アイドルマスター シンデレラガールズ の評価詳細 [P36]

カテゴリ : 作品名 : あ行

アイドルマスター シンデレラガールズ [基本情報]

  • [作品名] アイドルマスター シンデレラガールズ (TV3作目)
  • [公式] http://imas-cinderella.com/
  • [制作] A-1 Pictures
  • [監督] 高雄統子
  • [販売] アニプレックス

関連


アイドルマスターシンデレラガールズ の評価

ランキング一覧
獲得ポイント(36)+34(5位/60作品)
視聴者平均(36)+0.9444(7位/55作品)
最終評価平均(36)+1.3030(10位/52作品)
視聴数(36)36(12位/62作品)
評価数(36)33(7位/62作品)
継続率(36)91.67%(9位/55作品)
見切り数(36)3(28位/62作品)
項目内訳[◆:25, ☆:5, o:1]
S+3とても良い4oooo
A+2良い12☆☆oo
B+1まあ良い9☆oooo
C0普通7☆oo
D-1やや悪い0.
E-2悪い1o
F-3見切り3ooo
x.視聴なし21☆☆☆☆o
z.視聴不可0.

アイドルマスターシンデレラガールズ に対する評価、コメント
引用は各サイト管理者にお問い合わせ下さい

評価 / 投票・コメント
  • [S] これは文句なし、最高に楽しめた。どの回を思い返してもハズレ回なんて見当たらないし、一話一話の出来がまず良かった。ユニットごとのエピソードが順々に繰り広げられていって、第9話で杏可愛いなぁと思ったのが一週間後にはきらり可愛いなぁに変わったり浮気の激しい作品でした (汗) 最後にこれだけは言っておきたいのだけど、OP『Star!!』終わりの方「運命のドア開けよう~」の場面の卯月が好きです。
    {くろくろDictionary}
  • [S] ファン補正が入ってるからあまり当てにならないとして。個人的には第8話が視られてだけでも「S」なものでして…。
    {~Fantasy Earth Blog~}
  • [S] 個人的に今期のナンバーワン作品。前作アニメ版アイマスのノウハウや資産が注ぎ込まれているとはいえど、これほどの完成度を見せつけられるとは思わなかった。かゆいところに手が届く緻密な演出、ファンサービス。これだけやってくれたらコアなファンでも文句の付けようがないだろうし、新規ユーザー開拓にもかなり貢献しているはず。若手声優 (まだ17才!) の武内駿輔をプロデューサー役に抜擢するという大胆なキャスティングも見事にはまっていた。
    {乗合自転車の雑記帳}
  • [S]{空 と 夏 の 間 ...}
  • [A] アイドルとPのシンデレラ物語最高だった。
    {グラタンのパズル日記}
  • [A] いい感じにストレスを溜めた後に心地良いカタルシスをもたらしてくれます。各々思い描くシンデレラ像が掴めたところで、御城で開催されるパーティーの下地作りは準備万端。夏からの2期に期待ですね。
    {かて日記-あにめな生活-}
  • [A] このアニメ見てると、やはりPとか提督とかは可視化するべきだと痛感する。逃げずによく描いていた。作り手としての矜持を感じる。
    {ダンツァ・マカブラ}
  • [A] シンデレラプロジェクトのアイドルたちがみんないい子すぎて、見ていて本当に心が癒されました。ストーリーはシンデレラプロジェクトの序章という風で、プロジェクト内で起きたもめごとも控えめに押さえられていたように感じられました。第2期はもっと波乱万丈な物語になるのでしょうか。今から楽しみです。
    {「五月一番亭」超タトイ云}
  • [A] プロデューサーが寡黙で不器用と言う点でかなり好感。アイドル達も個性豊かで、その中で起こる挫折や成功。アイドル物と言うのはある意味王道的な話でも有るので面白いのかも。
    {ネオ・ムーンライト 2ndシーズン}
  • [A] プロデューサーの存在感が凄いです。正直言って、アイドルよりも目立ってました。
    {ニコパクブログ7号館}
  • [A] 基本的にはキャラアニメだけど、未央が矢さぐれた回は2度と見ないであろうw
    {ゴン太の毎日アニメ日和}
  • [A] 作画が微妙ながら、新人アイドル達の頑張る姿になかなか萌えられましたな。どのユニットも歌と組み合わせが良かったですし、7月になってしまった後半も期待大。
    {やっぱり「やまなこ」が大好き!}
  • [A] 時計の針、すり減った靴、選ばれることの意味。アイドルアニメである前に、正しくこれはシンデレラストーリー。メインだけで十人以上いるのに、脚本の捌き方も上手かった。
    {アニメガネ}
  • [A]{@edgeworthbox}
  • [A]{@HappyMans}
  • [A]{@shitanishi}
  • [B] キャッチーな記号性を逆手にとったキャラクターの陰影のつけ方が上手くて、なかでも神崎蘭子の第8話とアスタリスクの第11話は珠玉だった。第13話のような作画リソースの傾斜配分にスタッフの心意気が伝わってくるところもよかった。本田未央のエピソードで頂点に達したニュージェネレーションズのフロントヘビーな印象は最後まで変わらなかったが、そこは分割2クール目での帳尻合わせを期待したい。
    {flower in my head}
  • [B] 最初は名前を覚えるのがつらかったですが (笑) 視聴しているとどの子も魅力ある女の子ばかりだったのですぐに世界に溶け込めました。この作品は前回のアイマスを知らなくても入りやすいと思います。プロデューサーも個性的で面白かったです。
    {キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記}
  • [B] 若干どうかと思うとこあり。キャラ多くも愛着もてたし2期に期待したい。
    {悠遊自適}
  • [B] 序盤の展開がすごくリアルに感じられ、見ているこっちまで緊張感が伝わってきた。登場するアイドルが多い割には、1クールの中でそれなりに人物紹介できてたように思う。しかも見せ方にメリハリがあって上手い。この辺りは前作で培われたのかな。
    {しあわせ通信}
  • [B]{クロ助のなんかよくわかんないブログ}
  • [B]{サトシアキラの湾岸爆走日記 (自転車でね♪)改}
  • [B]{ローリング廻し蹴り}
  • [B]{つれづれ}
  • [B]{日影補完計画}
  • [C] 前のアイドルマスターを碌に見ていないので比較できないが、アイドルのシンデレラ・ストーリーというよりプロデューサーの成長話に感じた。
    {本放送アニメ感想記}
  • [C] 前作と比べると良いところが見当たらない。資金も潤沢なはずなのに、2回の特番に分割2クールと制作現場の遅れが酷すぎる。3ヶ月後でも作画が不安で仕方がない。また静止画と口を写さない動画削減となるのかと不安。ある意味、監督の出身会社、京アニとGAINAXの違いかもしれない。静と動、メリハリの付け方、勢いなどが大きく異なったアニマスとデレマス。少年ハリウッドの最終回を見習って欲しい。
    {ぬる~くまったりと}
  • [C] 前半部分に安易な理由で脱落するキャラが不愉快で観る気が萎えた。改めて、成長物語でのシリアス展開はさじ加減が難しいものだなと思う。
    {Negative Heart}
  • [C] 伏線も丁寧であったし出来は悪くなかったと感じたが、ストーリーに引っ掛かる点が多く、またライブシーンも魅力に欠けたのは痛かった。後期への期待も込めてこの評価で。
    {チラシの裏(仮)}
  • [C]{星火燎原}
  • [C]{ひえんきゃく}
  • [C]{月下之茶宴}
  • [E]{陸前始末剞}
  • [F] 時間が空きすぎて2話で切る…
    {あや⌒Y⌒RoGu☆彡}
  • [F]{桜詩~SAKURAUTA~}
  • [F]{刹那的虹色世界}

この記事へのトラックバック

  • トラックバックはありません。