ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-の評価詳細[R08]

ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- [基本情報]

  • [作品名] ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-
  • [公式] http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/dragonaut/
    http://www.dragonaut.com
  • [制作] gonzo
  • [監督] 小野学
  • [販売] ソニー・ミュージックディストリビューション

ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- の評価

ランキング一覧
獲得ポイント-66(51位/52作品)
視聴者平均-1.5714(41位/50作品)
最終評価平均-0.3913(48位/49作品)
視聴数42(18位/54作品)
評価数23(22位/54作品)
継続率54.76%(38位/51作品)
見切り数19(3位/54作品)
項目内訳[◆:25, ☆:5, o:1]
S+3とても良い0.
A+2良い0.
B+1まあ良い3ooo
C0普通12☆☆oo
D-1やや悪い4oooo
E-2悪い4oooo
F-3見切り19☆☆☆oooo
x0視聴なし33◆☆ooo
z0視聴不可3ooo

ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- に対する評価、コメント
引用は各サイト管理者にお問い合わせ下さい

評価 / 投票・コメント
  • [B] 正規の特務部隊としての第1クールと、反逆者残党としての第2クールとゆー展開は結構好きだ。
    つーかアキラたん萌え。
    {ブリッジ歩行はもうできない}
  • [B] 面白くはないけど楽しめた作品。
    もしくはキャラが勿体ないアニメ。
    脚本家云々は詳しく知らないけど、後半もマトモとも面白いとも言いがたい超展開だった気がしますよ?
    魔乳にロリに人外に百合にアーッ!にヤンデレにNTR(とは違うけどなんかそんな感じ)…と色々盛り沢山だったので、キャラさえ良ければストーリーはどうでも良いという人が居たら超オススメ。
    {矢鱈長文阿呆全開ブログ -Smaragd-}
  • [B]{SnowMousse}
  • [C] ひたすら超展開で別の意味で楽しめたが、客観的にはこの評価が妥当かと。
    {"モンド of the World"(旧名:何て不敵にオタLIFE)}
  • [C] 企画・設定・作画は良かった。
    第一話は期待せざるを得なかった。
    なのに何故こうなってしまったんだろう。
    GONZOは何故こうなんだろう…。
    {.rest//星火燎原}
  • [C] 設定と企画はいいのに、どうしてGONZOオリジナルはいつもこうなっちゃうのだろう。
    なにをやりたいのかは伝わってきたし、ドラゴンがレゾナンスした人間の願望の姿になるという設定も魅力的だったのに、話のほうはジンとトアの追いかけっこで世界を振り回しただけ。
    作画は向上したけど、ストーリー構成と脚本でぐちゃぐちゃになるのはガラスの艦隊の頃から進歩がない。
    企画だけGONZOがやるか、企画をほかに任せて製作に集中すると面白い話は多いんだけどなあ。
    ただ、GONZOのオリジナル作品を作ろうという姿勢は嫌いじゃない。
    だからこそ、何度裏切られてもGONZOと言われるとちょっと気になるんだよなあ。
    {みまつや@生きてるぶろぐ}
  • [C] 途中までは弾けたGONZO力が炸裂していたように見えたが、最後に綺麗に纏めようとして小さくなった。
    もっと予想の斜め上を行ってくれても良かったのに。
    …綺麗に纏めて残念がられるのも何だかなぁと言う気はする。
    うん。
    {サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改}
  • [C] ドラゴンゾ。
    時代劇かといわんばかりのお決まりの展開、飽きはしなかったが構成に無駄が多すぎると感じた。
    {}
  • [C] 宇宙から来た未知なる生命体との邂逅とコミュニケーションの構築、というオイシイテーマを選んでおきながら、結局無難に着地してしまったしょんぼりアニメ。
    素材は良かったのに調理が平凡、というネタにも昇華できず褒めるにも足らずという最悪な結果に落ちついてしまったのが寂しい限り。
    せめて前川脚本が最後まで続いていれば…。
    まあそれでも、テーマ的に好きな方向性であったため、それなりの楽しみ方はできたかな。
    ブルマとか凶器のようなおっぱいとか絶対領域とかエロス要員はいましたが、えろくしようという気概は見られず。
    シチュエーションとフェチ魂を大切に。
    {あにたむ亭}
  • [C]{Adequate Distance}
  • [C]{奇想館}
  • [C]{地方在住オタの徒然記(仮)}
  • [C]{∀ddict}
  • [C]{お疲れモードmk2}
  • [C]{月下之茶宴}
  • [D] ここの制作は、もう脚本をどこかに頼みましょう(笑)
    どっちもネタとして笑うぶんにはいいですけど。
    予算とか少ないので、それに応じたてきとーな脚本にしたのか。
    本気で作ってたら、もうどうしょうかって作品でした(^^;
    21世紀に残る3大駄作の二つにノミネート(爆)
    {SeRa@らくblog}
  • [D] この素材でどう考えたらシリーズ構成が更迭される内容が出来るのか理解に苦しみます。
    {頼逞byMETHIE}
  • [D] ぶっちゃけて記すと全編通して微妙、でした。
    見所はジークリンデとアマデウス、ギオの主夫っぷり、カズキの豹変くらいしかありませんでした。
    声優は無駄に豪華だっただけに非常に勿体無い。
    {じゃがの日記}
  • [D]{Selidian}
  • [E] キャラの扱いがあまりにもあまり。
    一貫性が無いし、ストーリーに無理矢理合わせ過ぎでしょう。
    しかも、存在そのものも結局定位しきれたとは言い難い。
    結論は「愛は地球を救う」という救いようの無いものなんだけど、なんでそういう結論になるのかも伝わってこない。
    全体のレベルが低くて暴走気味でした。
    最初はちょっと期待していただけにがっかりです。
    {Kazu'Sの戯言Blog(新館)}
  • [E] なぜ、私はこれを最後まで見たんだろう?
    自分でも謎だ。
    {とりのしとの不定期雑記帳}
  • [E] 完全なネタ&おっぱいアニメです。
    うーん、おっぱい。
    キャラは多いけど使えるヤツは皆無で、へっぽこISDAがダメすぎる。
    毎回、何故かアバンは何年前仕様だし、前半は脱走&捕獲ばっかでお腹いっぱい。
    火星にいたのも謎だが、王子&ガーネットは何だったんだ? 後半は急に一年後で雑兵に追われたり、タナトス接近による世界の危機で協力したり、消化不良のぐずぐず展開。
    死んだことすら忘れられてるスパイのナナミとか、カズキの小者っぷりに全米が泣いた。
    {ローリング廻し蹴り}
  • [E]{れぶろ}
  • [F] 「てきとー」が過ぎました。
    半分までで脱落。
    {読一のオタク生活25年+}
  • [F] ジークリンデの為だけに一時期流し見してた程度。
    {アニ☆しね}
  • [F] 頭が痛くなりそうなので視聴中止。
    {よう来なさった!}
  • [F]{ふみっつブログ}
  • [F]{almostblue.org}
  • [F]{月の魔法}
  • [F]{木下クラブlog}
  • [F]{権兵衛種蒔きゃ烏がほじくる}
  • [F]{BLA伝説}
  • [F]{The 23rd Legion Daily Report/第23軍日常報告}
  • [F]{可鈴ちゃんの『全力』絶望日記}
  • [F]{∈(・ω・)∋日記}
  • [F]{ルルドルフ春眠日記}
  • [F]{流し斬りが完全に入ったのに}
  • [F]{Orange Parfait}
  • [F]{ZIPPER}
  • [F]{流蒼のページ}
  • [F]{本放送アニメ感想記}
  • [F]{ぶろーくん・こんぱす}