偶然でしょうか?


それとも、1クール日常系アニメの構成上、 何かしらの法則があるのでしょうか?

参考に、ゆゆ式ときんいろモザイクのスタッフインタビューを引用します。
(恋愛ラボは見つけられませんでした。情報求む。)


ゆゆ式

6人が一緒になる第9話のラストは実際一つのクライマックスとしても 描いています。
なので監督からの提案もあって、 次の第10話は小休止として時系列を気にせずに、 これまでのテーマごとにまとめていた回には入れられなかった、 短い脈絡のないお話を集めた番外編にしたんです。

(シリーズ構成・高橋ナツコインタビュー : AniFavより引用)


きんいろモザイク

――第10話は少し特殊な構成の回でしたよね。

綾奈:一番思い切った回です。 これまでの回は4コマを季節やテーマごとにまとめて、 なるべくエピソードが繋がりやすいように気を使いながら 振り分けていたんですね。
でも、そこからどうしても漏れてしまう、 でもどうしてもやりたいエピソードというのがたくさんあって、 「なら、まとめてやってしまおう!」 とオムニバス形式にしました。

(シリーズ構成・綾奈ゆにこインタビュー : AniFavより引用)


文中、敬称略


2つのインタビューを読むと、 日常系アニメを構成するときの、 法則のようなものが見える気がします。

インタビューの共通点

  • 各話の時系列やテーマを大事にしている
  • それによって、漏れてしまうエピソードがある
  • でも、どこかにそれを入れたい

オムニバス回は、なぜ第10話?

では、なぜオムニバス回が第10話なのでしょう?


これはただの推測ですが、
1クール作品は、12話、13話の場合が多くなります。
最終話に向けたまとめ直前の10話は、 番外編のような小休止を入れやすいからではないでしょうか?


参考

インタビュー記事引用元

  • 総力特集! アニメ『ゆゆ式』(3)――シリーズ構成・高橋ナツコ インタビュー (後編) - AniFav

    「普通のアニメでは当たり前のことが『ゆゆ式』では当たり前じゃない」(後編)

  • アニメ『きんいろモザイク』シリーズ構成・綾奈ゆにこインタビュー (中編) - AniFav

    「百合というより、姉妹とか家族に近い関係」(中編)

  • AniFav

    日本最大級を目指すアニメポータル「AniFav」


2015/1/17追記 : anifav終了のため、全てリンク切れです。


2015/11/29追記 : ゆゆ式の記事は、Blu-ray BOX に再録されたようです。
以下、ツイートの引用。


2015/12/26追記 : 一部のブラウザで、ツイートが表示されないことがあったので、 リンクを追加しておきます。
(ツイートが表示されている方には、重複表記になります)


関連


ページ情報

  • ブログ名 : アニメ調査室(仮)
  • 記事名 : 日常系アニメ、第10話のふしぎ
  • アドレス : http://anime-research.seesaa.net/article/376042192.html

はてなブックマーク - 日常系アニメ、第10話のふしぎ B! はてなブックマーク | | ページ先頭△


posted by quasiquail at 20:21コメント (0)トラックバック (0)日記

この記事へのコメント

  • コメントはありません。

この記事へのトラックバック

  • トラックバックはありません。