面白いから続編、とは限らない (26) '14/6月終了分

最終更新 : 2014/8/23

シリーズ作品の評価比較、その26。
今回は、2014年 6月終了分。


最近は、シーズン制などと称して、 期間をあけて放送する作品が増えています。
この記事では、シリーズ作品の評価の移り変わりを比較します。


  • 疑問 :

    シリーズもののアニメの評価ってどうなのよ?

  • 結論 :

    シリーズ作品は、前作のファンだけが見つづけるので、 全体的に継続率は上昇するみたい。
    でも、評価が前作を上回るのは、難しいようだね。


...と、ここまで、毎度おなじみのコピペ


今回の対象作品

  1. 霧くまs
  2. 金色のコルダ Blue Sky
  3. GJ部@
  4. 史上最強の弟子ケンイチ 闇の襲撃
  5. ソウルイーターノット!
  6. デート・ア・ライブII
  7. となりの関くん (ネット配信分14-21話)
  8. ぷちます!! プチプチ・アイドルマスター
  9. 蟲師 続章
  10. ラブライブ! 2nd Season

(並びは、五十音順)


概要

寸評

今回、上昇作品は、8作品でした。

対象作品は、10作品です。(前回23作品)

以下、全10作品の内訳。


平均以上 : 8作品

すべて 1点以上、3作品

  • [上昇]
    蟲師 続章
    ラブライブ! 2nd Season
  • [下降]
    霧くまs

すべて平均値以上、2作品

  • [上昇]
    ソウルイーターノット!
    となりの関くん (ネット配信分14-21話)

今回は平均値以上、3作品

  • [上昇]
    GJ部@
    史上最強の弟子ケンイチ 闇の襲撃
    ぷちます!! プチプチ・アイドルマスター

.

平均以下 : 2作品

今回は平均値以下、4作品

  • [上昇]
    金色のコルダ Blue Sky

すべて平均値以下、1作品

  • [下降]
    デート・ア・ライブII


.

: 上昇/下降は、前作との比較


以下、作品別詳細


シリーズ作品の評価比較

作品名のリンクをクリックすると、 各作品に対する評価とコメントを見られます。

各数値は、2014/8/16時点のものです。
[全作品の評価平均値 : +0.7741 / 継続率 : 79.18%]


[↓down] 蒼き鋼のアルペジオ



スピンオフの60秒CMのため、比較にあまり意味はない。


[↑up] 金色のコルダ



Blue Skyは、前作までとは別モノ。
評価は、やや上がったが、平均以下。


[↑up] GJ部


  • GJ部

    平均評価:+0.6250

    視聴数:24 / 評価数:16
    継続率:66.67%


  • GJ部@ (特番)

    平均評価:+1.0769

    視聴数:13 / 評価数:13
    継続率:-



評価は、平均以上に上昇。
特番のため、継続率の数値なし。


[↑up] 史上最強の弟子 ケンイチ



OVA版のTV初放送。
継続率は、やや上昇、 評価は平均以上に。


[↑up] ソウルイーター



評価は、1点台に上昇。
継続率は、放送期間が異なるため、 単純に比較はできない。
(1年 と 3ヶ月)


[↓down] デート・ア・ライブ



評価は、マイナスに低下。
継続率は、大幅上昇。


[↑up] となりの関くん



評価は、1点台に上昇。
後半のネット配信分は、1週間見放題のため、 継続率は単純に比較できない。


[↑up] ぷちます!



2期の平均評価は、評価数が少ないため、参考程度に。
継続率は低下。


[↑up] 蟲師


  • 蟲師

    (☆) 平均評価:+1.6431

    視聴数:13 / 評価数:12
    継続率:92.31%


  • 蟲師 特別篇 (特番)

    平均評価:+1.5714

    視聴数:14 / 評価数:14
    継続率:-


  • 蟲師 続章

    平均評価:+1.7600

    視聴数:27 / 評価数:25
    継続率:92.59%



1作目は、2006年の調査。
続編まで 8年のブランクがあるが、評価は高いまま推移。


[↑up] ラブライブ!



評価、継続率ともに上昇。



<表の見方>

視聴数、評価数について

調査ごとに参加数が異なるため、視聴数、評価数は、 単純比較できません。
ご注意下さい。


  • 作品の並びは、五十音順。
  • 平均評価の数値は、表3:最終評価平均の数値を使用。
    (最後まで見た人の平均評価)
  • 各数値は、2014/8/16現在のもの。
  • リストの記号について
    • 評価上昇 : [↑up]
    • 評価下降 : [↓down]
    • 修正評価 : (☆)
    • 参考値 : (参)
    • マイナス点 : △ -0.0000
    評価の上昇、下降は、直前のシリーズとの比較
  • 全作品の評価平均値 : +0.7741 (好評、不評の目安)

修正評価 : (☆) について

評価平均の前に、(☆)がついている作品は、旧調査の対象作品です。
評価方法が、現在の調査と異なりますが、 比較できるように、数値を修正しています。
そのため、結果発表とは数値が異なります。


参考値 : (参) について

評価平均の前に、(参)がついている作品は、参考値です。
本調査では、評価数が 3未満の作品を参考値としています。

参考値の作品は、シリーズの比較をしていません。
参考値でない場合でも、評価数が少ない作品は、 数値の誤差が大きくなるのでご注意下さい。


関連

過去の記事は、以下の索引からご覧ください。


この記事へのコメント

  • コメントはありません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404203860
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

  • トラックバックはありません。