監獄学園 プリズンスクール の評価詳細 [P38]

監獄学園 プリズンスクール [基本情報]

  • [作品名] 監獄学園 プリズンスクール
  • [公式] http://prison-anime.com/
  • [制作] J.C.STAFF
  • [監督] 水島努
  • [販売] ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

監獄学園 プリズンスクール の評価

ランキング一覧
獲得ポイント(38)+63(2位/59作品)
視聴者平均(38)+1.7500(2位/56作品)
最終評価平均(38)+2.0294(1位/54作品)
視聴数(38)36(6位/61作品)
評価数(38)34(4位/61作品)
継続率(38)94.44%(12位/55作品)
見切り数(38)2(35位/61作品)
項目内訳[◆:25, ☆:5, o:1]
S+3とても良い12☆☆oo
A+2良い15☆☆☆
B+1まあ良い4oooo
C0普通2oo
D-1やや悪い1o
E-2悪い0.
F-3見切り2oo
x.視聴なし18☆☆☆ooo
z.視聴不可0.

監獄学園 プリズンスクール に対する評価、コメント
引用は各サイト管理者にお問い合わせ下さい

評価 / 投票・コメント
  • [S] 2015年夏、いちばん笑わせてくれた作品。最初はキヨシとガクトが脱獄に失敗したことで仲違いしたけど、徐々に5人の結束力が高まって行くのが良かった…! 中でもとくに好きだったのがガクト。司令塔っぷりを発揮することもあり、壊れることもあり、とんでもない行動に出ることもあったけど、仲間思いですごくカッコいい奴でしたね。生徒会で一番好きだったのは芽衣子さん (副会長)! キヨシたちに翻弄されつつ、副会長にも翻弄されつつ、なんか翻弄されてばかりだった気がするけど良いキャラだった。意外と健気なところもあったりして。副会長を前にしたときの、あの汗の効果音が忘れられない。最後もちゃんと綺麗にまとめてくれましたし、すごく気持ちよく見られました。
    {くろくろDictionary}
  • [S] ぶっとんでた。とにかくぶっとんでました(笑) 女子キャラの肌色率が高いのに、ウハウハなお色気要素よりもギャハハとお笑い要素のほうが勝っており、特に副会長には毎度笑わせて貰いました。これは是非とも続編希望の作品のひとつです。
    {マンガに恋する女の ゆるゆるライフ}
  • [S] もう、面白かったの一言! 副会長が憎めないんだよねぇ! あのキャラ大好き♪
    {日影補完計画}
  • [S] 何気に、今期で一番内容の濃かったアニメでした。全力でバカバカしいことやってるので、ホント見ていて面白かったです。
    {ニコパクブログ7号館}
  • [S] 脚本演出作画演技音楽、万事において万全のハイクオリティ。何をどうすれば面白くなるか、熟知したプロの所業。勝者は勝つべくして勝っている。
    {アニメガネ}
  • [S] 今期で1番最高に面白かった。思わず原作全巻買ってしまった。地上波の限界に挑戦してたわ。
    {ルルドルフ春眠日記}
  • [S] 凡ゆる面で衰える事無く最後までぶっちぎった。2期はいつだろうか…。
    {悠遊自適}
  • [S] OPが癖になる。原作でキリのいいところまでいったら、2期みたいです。
    {あや⌒Y⌒RoGu☆彡}
  • [S]{誤 真夜中日記ミッドナイトモノローグ}
  • [S]{桜詩~SAKURAUTA~}
  • [S]{空 と 夏 の 間 ...}
  • [S]{@shitanishi}
  • [A] 「キヨシドノォオオ!」と、ガクト演じる小西克幸さんの熱演が今も耳に残る強烈さ。愛は見返りを求めるものだが、友情は見返りを求めない! 愛など要らない。やっぱり下さい。
    {かて日記-あにめな生活}
  • [A] くだらない内容なのに無駄に緊張感や周到な伏線があって面白かったw
    {クロ助のなんかよくわかんないブログ}
  • [A] コメディギャグアニメのひとつの到達点をみた観すらある。コントロールが効いているのにドライヴ感で満ちていた。
    {BLOG@NO/ON (避難所)}
  • [A] ニコ生でフリーダムヴァージョンを視聴。キャラクターの個性の強さが活かされた作品。バカバカしくド真面目、キャラの思考と行動が楽しい作品。声優さんの演技が光る作品でもあったと思います。最終回までが一つの区切り。私はイッキ見してしまいましたが毎週見ていたら次回がとても気になっていたでしょう。一応の幕は閉じましたがここからの展開をしっかり見せてきました。今後の展開が気になる作品です。
    {往く先は風に訊け}
  • [A] よくもまあ「脱獄」の一ネタだけで毎回ここまで盛り上げられますな…面白過ぎ(笑) 下ネタの連発ながら、その見せ方が上手いのでとにかく毎回笑わされました。続きも気になります(^^;
    {やっぱり「やまなこ」が大好き!}
  • [A] 果たしてこのバカバカしさは原作の力なのか、そのアニメ化の巧さだったのか…とにかくギャグとして一級品なのは間違いなかった。副会長がエロ担当の筈なんだけど、普段っから露出度過多だからありがたみが無く、むしろ彼女のアホの子加減が目立ってしまうと言う楽しさ。また、全体を通して作画が最高レベルだったのも見逃せない。マツゲをあんなに書き込んで週刊アニメが成立するもんなのかと。
    {サトシアキラの湾岸爆走日記 (自転車でね♪)改}
  • [A] 言うまでも無く水島監督だし。ハズレ無しのお方であるし。序盤はテンポが早すぎてどうなるかと思ったけれど、そんな心配は無用であった。基本は原作に忠実とはいえ、アニメならではの演出はやはり上手いや。キャスト陣もドンピシャであり、特にガクトと花さんが最高過ぎて原作以上に好きになってしまったというw
    {~Fantasy Earth Blog~}
  • [A] 水島努監督作品とあって、描写は強烈になるだろうと予想していたけれど、しばらくお下劣な作品を作っていなかった反動なのか、ひどかった (褒め言葉)。中堅の声優さんたちの配役もハマっていて良し。特にガクト (CV:小西克幸).
    {Negative Heart}
  • [A] 馬鹿だが真面目というかまじめに馬鹿やってる作品で、裏生徒会のエロティックな部分がギャグになるほどコメディーとして優秀なアニメだった。ガクトが一番頑張った割にはあまり報われなかったのが可哀想だが。
    {本放送アニメ感想記}
  • [A] 予定調和の水島枠。もっとも、これに関して言えば、原作がすでに面白いのだが。とはいえ、面白い原作をちゃんと面白いままで映像化できる人はやはり貴重なのである。
    {ダンツァ・マカブラ}
  • [A]{乗合自転車の雑記帳}
  • [A]{ローリング廻し蹴り}
  • [A]{ぬる~くまったりとII}
  • [A]{@kanshin_huaiyin}
  • [A]{@menti}
  • [B] なにかいろいろ汚くておゲレツでしたが話の流れがおもしろくて見てしまいました。
    {kei☆の独り言;Blog}
  • [B] 光やらは当然ながら多かったわけですが、悪くないアニメ化だったんじゃないでしょうか。この辺りは久しぶりだったこともあって懐かしく思いながら笑えたかな、と。
    {ぐ~たらにっき}
  • [B]{星火燎原}
  • [B]{@edgeworthbox}
  • [C] クラス全体が刑務所の中にあるとか厳重な監視下に置かれてる話…かと思ってみたら全然違った! ここまで色々と突き抜けているのは、清々しくていいんじゃないでしょーか。
    {しあわせ通信}
  • [C]{それすらも、おなざりな日々}
  • [D] 下品過ぎる。生徒会役員共のような単純な下ネタは好きだが、個人的に下品が苦手。水島監督だけあって無駄にクオリティーが高いのが辛い。
    {陸前始末剞}
  • [F]{flower in my head}
  • [F]{刹那的虹色世界}
  • [x] 水島努と下ネタの組み合わせなんて面白くならないわけないのに、なんで見落としてしまったんだ…
    {Wisp-Blog}

この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

  • トラックバックはありません。