寄生獣 セイの格率 の評価詳細 [P36]

カテゴリ : 作品名 : か行

寄生獣 セイの格率 [基本情報]


寄生獣 セイの格率 の評価

ランキング一覧
獲得ポイント(36)+37(4位/60作品)
視聴者平均(36)+1.0571(6位/55作品)
最終評価平均(36)+1.4375(6位/52作品)
視聴数(36)35(15位/62作品)
評価数(36)32(8位/62作品)
継続率(36)91.43%(11位/55作品)
見切り数(36)3(28位/62作品)
項目内訳[◆:25, ☆:5, o:1]
S+3とても良い4oooo
A+2良い13☆☆ooo
B+1まあ良い8☆ooo
C0普通7☆oo
D-1やや悪い0.
E-2悪い0.
F-3見切り3ooo
x.視聴なし22☆☆☆☆oo
z.視聴不可0.

寄生獣 セイの格率 に対する評価、コメント
引用は各サイト管理者にお問い合わせ下さい

評価 / 投票・コメント
  • [S] 1980年代に連載が開始された作品とあって、現代風にアレンジされてはいるが、肝になる部分は変わっていないようで、上手に作られた印象。ミギー役の平野綾も良かったし、ミギーの効果音にボイス・パーカッションのRinkaを起用したのも面白い。原作がしっかりしているからだろうが、話の筋もいいし、文句なし。家々の玄関風景が続く平和なEDが印象的。
    {Negative Heart}
  • [S] 傑作の原作から生まれた、必然の良作。現代風アレンジも悪くなかった。BGMだけ異様に単調だったのは未だに謎。
    {アニメガネ}
  • [S]{それすらも、おなざりな日々}
  • [S]{kei☆の独り言;Blog}
  • [A] おおむね原作通りのストーリーで満足。
    {悠遊自適}
  • [A] 一風変わったバディもの。ミギーの声を平野綾が担当するという話が出た時は様々な意見が噴出したものだが、終わってみれば平野綾のミギーが実に はまっていたと思わされる。
    {乗合自転車の雑記帳}
  • [A] 原作を読んだのは随分前だから、新鮮な気持ちで見ることができた。話が進むにつれ、主人公の顔つきが変わっていくサマがいいね!
    {しあわせ通信}
  • [A] 原作未読からすると十分面白く、特に文句の付けどころのない良作だった。ただ原作からの改悪点も多かったようでそう考えると少し勿体なかったなとも感じた。放映前不安視されていたミギー役の平野綾だったが、始まってみれば非常に合っていて、一体どのような声を想像していたんだろうと思ってしまうほど。(原作については近々読む予定です)
    {チラシの裏(仮)}
  • [A] 自分が知る中で最も地味で怖いラスボス戦。
    {グラタンのパズル日記}
  • [A] 肉体はひとつでも精神は別という新一とミギーの奇妙なパートナーシップが、環境を破壊する人間のエゴうんぬんといった大上段なものではなく、いたってパーソナルな視点でヒトとパラサイトの未来を示唆させるドラマが力強かった。村野との表の関係性に隠されたミギーとの友情という、新一がはらむ二面性の陰影が印象深い。下世話なギャグやコメディに頼ることのない古風なたたずまいも魅力。
    {flower in my head}
  • [A] 平野綾のミギーがすごくよかった。
    {ルルドルフ春眠日記}
  • [A]{クロ助のなんかよくわかんないブログ}
  • [A]{曳尾塗中}
  • [A]{@HappyMans}
  • [A]{@menti}
  • [A]{@shitanishi}
  • [A]{日影補完計画}
  • [B] かなり面白かったんだけれど、後半が割りとアッサリだった印象。
    {~Fantasy Earth Blog~}
  • [B] キャラデザ出た時に酷いとか思ってごめんなさい。でも、浦上は結局最初のキャラデザから原作の画に寄せてきてた。ストーリーはほぼ原作に忠実だった。
    {星火燎原}
  • [B] 全体的に良かったんですが、眼鏡が。外しても誰にも気にされない眼鏡が!
    {ちょっと寄ってって}
  • [B]{アニメだけが救い}
  • [B]{ローリング廻し蹴り}
  • [B]{ひえんきゃく}
  • [B]{ぬる~くまったりと}
  • [B]{@edgeworthbox}
  • [C] 原作は知らないので何がどう変えてあるのかさっぱりですけども、全体的には楽しめたかな。ただ、中だるみはちょっとあったかなぁ、とも思いますね。
    {ぐ~たらにっき}
  • [C] 原作は未読なので、新規アニメ作品として見られたから違和感のような物は特に無く。淡々と進むパニックと、人外だからこそ、人の外側からの視点で「人間」が描かれてましたな。
    {やっぱり「やまなこ」が大好き!}
  • [C] 作画密度はもう3割増しでオナシャス
    {三行書付}
  • [C] 名作の原作も料理人の腕が並だと並の作品にしかならない典型。話の切り方もBGMの使い方も疑問符だらけ。
    {本放送アニメ感想記}
  • [C]{マンガに恋する女の ゆるゆるライフ}
  • [C]{陸前始末剞}
  • [C]{ほねっこアニメ部屋}
  • [F]{サトシアキラの湾岸爆走日記 (自転車でね♪)改}
  • [F]{BLOG@NO/ON (避難所)}
  • [F]{空 と 夏 の 間 ...}

この記事へのトラックバック

  • トラックバックはありません。