面白いから続編、とは限らない (58) '22/6月終了分

カテゴリ : 連載記事

[記事作成日 : 2022/8/20]

シリーズ作品の評価比較、その58。
今回は、2022年 6月終了分。


最近は、シーズン制などと称して、 期間をあけて放送する作品が増えています。
この記事では、シリーズ作品の評価の移り変わりを比較します。


  • 疑問 :

    シリーズもののアニメの評価ってどうなのよ?

  • 結論 :

    シリーズ作品は、前作のファンだけが見つづけるので、 全体的に継続率は上昇するみたい。
    でも、評価が前作を上回るのは、難しいようだね。


...と、ここまで、毎度おなじみのコピペ


今回の対象作品

  1. かぎなど シーズン2
  2. かぐや様は告らせたい ウルトラロマンティック
  3. 境界戦機 第二部
  4. 古見さんは、コミュ症です。(2期)
  5. サスとテナ シーズン2
  6. 邪神ちゃんドロップキックX まめアニメ (北海道編)
  7. デート・ア・ライブIV
  8. Dr.STONE 龍水 (特番)
  9. ビルディバイド #FFFFFF (コードホワイト 2期)
  10. ブラック★★ロックシューター DAWN FALL
  11. 本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第3期
  12. まちカドまぞく 2丁目
  13. 魔法使い黎明期
  14. みにヴぁん ら~じ (ネット配信)
  15. 八十亀ちゃんかんさつにっき 4さつめ
  16. ラブライブ! 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 2期
  17. 理系が恋に落ちたので証明してみた。 r=1-sinθ (ハート)

(並びは、五十音順)


概要

寸評

今回、前作より評価の上がった作品は、7作品でした。
(平均を超えたのは、3作品)

対象作品は、17作品。(前回28作品)

以下、全17作品の内訳。


全て 1点台以上 : 5作品

分類 比較 作品名
A up↑ 古見さんは、コミュ症です。(2期)
A up↑ Dr.STONE 龍水 (特番)
A ↓down かぐや様は告らせたい ウルトラロマンティック
A ↓down 本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第3期
A ↓down まちカドまぞく 2丁目

全て 平均以上 : 1作品

分類 比較 作品名
B ↓down ラブライブ! 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 2期

今回は平均以上 : 1作品

分類 比較 作品名
C up↑ かぎなど シーズン2

今回は平均以下 : 2作品

分類 比較 作品名
D ↓down 邪神ちゃんドロップキックX まめアニメ (北海道編)
D ↓down 八十亀ちゃんかんさつにっき 4さつめ

全て平均以下 : 6作品

分類 比較 作品名
E up↑ デート・ア・ライブIV
E up↑ ビルディバイド #FFFFFF (コードホワイト 2期)
E up↑ ブラック★★ロックシューター DAWN FALL
E up↑ みにヴぁん ら~じ (ネット配信)
E ↓down 魔法使い黎明期
E ↓down 理系が恋に落ちたので証明してみた。 r=1-sinθ (ハート)

全てマイナス : 2作品

分類 比較 作品名
F ↓down 境界戦機 第二部
F ↓down サスとテナ シーズン2

凡例 : 分類

  • [S] : すべて2点台の評価
  • [A] : すべて1点以上の評価
  • [B] : すべて平均以上の評価
  • [C] : 今回は平均以上の評価

  • [D] : 今回は平均以下の評価
  • [E] : すべて平均以下の評価
  • [F] : すべてマイナスの評価

凡例 : 比較

  • up↑ : 評価上昇
  • ↓down : 評価下降

: 上昇/下降は、前作との比較


以下、作品別詳細


シリーズ作品の評価比較

作品名のリンクをクリックすると、 各作品に対する評価とコメントを見られます。

各数値は、2022/8/13時点のものです。
[全作品の評価平均値 : +0.8015 / 継続率 : 82.93%]


[C] [↑up] かぎなど シーズン2

  • かぎなど

    平均評価 : +0.5926

    視聴数 : 31 / 評価数 : 27
    継続率 : 87.10%


  • かぎなど シーズン2

    平均評価 : +0.9565

    視聴数 : 23 / 評価数 : 23
    継続率 : 100.00%


分割の後半は評価が平均以上に。継続率も上昇。


[A] [↓down] かぐや様は告らせたい ウルトラロマンティック

今期は惜しくも 2点に届かず、それでも十分に高い数値。


[F] [↓down] 境界戦機 第二部

  • 境界戦機

    平均評価 : △-0.1111

    視聴数 : 39 / 評価数 : 36
    継続率 : 92.31%


  • 境界戦機 第二部

    平均評価 : △-0.4138

    視聴数 : 32 / 評価数 : 29
    継続率 : 90.63%


分割の後半、評価はさらに下げる。


[A] [↑up] 古見さんは、コミュ症です。(2期)

分割の後半、シリーズを通じて 1点台。


[F] [↓down] サスとテナ シーズン2

評価数が少ないのであまり参考にならないが評価はマイナス。継続率は上昇。


[D] [↓down] 邪神ちゃんドロップキックX まめアニメ (北海道編)

今期はスピンオフのミニアニメ。評価数が少ないのであまり参考にならないが、評価は大きく下げる。


[E] [↑up] デート・ア・ライブIV

評価はシリーズ最高値だが、平均には届かず。


[A] [↑up] Dr.STONE 龍水 (特番)

  • Dr.STONE

    平均評価 : +1.9394

    視聴数 : 35 / 評価数 : 33
    継続率 : 94.29%


  • Dr.STONE 第2期

    平均評価 : +1.7895

    視聴数 : 38 / 評価数 : 38
    継続率 : 100.00%


  • Dr.STONE 龍水 (特番)

    平均評価 : +2.0476

    視聴数 : 21 / 評価数 : 21
    継続率 : 100.00%


今期は 7月特番。評価は 2点台に上昇。


[E] [↑up] ビルディバイド #FFFFFF (コードホワイト 2期)

評価は上がったが平均以下。継続率は上昇。


[E] [↑up] ブラック★★ロックシューター DAWN FALL

前作とは別作品。評価は 2作とも平均以下だがマイナスからプラスに上昇。継続率は低下。


[A] [↓down] 本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第3期

評価は下がったが、全作 1点台。継続率も高い。


[A] [↓down] まちカドまぞく 2丁目

評価は前作と同程度。継続率も高い数値を維持。


[E] [↓down] 魔法使い黎明期

評価は前作よりも下げる。継続率は同程度。


[E] [↑up] みにヴぁん ら~じ (ネット配信)

  • みにヴぁん

    平均評価 : +0.3333

    視聴数 : 3 / 評価数 : 3
    継続率 : 100.00%


  • みにヴぁん ら~じ (ネット配信)

    平均評価 : +0.6667

    視聴数 : 3 / 評価数 : 3
    継続率 : 100.00%


評価数が少ないのであまり参考にならないが、評価は平均以下。


[D] [↓down] 八十亀ちゃんかんさつにっき 4さつめ

評価はやや下げる。継続率は高い。


[B] [↓down] ラブライブ! 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 2期

評価は下がったが、1点台を維持。
「虹ヶ咲~」のみで見ると、[A]ランクだが、ラブライブ シリーズ全体では [B]ランク。


別シリーズ


[E] [↓down] 理系が恋に落ちたので証明してみた。 r=1-sinθ (ハート)

評価は前作と同程度。継続率は上昇。



表の見方

視聴数、評価数について

調査ごとに参加数が異なるため、視聴数、評価数は、 単純比較できません。
ご注意下さい。


  • 作品の並びは、五十音順。
  • 平均評価の数値は、表3:最終評価平均の数値を使用。
    (最後まで見た人の平均評価)
  • 各数値は、2022/8/13現在のもの。
  • リストの記号について
    • 評価上昇 : [↑up]
    • 評価下降 : [↓down]
    • 修正評価 : (☆)
    • 参考値 : (参)
    • マイナス点 : △ -0.0000
    評価の上昇、下降は、直前のシリーズとの比較
  • 全作品の評価平均値 : +0.8015 (好評、不評の目安)

修正評価 : (☆) について

評価平均の前に、(☆)がついている作品は、旧調査の対象作品です。
評価方法が、現在の調査と異なりますが、 比較できるように、数値を修正しています。
そのため、結果発表とは数値が異なります。


参考値 : (参) について

評価平均の前に、(参) がついている作品は、参考値です。
本調査では、評価数が 3未満の作品を参考値としています。

参考値の作品は、シリーズの比較をしていません。
参考値でない場合でも、評価数が少ない作品は、 数値の誤差が大きくなるのでご注意下さい。


関連

過去の記事は、以下の索引からご覧ください。


この記事へのコメント