甲鉄城のカバネリ の評価詳細 [P41]

甲鉄城のカバネリ [基本情報]

  • [作品名] 甲鉄城のカバネリ
  • [公式] http://kabaneri.com/
  • [制作] WIT STUDIO
  • [監督] 荒木哲郎
  • [販売] アニプレックス

甲鉄城のカバネリ の評価

ランキング一覧
獲得ポイント(41)+9(8位/40作品)
視聴者平均(41)+0.2571(11位/40作品)
最終評価平均(41)+0.5625(17位/39作品)
視聴数(41)35(3位/42作品)
評価数(41)32(3位/42作品)
継続率(41)91.43%(4位/40作品)
見切り数(41)3(32位/42作品)
項目内訳[◆:25, ☆:5, o:1]
S+3とても良い0.
A+2良い6☆o
B+1まあ良い12☆☆oo
C0普通8☆ooo
D-1やや悪い6☆o
E-2悪い0.
F-3見切り3ooo
x.視聴なし9☆oooo
z.視聴不可2oo

甲鉄城のカバネリ に対する評価、コメント
引用は各サイト管理者にお問い合わせ下さい

評価 / 投票・コメント
  • [A] 見る予定は無かったですが、無名の人気が気になって視聴。無名は良いですなあ。前半は映画並の盛り上がりが凄かったのに、後半は小ぢんまりした印象。
    {やっぱり「やまなこ」が大好き!}
  • [A] 尺ギリギリのところでまとめた力技のシナリオを評価します。TVの枠に収まりきらない映像の美麗さが贅沢過ぎました。
    {たまてばこ新聞}
  • [A] 序盤は勢いがあったけど最後は無難に落ちたかなぁという印象。映像美、音楽、キャラの良さは高評価。
    {往く先は風に訊け}
  • [A] 毎回が劇場版クオリティの作画だった。このレベルを1クールやり切ったのは感服。ただし最後の展開は少し強引だったかも。
    {乗合自転車の雑記帳}
  • [A]{深・翠蛇の沼}
  • [A]{@menti}
  • [B] EGOISTのOPから凄くテンションの上がるアニメでした。カバネリの生駒と無名を甲鉄城のみんなが受け入れるまでは良かったですが、ただ美馬の登場から違和感が凄かったです。個人的に見たかったのは甲鉄城のみんなで進化するカバネリに対抗する話でした。
    {ネオ・ムーンライト 2ndシーズン}
  • [B] アクション作画と無名さんのかわいさがすべて、他は特になし。
    {アニメガネ}
  • [B] オリエンタルファンタジー+スチームパンク+ゾンビサバイバルという贅沢な詰め合わせ。洋画的な演出が多いように感じられた。第1話を見た時にはカサンドラ・クロスや暴走特急のように列車内で完結する物語と思ったが、実はそうでもなかったのがやや肩透かし。
    {「五月一番亭」超タトイ云}
  • [B] この作品は、美樹本晴彦氏の美しいキャラクター達を見るために視聴してきました。閉鎖された状況で戦い続けるシーンは、緊張感があって面白かったと思います。12歳という若さの無名が、強くて可愛くて、主人公よりも味のあるキャラクターだったと思います。時代背景が良い意味でごちゃ混ぜなので、最初少し混乱しましたが、最後まで目が離せない展開は良かったと思います。
    {キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記}
  • [B] 劇場版クオリティをうたうテレビシリーズはたびたびあるけど、これに関しては第1話から最終話まで作画クオリティは保たれてた。美馬の登場が不評だったけど、個人的にはあれで面白かった。
    {ルルドルフ春眠日記}
  • [B] 申しわけない! 仕事が忙しすぎて、感想を上げる間もなく放送が終了しました (汗) マジで泣きたい。で、なんていうか…その…全体的には良い作品でした。スチームパンクな世界観と回を増すごとに成長し、男気が増してくる主人公。熱に熱を以て、また血を血で以て、割とアツいストーリー展開でしたね。ただ一つ気になった点としては美馬が登場してから話の趣旨が大きく変わった印象も感じました。前半は人間VSカバネリという異形の怪物に果敢に立ち向かっていく人々の姿を中心に描いていていたが、後半は人間VS人間というような、カバネリに対する考えの違いから生まれる争いが全面的に出ているように感じました。結局、何をしたかったんだろうな。…無名が可愛かったから許す!w
    {誤 真夜中日記ミッドナイトモノローグ}
  • [B] 対カバネだった構図がいつのまにか人間同士の争いにすり替わり、途中から視点がズレてしまった。それもひとつのやり方だろうが、単純にカバネと戦う話でもよかったかと思う。
    {Negative Heart}
  • [B] 絵や色使いがほれぼれするほどキレイで動きもなめらか、音楽もとても良かったです。アニメオリジナルということで話しがキチンとまとまっているのが素晴らしい。ただ絵柄 (顔?目?) と主人公 生駒の声に馴染めなかったのが残念。“キャラクターデザイン:美樹本晴彦 (原案) ”ですか、納得!
    {kei☆の独り言;Blog}
  • [B]{それすらも、おなざりな日々}
  • [B]{頼逞byMETHIE}
  • [B]{月下之茶宴}
  • [B]{@edgeworthbox}
  • [C] もっと世界の謎に迫るお話かと思いきや、ビバ様に振り回されてただけだった気がする…。
    {サトシアキラの湾岸爆走日記 (自転車でね♪) 改}
  • [C] 悪くはなかったんだけど微妙だったかなぁ。美馬が出てきてからの展開があまり好きじゃなかった。父親への復讐の後のことは美馬に考えはなかった感じだしねぇ。スッキリしない感じが残ったかな。Youtubeで期間限定のエンディングムービーが公開されていたので見ましたが、妹の形見の石は無名に渡したみたいですね。
    {ぐ~たらにっき}
  • [C] 序盤はよかっただけで、すぐ失速。ラストもうまくまとめられず。でもこのクールではマシな方。
    {陸前始末剞}
  • [C]{~Fantasy Earth Blog~}
  • [C]{ローリング廻し蹴り}
  • [C]{空 と 夏 の 間 ...}
  • [C]{ぬる~くまったりと}
  • [C]{@shitanishi}
  • [D] 「俺はカバネリだ!」のOP寸劇でセンス疑ってたがその通りだった。
    {悠遊自適}
  • [D] ビバ様へ一極集中されるヘイトには同情を禁じ得ない。どうしてこうなった。悪いのはスタッフか製作委員会か…そのどちらでもない!!気がしなくもなくもなくってよ。
    {かて日記-あにめな生活-}
  • [D] まさに竜頭蛇尾。作画は頑張ったのに、構成と演出がアレでは流石に一寸。ディスク販売版では大幅修正で別物になるとか? (希望的観測
    {三行書付}
  • [D] 最初は面白かったのですがトーンダウンしていったのは残念。美馬登場以降はどんどん残念になった。
    {ひえんきゃく}
  • [D]{曳尾塗中}
  • [D]{@kanshin_huaiyin}
  • [F] 1話切り
    {本放送アニメ感想記}
  • [F]{しあわせ通信}
  • [F]{刹那的虹色世界}

この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

  • トラックバックはありません。