アルドノア・ゼロ の評価詳細 [P34]

アルドノア・ゼロ [基本情報]

  • [作品名] アルドノア・ゼロ
  • [公式] http://www.aldnoahzero.com/
  • [制作] A-1 Pictures + TROYCA
  • [監督] あおきえい
  • [販売] アニプレックス

関連 : アルドノア・ゼロ 第2期 の評価詳細


アルドノア・ゼロ の評価

ランキング一覧
獲得ポイント(34)+59(2位/54作品)
視聴者平均(34)+1.2826(7位/52作品)
最終評価平均(34)+1.4773(6位/51作品)
視聴数(34)46(2位/54作品)
評価数(34)44(1位/54作品)
継続率(34)95.65%(7位/49作品)
見切り数(34)2(31位/54作品)
項目内訳[◆:25, ☆:5, o:1]
S+3とても良い6☆o
A+2良い19☆☆☆oooo
B+1まあ良い11☆☆o
C0普通6☆o
D-1やや悪い2oo
E-2悪い0.
F-3見切り2oo
x.視聴なし14☆☆oooo
z.視聴不可0.

アルドノア・ゼロ に対する評価、コメント
引用は各サイト管理者にお問い合わせ下さい

評価 / 投票・コメント
  • [S] 主人公の伊奈帆くんは感情の起伏がないために何を考えているのか分かりにくく、対照的にスレインは喜怒哀楽が分かり易くそして不憫ポジションであり私はスレインに加担して視聴していましたが…まさか最終話でorz いえいえ、2期でもきっと彼は楽しませてくれる筈と期待しています。
    {マンガに恋する女の ゆるゆるライフ}
  • [S] 先の読めない展開に、最初から最後まで惹きつけられた。かなり期待して見始めたけど、その期待を上回る出来映えに満足。キャラデザイン&音楽 (OP/ED/劇伴)も良かったなあ。分割二期だけど、それなりにキリのいいところで終わったのも◎。 (できれば2クールで一気に放送して欲しかった…)
    {しあわせ通信}
  • [S] 続編に期待が高まる作品。バッドエンドをどう改編してくるのか? 激しく気になるので。ループなのか、平行宇宙なのかそれとも? それ以外では精密な作画とか背景とか。それに脚本の丁寧さかな? 製作意図が製作スタッフの間でちゃんと共有されている気持ちよさが感じられましたので余計にそう思ったのかも。
    {「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋}
  • [S] 量産型で敵のスーパーロボットを倒す、アイデア満載のバトルが見応え満点!かと言ってあんまり連発してもマンネリでしょうし、丁度良い匙加減がなかなか。
    {やっぱり「やまなこ」が大好き!}
  • [S] 始まりが平和で理由もしっかりと分かっているロボアニメって珍しいなとふと思いました。衝撃の最終回で1月からの2期が楽しみです。
    {あや⌒Y⌒RoGu☆彡}
  • [S]{それすらも、おなざりな日々}
  • [A] 「キルラキル」と同じ澤野弘之さんの音楽が本当にいいですね。戦闘シーンでの挿入歌が本当に興奮する曲です。物語に関しては1月からの続編に期待になりますが、期待するという意味も込めて評価は高めに。ただ、2クールで一気にしてほしかった、という気持ちは強いですね。二期でどのような結末となるのか楽しみですね。
    {ぐ~たらにっき}
  • [A] リアル系量産機でスーパーロボットを倒そうというコンセプトが好き。細かい部分に粗が散見されたのが惜しい。
    {クロ助のなんかよくわかんないブログ}
  • [A] 久しぶりの当たりロボットアニメでした^^ 機体性能に頼らず、戦術で戦っていくのはギアス以来で、そこが上手く描かれていたので面白かったです。ただ、途中から王道に入ったなぁ~っていう感じは否めませんね。ここから、また再浮上するにはちょっと労力が必要かも?
    {明善的な見方}
  • [A] 最終回の引きがまさに虚淵玄。来年1月から始まる2期が気になりすぎて、スタッフの思惑に物の見事に乗せられてしまった。
    {乗合自転車の雑記帳}
  • [A] 主にストーリー原案の人のせいで、登場人物がいつ酷い目にあうのか毎回ハラハラしながら見ていました。そして最後に (やっぱり) やってくれたよ! 負け戦の中での逃避行なのでストーリーに緊張感があり、敵メカも毎回違う種類の攻撃をしかけてくるので飽きることなく最後まで観ることができました。
    {「五月一番亭」超タトイ云}
  • [A] 毎回緊迫感があってハラハラドキドキさせる展開が上手。画面から目が離せませんでした。
    {空色きゃんでぃ}
  • [A] オリジナルはやっぱりがまとまっていていいですね。
    {kei☆の独り言;Blog}
  • [A]{アニメガネ}
  • [A]{ニコパクブログ7号館}
  • [A]{木下クラブlog}
  • [A]{Wisp-Blog}
  • [A]{駄文垂れ流し}
  • [A]{曳尾塗中}
  • [A]{深・翠蛇の沼}
  • [A]{ひえんきゃく}
  • [A]{日影補完計画}
  • [A]{悠遊自適}
  • [A]{ぬる~くまったりと}
  • [A]{wendyの旅路}
  • [B] 火星で発見された古代のテクノロジー、地球出身のヴァース帝国人、ヴァースの姫を暗殺しようとする勢力など、なかなか凝った設定。王道っぽく作られていて、大作感がある。1クールの最終回で主要人物が倒れてしまったので、2クール目でどうなるのかが気になるところ。
    {Negative Heart}
  • [B] 金髪の王女は3度死ぬ。
    {K@Blog-更新のフリをした日記2}
  • [B] 主人公が練習機でオーバーテクノロジーな敵をバッタバッタと倒していく爽快感と、一方でサブ主人公が酷い目に遭い続ける鬱屈感のギャップが素晴らしい。サブ主人公の方にばかり焦点を当てて、主人公の掘り下げが全くなかったために、あの能力と性格がどうして得られたものなのか分からなかったのが残念。続編ありきっぽいので続編に期待。
    {星火燎原}
  • [B] 序盤で感じた期待感が逆に足枷に。
    {かて日記-あにめな生活-}
  • [B] 無表情な主人公と敵側の内紛が相まって予想の付かない展開に。分割2クールでこういうジェットコースター展開すると却って心配にはなるのだが。
    {本放送アニメ感想記}
  • [B]{ローリング廻し蹴り}
  • [B]{くろくろDictionary}
  • [B]{Mc-LINERS}
  • [B]{@kanshin_huaiyin}
  • [B]{@edgeworthbox}
  • [B]{月下之茶宴}
  • [C] 火星人が捻りのない阿呆であるのと、さすおにに匹敵するほどの主人公無双はちょっといかがなものかと思った。次作で改善されていれば良いなぁ。
    {ダンツァ・マカブラ}
  • [C] 作品の軸はどこだ…!?メカを見せたいのか人の絡みを見せたいのか世界観をみせたいのかなんなのか。結局主要人物がどんどん死んで続きは2期へ。音楽は良かったけどあの締め方はちょっと不満。全ては2期次第なところですが締めに納得いかないので評価は低めになりました。
    {往く先は風に訊け}
  • [C] 序盤の三話までは盲信に近い状態まで行ったけど、その後がなんかちょっと期待と違っていたというか…色々と舌足らずな気がする。軌道騎士が常に単独で乗り込んでくるところとか…説明があったかもしれないが忘れた。
    {サトシアキラの湾岸爆走日記 (自転車でね♪)改}
  • [C]{flower in my head}
  • [C]{@shitanishi}
  • [C]{頼逞byMETHIE}
  • [D]{~Fantasy Earth Blog~}
  • [D]{ほねっこアニメ部屋}
  • [F]{ルルドルフ春眠日記}
  • [F]{BLOG@NO/ON (避難所)}

この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

  • トラックバックはありません。