ソードアート・オンラインII の評価詳細 [P35]

ソードアート・オンラインII [基本情報]

  • [作品名] ソードアート・オンラインII (2期)
  • [公式] http://www.swordart-online.net/
  • [制作] A-1 Pictures
  • [監督] 伊藤智彦
  • [販売] アニプレックス

関連


ソードアート・オンラインII の評価

ランキング一覧
獲得ポイント(35)+47(3位/36作品)
視聴者平均(35)+1.0682(5位/36作品)
最終評価平均(35)+1.1628(8位/36作品)
視聴数(35)44(4位/36作品)
評価数(35)43(3位/36作品)
継続率(35)97.73%(3位/35作品)
見切り数(35)1(29位/36作品)
項目内訳[◆:25, ☆:5, o:1]
S+3とても良い1o
A+2良い15☆☆☆
B+1まあ良い18☆☆☆ooo
C0普通8☆ooo
D-1やや悪い1o
E-2悪い0.
F-3見切り1o
x.視聴なし14☆☆oooo
z.視聴不可0.

ソードアート・オンラインII に対する評価、コメント
引用は各サイト管理者にお問い合わせ下さい

評価 / 投票・コメント
  • [S] 最後のユウキの話は泣けました。しかし、結城明日奈、ユウキ、悠木碧。みんなユウキでややこしいよ (笑)今期は結城友奈もいましたからね。
    {ニコパクブログ7号館}
  • [A] スピード感あるGGOという新たなるフィールドでの戦いがとても見ていて爽快でした。後半はALOでの話になりますが、まだまだ終わらないようなので、続きが気になりますね。
    {キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記}
  • [A] ファントム・バレット編:実はキリトががんばってトラウマを乗り越える話。あと、キリトは天然たらしのジェダイ騎士ということも分かりました。
    キャリバー編:みんなでファンタジーゲーム楽しもうぜ回。ドンマイクライン。
    マザーズ・ロザリオ編:やっぱり正ヒロインはアスナだよね、と思っていたら後半の展開が思いのほかヘビー。ラストは不覚にも泣かされました。
    {「五月一番亭」超タトイ云}
  • [A] ファントム・バレット編だけかと思っていたら、2クールでキャリバーとマザーズ・ロザリオ編も描かれたので最終回は泣きましたねぇ。やっぱりマザーズ・ロザリオ編はよい。アリシゼーションは今後どうするんだろうなぁ。
    {ぐ~たらにっき}
  • [A] 安定の今期ベスト作品。
    {K@Blog-更新のフリをした日記2}
  • [A] 原作小説をそのままアニメ化すればこのようになるという作品の見本ですね。第1期と違って話の展開を省略したとか展開がつたないと感じた部分もなくなり、見ていて楽しめました。[A+評価]
    {JUNのBLOG the 3rd trial}
  • [A] 別のネトゲを舞台にすることで雰囲気がガラッと変わり、(物語を続ける上で) 便利な仕組み作ったなあ、と感心した前半。難しいテーマを真正面から描いた後半。前半B、後半S、間を取ってA評価って感じの今作。後半だけなら、今期ナンバーワン作品はこれ。
    {しあわせ通信}
  • [A]{桜詩~SAKURAUTA~}
  • [A]{ゴン太の毎日アニメ日和}
  • [A]{乗合自転車の雑記帳}
  • [A]{ローリング廻し蹴り}
  • [A]{日影補完計画}
  • [A]{空 と 夏 の 間 ...}
  • [A]{刹那的虹色世界}
  • [A]{「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋}
  • [A]{木下クラブlog}
  • [B] 3つエピソードあったと思うが、もっとバランス良く尺振っても良かったのでは? GGOは1クール丸々使う程の話でも無かったと思うし。イイハナシダナーだったラストのエピソードにもっと尺割くとか。…ゆうても2つ目のエピソードはあっても無くてもいいような気もするが。
    {悠遊自適}
  • [B] いろいろとあるけど、後半のマザロザ編は素直にいい話だなと思える。
    {ルルドルフ春眠日記}
  • [B] ファントム・バレット編では、すぐに主人公を狙う「死銃」の正体がわかってしまい、魅力が半減してしまった。マザーズ・ロザリオ編は重い内容だったけど、その割には爽やかに観られたか。しかし、主人公キリトさんの無双化・万能化が目立つ。
    {Negative Heart}
  • [B] マザーズ・ロザリオの面白さだけならもっと上。
    {グラタンのパズル日記}
  • [B] マザーズ・ロザリオ編よかった。けど挿話のエクスキャリバーなんちゃらで著しく視聴モチベが低下したので総合評価はB。
    {かて日記-あにめな生活}
  • [B] 安定の作画と音楽。今回は大きなエピソードを1つと短編2つの構成。短編はSAOのゲームとしての側面を強く実感。キャラもお話も違った魅力が見れました。
    {往く先は風に訊け}
  • [B] 詰め込み過ぎの最終回で見どころ台無しとか勿体ないお化け出るわ。
    {三行書付}
  • [B] 前半は面白いのか面白くないのか微妙な…最後のマザーズロザリオ編は見事でしたが。フルダイブシステムが医療に転用されるのは当然でしょうし、お約束ながら新たな魅せ方がなかなか。
    {やっぱり「やまなこ」が大好き!}
  • [B] 今期は、《GGO編》《キャリバー編》《マザーズロザリオ編》を収録。GGO編は、キリトの強さと弱さを描く為だったんでしょうけれど、ナヨナヨした部分がちょっと長かったように感じました。キリトの人間味を出すには必要不可欠なシリアスでしたが、行き過ぎて残念な結果に。キャリバーは、まさしくRPGって感じで楽しめました^^マザロザは、期待通りに感動的な仕上がりになっていて、ここだけでも2期をやった甲斐がありましたね!とりあえず、GGOでもマザロザでもフラグ立てはしていたので、3期は有ってもおかしくはないです^^
    {明善的な見方}
  • [B]{クロ助のなんかよくわかんないブログ}
  • [B]{アニメだけが救い}
  • [B]{曳尾塗中}
  • [B]{深・翠蛇の沼}
  • [B]{ぬる~くまったりと}
  • [B]{マンガに恋する女の ゆるゆるライフ}
  • [B]{@edgeworthbox}
  • [B]{kei☆の独り言;Blog}
  • [B]{空色きゃんでぃ}
  • [C] GGO編はD、キャリバー編はB~C、ロザリオ編がA。リアルとバーチャルの区別はちゃんとつけませう。それができてる話ほど評価は高い。
    {アニメガネ}
  • [C] ファントム・バレット編はまあともかくとして、マザーズ・ロザリオ編は悠木碧の演技もあって特に良かった。キリトはもうメインを張らないほうが良いのだろう…
    {本放送アニメ感想記}
  • [C] やるなら末期患者のエピソードだけでいいのに、あまりにも蛇足が多すぎる。
    {星火燎原}
  • [C] 萌えアニメとしてだけならS評価でも良いですが、全体的な評価はやや低いです。
    {ちょっと寄ってって}
  • [C]{flower in my head}
  • [C]{Mc-LINERS}
  • [C]{ネオ・ムーンライト 2ndシーズン}
  • [C]{つれづれ}
  • [D]{@kanshin_huaiyin}
  • [F] 何というか……この作品はとにかくアインクラッド編の『ゲームであって遊びではない』『ゲーム内で死んだらリアルでも死』以上の緊張感が、視聴している自分の身に乗ってこなかったというのが最大の理由か。
    {サトシアキラの湾岸爆走日記 (自転車でね♪)改}

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413329739
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

  • トラックバックはありません。