かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 の評価詳細 [P52]

カテゴリ : 作品名 : か行

かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 [基本情報]

  • [作品名] かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦
  • [公式] http://kaguya.love/
  • [制作] A-1 Pictures
  • [監督] 畠山守
  • [販売] アニプレックス

かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 の評価

ランキング一覧
獲得ポイント(52)+58(1位/65作品)
視聴者平均(52)+1.7576(1位/60作品)
最終評価平均(52)+2.0645(1位/58作品)
視聴数(52)33(6位/66作品)
評価数(52)31(2位/64作品)
継続率(52)93.94%(12位/58作品)
見切り数(52)2(36位/66作品)
項目内訳[◆:25, ☆:5, o:1]
S+3とても良い12☆☆oo
A+2良い10☆☆
B+1まあ良い8☆ooo
C0普通1o
D-1やや悪い0.
E-2悪い0.
F-3見切り2oo
x.視聴なし13☆☆ooo
z.視聴不可0.

かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 に対する評価、コメント
引用は各サイト管理者にお問い合わせ下さい

評価 / 投票・コメント
  • [S] 個人的に今期一番楽しめました。ちんちんを連呼した回は最高でしたね。ウチの親が爆笑してました (笑)
    {ニコパクブログ7号館}
  • [S] 断トツで面白かった。まさかの鈴木雅之が歌うOP主題歌から始まるラブコメ作品。基本的には「恋愛頭脳戦」という名のギャグがメインであるけれども、真面目なラブコメ要素も描かれており。毎回オチもあるテンポの良さがとても心地よくて。繰り返し見ても飽きずに笑ってしまえるという面白さであった! メインキャラである会長とかぐや様。互いに素直になりきれない故に振り向かせたい=「告らせたい」が楽しすぎます。そんな二人を支える藤原さん筆頭のサブキャラ達も良いキャラしており、キャラ物としても楽しめる作りで制作側の作品愛が感じられたや。放送終了後に原作コミックスの電子版を大人買いしてしまったけれども、是非是非アニメ2期にも期待したいところ。この原作とアニメ制作陣なら外れは絶対にないなと(´ω`)
    {~Fantasy Earth Blog~}
  • [S] 無駄に頭脳バトルを繰り広げてしまう滑稽さが楽しい。鈴木雅之のOP曲にも意表を突かれた。続編あるかも?
    {乗合自転車の雑記帳}
  • [S] 両想いから始まる不器用ラブコメ、素直になれない二人のおかわいいこと。
    {アニメガネ}
  • [S]{桜詩~SAKURAUTA~}
  • [S]{刹那的虹色世界}
  • [S]{@daimonzi_x}
  • [S]{@kaitabha}
  • [S]{@KmtY_}
  • [S]{@menti}
  • [S]{@obicat14}
  • [S]{@system76573}
  • [A] お互い好意はあるのに素直になれない二人のじれったくもおかしい戦い。最終的にどちらが勝利するのかは分かりませんが、どっちにしてもお幸せに、な展開だよね。
    {@logo8804}
  • [A] 原作はコミック 1冊読んで放置してたけアニメ化して改めてみたら面白い。やっぱり声優のパワーはすごい。
    {ルルドルフ春眠日記}
  • [A] 最初全くチェックしてなかったんですけど、DVDのCMでちょっと面白そうだなと思ったところにネットで第3話の特殊EDが流行りだして (現在YouTubeで公式動画が期間限定配信中) 、「何だこれ!? もしかして俺が想像してたような内容と違う?」と俄然気になってニコ動とGYAO!で急いで後追い視聴しました。原作漫画は未読です。まずキャラクターがそれぞれ魅力的だし、かぐやと会長が駆け引きを繰り広げる中、全く気付かずひっかきまわす藤原書記と石上という構図が面白い。セリフ回しも良い。この辺りはおそらく原作の面白さなんでしょう。それプラス、アニメ的演出やプロデュースのセンスが光ります。OPに鈴木雅之って! その発想は無かった! CMに使われてるのがラブコメらしいポップなED曲の方で、それがOPなのかと思ってたらあの濃いOPですからね。やられましたw ついつい口ずさんじゃうクセになるOPですね。そして第3話のなぜか一休さんが混ざってるようなあの謎EDw あと「ん? 東京ラブストーリー?」みたいなBGMとか。
    {ちょっと寄ってって}
  • [A]{!君はなぜこんな所へ?}
  • [A]{つれづれ}
  • [A]{それすらも、おなざりな日々}
  • [A]{@BangEli_1021}
  • [A]{@edgeworthbox}
  • [A]{@harunoto}
  • [A]{@uedake}
  • [B] OPにまさかの鈴木雅之を持ってくるなど奇襲が凄かったです。ただ話は序盤は藤原書記が居なかったら苦しかったり途中登場の石上会計が笑いどころを全部持って行ってしまったりサブキャラがあまりに濃すぎた。
    {月夜に架ける橋}
  • [B] お互いに好きだけど素直になれない二人が、ならば相手に好きと告白させてやろうという謎の競争をするラブコメ。「言うほど頭脳戦か?」と思わないこともなかったがコメディとして面白かった。
    {五月一番亭 超タトイ云}
  • [B] 終わってみれば楽しんだのだが、やはり藤原書記にもっていかれた感強し。3話のEDは伝説級。
    {Negative Heart}
  • [B] 頭脳戦と言いつつ低いレベルで『争いは同じレベルの間でしか発生しない』を体現したかのようなラブコメ、便利に使われている気もするが藤原千花がいいキャラだった。
    {本放送アニメ感想記}
  • [B]{キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記}
  • [B]{陸前始末剞}
  • [B]{ローリング廻し蹴り}
  • [B]{ぬる~くまったりと}
  • [C] 藤原書記が好き。勢いがスゴくて楽しかったけど、ホントにただそれだけだった。視聴後、記憶が飛んでいて内容を全然覚えていないことに愕然としたわ。むしろ、純粋な娯楽作としては、それはそれで正解だったのかも?
    {三行書付}
  • [F]{しあわせ通信}
  • [F]{@miike_bscslive}