2015年07月12日

響け! ユーフォニアム の評価詳細 [P37]

響け! ユーフォニアム [基本情報]

  • [作品名] 響け! ユーフォニアム
  • [公式] http://anime-eupho.com/
  • [制作] 京都アニメーション
  • [監督] 石原立也
  • [販売] ポニーキャニオン

関連 : 響け! ユーフォニアム2 の評価詳細


響け! ユーフォニアム の評価

ランキング一覧
獲得ポイント(37)+86(1位/39作品)
視聴者平均(37)+1.9111(2位/39作品)
最終評価平均(37)+2.2619(1位/36作品)
視聴数(37)45(1位/41作品)
評価数(37)42(1位/41作品)
継続率(37)93.33%(15位/39作品)
見切り数(37)3(20位/41作品)
項目内訳[◆:25, ☆:5, o:1]
S+3とても良い21☆☆☆☆o
A+2良い13☆☆ooo
B+1まあ良い6☆o
C0普通2oo
D-1やや悪い0.
E-2悪い0.
F-3見切り3ooo
x.視聴なし9☆oooo
z.視聴不可0.

響け! ユーフォニアム に対する評価、コメント
引用は各サイト管理者にお問い合わせ下さい

評価 / 投票・コメント
  • [S] アニメ評価アンケートに参加して1年くらいになりますけど、Sを出したのは今回が初めてですね。ユーフォニアムはそれくらい面白い作品でした。キャラ、ストーリー、音楽、アニメーション技術など全てのレベルが高く久々に大満足のアニメと出会えました。
    {クロ助のなんかよくわかんないブログ}
  • [S] さすが京アニです。非の打ち所がありません。それと、EDの「舞い上がる高揚感♪」のところ好きです。
    {ニコパクブログ7号館}
  • [S] シリアス多めで大人も描いていたのは評価できる。金管、木管楽器をたくさん描いた作画は素晴らしい。
    {ぬる〜くまったりと}
  • [S] 去年の3年生に追い出されてわずかに残った現2年生。その心理描写が好きでした。後輩に優しい中川夏紀。去年苦労した中世古香織を気遣う吉川優子。そして部を二分するかもしれない再オーディションで悪者を一人も出さず終えた演出は最高に素晴らしかったです。原作はまだまだ続いているようなので続編期待します!
    {ネオ・ムーンライト 2ndシーズン}
  • [S] 高校生らしい人間模様! 若さゆえの欲望の様が面白かったw 大人ではそこまでアツくはなれないけれど、青春してるなぁ… てね☆
    {日影補完計画}
  • [S] 今回、S評価3つ出しましたけど中でもユーフォ突き抜けてたかなぁ、と。2期もぜひお願いしたいところですね。
    {木下クラブlog}
  • [S] 自分は基本鼻持ちならない作風の京アニに対しては厳しいスタンスを取る人だが、さすがにこの作品には脱帽せざるを得ない。絵はもちろん、音のこだわりがもはや変態の域。京アニはやはり無理せず原作あり作品の映像化に徹した方がよいと思うのだ。KAエスマ文庫とかから良い作品出る気しないもの。
    {ダンツァ・マカブラ}
  • [S] 祝、京アニ完全復活。キャラも展開も芝居もアニメらしくなく、これぞリアルリアリティ。本気で作った、本物のドラマ。
    {アニメガネ}
  • [S] 多分、山を登るあたりから化けたと思う。シナリオは平凡でもやっぱり演出がよかったな。終盤の公美子が走るシーンとか。
    {ルルドルフ春眠日記}
  • [S] 萌え日常系が一周して王道な学園モノに戻ってきた、みたいな感じ。日常系で培った丁寧な日常描写で、かつ萌えアニメにありがちなキャラの類型化がないのが新鮮。まあ「俺たた」エンドだけど、十分密度の濃い話だったので満足。ネタ的には百合モノだけど、むしろ熱い友情モノというべきでしょう。だって、カッコいいんだもん。オーケストラの演奏シーンを、しっかり一人一人描き分けてうごかしてたのはさすが。「のだめ」とかバリバリCGでコピーしました、的な絵だったからなあ。
    {ねこまくら}
  • [S] 本当に純粋にクオリティの高さからの評価。「個人」と「集団」が細やかに明暗濃淡を持って描かれるドラマは明確な「正義」など示すことなく、そしてそれが見る者にも多様な感想を産んでいく。他の方々の感想を見ても考えさせられることしきりでした。
    {Wisp-Blog}
  • [S] 毎回言うことは同じなのだけど、テニスにしても自転車にしても登山にしても、辛さや苦しさを含めて、ああ自分もやってみたいと思わせることができた作品は成功していると言える。各キャラの電車に乗ったり降りたりする駅がどうなっているのかが気になりました。特に帰り。
    {第27連合野}
  • [S] 8話「おまつりトライアングル」の熱量には完全にあてられてしまいました。いやぁ響いたねぇ。私的に特別な作品の仲間入りです。おかえり京都アニメーション!
    {かて日記-あにめな生活-}
  • [S]{誤 真夜中日記ミッドナイトモノローグ}
  • [S]{桜詩〜SAKURAUTA〜}
  • [S]{それすらも、おなざりな日々}
  • [S]{ローリング廻し蹴り}
  • [S]{くろくろDictionary}
  • [S]{ほねっこアニメ部屋}
  • [S]{悠遊自適}
  • [S]{@shitanishi}
  • [A] けいおん!よりも圧倒的に楽しめた。気になったのは、メガネ先輩がうざいことくらい (笑) 見ていて緊張感が伝わってくる演奏シーンが見応えあり。この続きが見たいような、見たくないような…
    {しあわせ通信}
  • [A] これは続編に期待ですね。で、ふと思ったんですけれどもこの作品を京都アニメーションが手がけた理由って、JCスタッフが以前に手がけたオーケストラ物の作品の『のだめカンタービレ』を意識してとかじゃないですよね?
    {「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋}
  • [A] さすが京アニって感じの良作でしたけど、京アニだと面白くてあたりまえみたいな風潮で大変ですよね (^^;
    {ゴン太の毎日アニメ日和}
  • [A] だが当事者にはなりたくない
    {三行書付}
  • [A] リアルな部活物だからこそ、部員達の葛藤に引き込まれて楽しめました。進学とは関係ないなら、そもそも部活とは何なのか、も改めて考えさせられた感じ。
    {やっぱり「やまなこ」が大好き!}
  • [A] 今期、一番素直に楽しめた。
    {〜Fantasy Earth Blog〜}
  • [A] 最近大人しかった? 京アニだったが、その底力をまざまざと見せつけられた。これを超える部活もの (吹奏楽もの) アニメを作るのは大変そうだ。
    {乗合自転車の雑記帳}
  • [A] 青春と百合を楽しめる良い作品になりました。音楽作品は沢山あるけど、この作品はちゃんと音楽をやっている感じがして好感持てました。京アニの補正もかかってましたけど、学生達の青春の汗から涙まで臨場感ある素晴らしい作りになっていると思います。まさかの百合展開も好感持てました(笑) 欠点と言えば、若干ペースが早かったことぐらい。2クール使ってじっくりと作って欲しかったというのが本音。
    {キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記}
  • [A] 宙ぶらりんな経験者である主人公、黄前久美子の造形が絶妙で、さまざまな部員がさまざまな思いを抱える吹奏楽部という共同体を映しつつ、自身の演奏へのモチベーションを開花させたクライマックスが鮮やか。三学年のヒエラルキーをドラマに生かしていたという意味でも、大所帯ならではの群像劇としてみごと。
    {flower in my head}
  • [A] 部長と葉月と緑輝以外の女子がほとんど、面倒くさく『性格悪いw』一筋縄ではいかない人ばかりのリアリティっぽい描写だが、これでもギスギス路線にならなかった制作能力は京アニもまだ健在と感じる出来。でも男向けだからあまり円盤は売れなさそうだが。
    {陸前始末剞}
  • [A] 作画もストーリーも総合力が高くてよくまとまっていて、今期ナンバーワン作品です。
    {空色きゃんでぃ}
  • [A]{曳尾塗中}
  • [A]{@edgeworthbox}
  • [B] 基本的にスポコンかな?と思ったけど、実際の処は……そこそこにリアルで、結果はありがちでなかなか良かったのではないかと。人物の演技もあまり大げさではないのも落ち着いていた要因か。作画は流石の一言。これだけでもアニメを観ている醍醐味の内の一つであろう。
    {サトシアキラの湾岸爆走日記 (自転車でね♪)改}
  • [B] 作画も丁寧。吹奏楽の演奏の音もこだわりが伝わってくる。さすがに京アニの描く女の子はみんなかわいい。新任で有能な指導者役が櫻井孝宏だったため、「優しい顔して、きっとドSだな、この人」と最初から予想がついてしまう。
    {Negative Heart}
  • [B] 正統派部活アニメとして上々の出来。ただ1クールの割にはキャラが多すぎて殆ど光が当たらなかったのが残念。もう少し時間をかけて見たかった。
    {本放送アニメ感想記}
  • [B] 続編告知無しの微妙な締め。安定の映像美に音楽と魅力はありましたがどうにも消化不良感は否めないかと。
    {往く先は風に訊け}
  • [B]{星火燎原}
  • [B]{@menti}
  • [C] 悪くはなかったと思いますが、まぁ普通ですよね。始まったばかりの時はどうなるやら、と思っていたから余計に、徐々に青春モノとしていい感じにはなってましたけども。前半が前半なだけに、というところがあるかなぁ、と。ちゃんと話すようになってからの久美子と麗奈の関係はいいなぁ、と思いました。
    {ぐ〜たらにっき}
  • [C]{@kanshin_huaiyin}
  • [F] 対人で悩める青春ものはちょっと…。
    {kei☆の独り言;Blog}
  • [F]{「五月一番亭」超タトイ云}
  • [F]{マンガに恋する女の ゆるゆるライフ}

posted by quasiquail at 00:34 | トラックバック(0) | 作品名 : は行

ページ情報

  • ブログ名 : アニメ調査室(仮)
  • 記事名 : 響け! ユーフォニアム の評価詳細 [P37]
  • アドレス : http://anime-research.seesaa.net/article/423036984.html

はてなブックマーク - 響け! ユーフォニアム の評価詳細 [P37] B! はてなブックマーク | | ページ先頭△


この記事へのトラックバックURL

ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

トラックバックはありません。