機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2nd season の評価詳細 [P44]

カテゴリ : 作品名 : か行

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2nd season [基本情報]

  • [作品名] 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2nd season
  • [公式] http://g-tekketsu.com/
  • [制作] サンライズ
  • [監督] 長井龍雪
  • [販売] バンダイビジュアル

関連 : 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ の評価詳細


機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2nd season の評価

ランキング一覧
獲得ポイント(44)+14(9位/67作品)
視聴者平均(44)+0.5600(14位/64作品)
最終評価平均(44)+0.5600(27位/59作品)
視聴数(44)25(17位/69作品)
評価数(44)25(6位/69作品)
継続率(44)100.00%(1位/63作品)
見切り数(44)0(61位/69作品)
項目内訳[◆:25, ☆:5, o:1]
S+3とても良い2oo
A+2良い5
B+1まあ良い7☆oo
C0普通3ooo
D-1やや悪い7☆oo
E-2悪い1o
F-3見切り0.
x.視聴なし21☆☆☆☆o
z.視聴不可0.

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2nd season に対する評価、コメント
引用は各サイト管理者にお問い合わせ下さい

評価 / 投票・コメント
  • [S] 「1stシーズンで終わっとけば良かったんじゃ…」なんて思いは見始めてすぐに消失。でも見終わった今「それもよかったかも…」なんて思えた、そんな作品。(別の意味で、ね) 話数の関係か、出来事のキッカケから行動に移るまでの過程が省かれているシーンが幾つかあったけど、そこはもう少し丁寧に描いて欲しかったかな。
    {しあわせ通信}
  • [S] 製作者の意図した愚行とそうでない愚行の判別が少しつきづらいところはあるものの、誤りながら上っていく1期から降っていく2期、その果てに見えるものという全体図や、敵味方に他者への無理解があるという構図は非常に意欲的。どういう形であれ、今後も語られてゆくかと思います。
    {Wisp-Blog}
  • [A] 「ガンダム」としてでなく、「SF任侠もの」としてだったら評価できる作品だったと思う。ロボットで戦っているのに、ヒットマンに殺られてばかりではね。最終的に、主人公らの犠牲を経はしたが、人間扱いされてこなかった少年兵たちが人間として生きる未来を与えられたことは救いになった。そして、子種を残したということは、血族に拘る壮大な物語であるガンダム叙事詩の中で、この系統樹の未来を残したということで、そこに思惑があるのやらないのやら。
    {Negative Heart}
  • [A] 最後まで熱い生き様に魅せられましたなあ…散り際も壮絶な大迫力満点!「ここさけ」スタッフらしい、切ない物語をガンダムで見られてなかなか。
    {やっぱり「やまなこ」が大好き!}
  • [A] 任侠ガンダム改めガンダム白虎隊。これまでになかった新しいガンダムを描き切った意欲作ではないかと。俯瞰で見れば鉄華団は時代の徒花でしかなかったが、しかし徒花には徒花の矜持があるとばかりに彼らは最後まで走り続けたわけで、だから、自分は鉄華団の戦いに胸を打たれたし、生き残った団員が平穏な生活を送っているのを見て安堵もした。
    {「五月一番亭」超タトイ云}
  • [A]{edgeworthbox}
  • [A]{@menti}
  • [B] 1期ほどでは無かったが、まあ面白かった。
    {悠遊自適}
  • [B] やりきれなさの残る終わり方でしたけど、モビルスーツの戦い方の荒々しさだったり、必死で生きようとする姿だったりは最後までよかったかなぁ、と。マクギリスに関してはちょっと中途半端な感じがあったかな。でも、最後まで楽しんで見れたと思います。
    {ぐ~たらにっき}
  • [B] 子供は成長しなければいけない、傭兵は死と隣り合わせ、そんな結末だった。ガンダムである必要性はなかったが、予算を増やすためだったのでしょうね。
    {ぬる~くまったりと}
  • [B] 鉄華団の終わり方にかなり批判が多かったけど、個人的にはバッドエンドだったけどあれはあれで良かったように思う。逆にクーデータが成功したほうが後味が良くない。ただ、第2期ですごく気になったのは、主要登場人物の死にかた。いきなり撃たれて死亡って言うのものが多すぎるので、なんか最後のほうとかワンパターンだなと白けた気持ちになってしまう。そこ以外はガンダムシリーズとしては前作よりぜんぜん面白かった。
    {ルルドルフ春眠日記}
  • [B]{!君はなぜこんな所へ?}
  • [B]{乗合自転車の雑記帳}
  • [B]{深・翠蛇の沼}
  • [C] 云われている程酷くはないとおもうが、ラスト数話が酷過ぎ。前半は面白かったからマイナス評価にはしないけど。
    {陸前始末剞}
  • [C]{flower in my head}
  • [C]{つれづれ}
  • [D] 1期の盛り上がり方からするとあまりにも残念な出来。バッドエンドになる事自体はありだが、そこに至るまでの展開があまりにもワンパターンでご都合主義的。マクギリスは単なる世間を騒がせただけの馬鹿になり、ラスタルは最後に勝ち組かつ理解者になったりと悪い方向に予想外な着地だった。
    {本放送アニメ感想記}
  • [D] 一期からの落差が激しい、制作と信者の自己完結物語にさしたる興味もなし。
    {アニメガネ}
  • [D] 期待はずれでした。1期は面白かったのですが、2期はあまり…。特に終盤はガッカリでした。
    {ひえんきゃく}
  • [D] 正直あまり良くなかったと言わざるをえないですね。ある意味リアリティのある弱者である主人公側が潰されて終わりました。1期の時も思いましたが、結局鉄華団側が何をゴールに動いていたのかよく解らず終いでした。映像的にも特筆すべきところもなく、引きつけられる点は少なかったです。
    {往く先は風に訊け}
  • [D]{~Fantasy Earth Blog~}
  • [D]{ローリング廻し蹴り}
  • [D]{刹那的虹色世界}
  • [E] モビルアーマー戦以降から明らかに脚本に無理が生じ、スケジュール管理が失敗したんだなと思った。また暴力を否定したいのであればギャラルホルンの暴力も否定すべきでは?
    {頼逞byMETHIE}

この記事へのトラックバック

  • トラックバックはありません。